カテゴリ: 駅弁

スポンサードリンク
今週末は近所のスーパーで北海道フェアらしきものをやっていて、そこで海鮮の駅弁が割引で売られていたので衝動買い。

見た目はいかにも催事系の弁当っぽいですが、一応ジャパンフードシステムという会社が作っている駅弁のようですね。つーか、本社が東京で中身の海鮮素材も地元北海道産はほとんど無いでしょうから、駅弁とは名ばかりのコンビニ弁当という感じですが(笑)。

弁当は、酢飯の上にイクラ、数の子、カニほぐし身、蒸しウニ、錦糸卵、漬物、塩昆布となかなか盛りだくさん。イクラがプラパッケージの上に載せられて、フレッシュさが保たれているのが嬉しいですね。
数の子にあまりつぶつぶ感が感じられなかったのは残念ですが、これで定価980円ならまずまず頑張っている内容ではないでしょうか。ご馳走さん!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週の金曜日、グルコバ仲間のえて吉さんishさんと広島方面に旅行に行かれ、その時に「うえののあなごめしを買いに行きますが、ついでにいかがですか?」とお誘いのメールを受けたので、もちろん二つ返事で快諾。
以前にも、えて吉さんに買ってきていただいた事があったのですが、その噂に違わぬおいしさにいたく感激した覚えがあるんですよね~。

値段は1470円と決して安くないですが、下村焼きあなごの値段を考えたらはるかにコストパフォーマンスがいいですね。
前回は冷たいまま食べましたが、今回は冷たい食事が体に合わない嫁さんと分けたので、日本酒を軽くふりかけてから電子レンジで温めて食べました。
相変わらず穴子の旨みだけが抽出された味で、もちろん経木についたご飯も一粒残らず箸でほじって食べましたよ。
えて吉さんいつもありがとう、どうもご馳走様~!


関連ランキング:丼もの(その他) | 宮島口駅、広電宮島口駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週、仕事から帰ってくると晩御飯としてこの駅弁が待ってました。

これは千葉駅万葉軒の駅弁で、佐原水郷のブランド鶏の鶏そぼろご飯の上に鶏の照り焼きが載っており、そこにいわゆる「食べるラー油」をかけて食べるもののようです。
だいたいにおいて駅弁での鶏めしはまず外れが無い定番なのですが、鶏そぼろとご飯がやや淡白ではありますが、ラー油をかけた佐原赤鶏の照り焼きが良いアクセントになっていて、最後までおいしくいただけました。
ただ付け合せが、がんもどきを煮たものと、こんにゃくとさつまいもの茎の佃煮、梨ゼリーという品揃えでちょっと味の気分転換になりにくかったので、そこがもう一つ工夫されていればもっと良かったですね。
でも、総体的にはなかなか良い弁当でした。ご馳走様!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
守口の京阪百貨店で開催中の、「諸国じまん駅弁とうまいもの大会」で購入した2つ目の駅弁は、秋田・竿燈祭弁当です。

3段の入れ物には、それぞれ厚焼き玉子や野菜の煮物、いぶりがっこが入ったもの、ハタハタの酢漬けが載った酢飯、鶏肉のそぼろと舞茸が載った茶飯と盛りだくさん♪
入れ物自体はそれほど大きくないので、3段と言ってもボリューム的には平均レベルですが、味に派手さは無いもののそれぞれが実直に作ってあって素朴においしいです。
中でもいぶりがっこと茶飯が良くて、これらだけでもっとワシワシ食べてみたかったです。どうもごちそうさま!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週から、守口の京阪百貨店で「諸国じまん駅弁とうまいもの大会」が始まりましたので、早速駅弁を買いに行って来ました。
京阪百貨店の駅弁大会は、阪神に比べるとさすがに規模はずっと小さいのですが、阪神ほど混まないので落ち着いて買い物が出来るのがいいんですよね。
蕎麦の達磨や矢場とん、比内地鶏親子丼といった魅力的なイートインもあるのですが、初志貫徹で買って帰った駅弁を昼飯にしました。

この「島根牛 みそ玉丼」は、京王の駅弁大会でも人気トップクラスの駅弁で、京阪でも土日にしか入荷しない品だということで楽しみにしておりました。
味噌焼きという事で、もっとこってりした濃い味付けを想像していたのですが、意外とあっさりしていて通常のすき焼き風の味付けよりも薄味なのではないでしょうか。
半熟のトロトロ玉子と漬物を分けてチンして食べたのですが、それでも肉はしっとりと柔らかさを保っていておいしかったです。
具にはしらたきも混ざっていますが、それでも肉の量が十分あって、さすがに評判になっているだけの事はあるなと思いましたね~。どうもごちそうさま!
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ