カテゴリ: うどん・そば

スポンサードリンク
この日は次女のチアダンス発表会が大東市のサーティホールであり、本番は午後からなのですが午前中にリハーサルがあるので朝から送り仕事。

次女は皆と弁当でお昼ごはんですが、親は本番まで特に何もないので住道駅前をぶらぶら。朝食を食べてなくて空腹が限界だったので、10時から飲食店が空いているポップタウンで食べることにしました。

11時まで待ってラーメン荘おもしろい方へに行きたい気持ちもあったのですが、さすがに発表会でニンニク臭プンプンはど顰蹙ですからねえ・・・(笑)

たまたま、ラーメンチェーンのスガキヤが半額セールをやってたのでそこにしようかと思ったのですが、セール中は普通のラーメンとサイドメニューのみの提供で、どうせならジャージャー麺を食べたかったのでパス。隣のうどん屋「宿六」で久々にお昼をいただく事にしました。

IMG_2611

選んだメニューは、お腹ペコペコだったのでカツ丼。カツはちと小さめでしたが、卵と出汁がたっぷりのどんぶりをワシワシ行かせてもらって堪能しました。どうもご馳走様!



関連ランキング:うどん | 住道駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
土曜日に阪神百貨店梅田本店で行われていた、四国物産展で買ってきた日の出うどんの生麺を使い、「武蔵野うどん」で良く食べられているとされる肉汁うどん仕立てにしてみました。

肉汁うどんとは、醤油ベースの甘辛出汁に豚肉とネギを入れたつけ汁でうどんを食べるもので、まあうどんのつけ麺版みたいなものですね。

IMG_2649

豚肉とネギだけだとあまり味がうどんに絡みそうになかったので、株なめこを加えて汁にとろみを付けてみました。あと、大葉が余っていたので彩りも兼ねて添えてみましたが、さっぱりしたアクセントになって良かったですよ。

そして日の出うどんは今回もしっかり伸びのある剛麺で絶品。しかし以前に現地で食べたフニャフニャの麺はいったい何だったんだと思うことしきり・・・

では作り方を書いておきます。

武蔵野風肉汁うどん


●材料(4人前)

豚肉薄切り 200g
うどん 4玉
白ネギ 1/2本
株なめこ 半株
大葉 4枚(無くても可)
濃縮麺つゆ(3倍) 150cc
水 400cc
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ2
日本酒 大さじ2
塩 少々
しょうが絞り汁 小さじ1
ごま油 大さじ2

●作り方

  • 豚肉は一口大に、ネギは斜めそぎ切りにしておきます。

  • 鍋に分量のごま油を入れ、白ネギを香りが出るまで焼き付けます。

  • 水と麺つゆを加え、塩以外の調味料を全て加えます。

  • 煮立ったら豚肉を入れ、アクが出たら取り除きます。

  • 麺つゆの種類によって味が変わるので塩で塩気を調節してください。

  • なめこを入れて火が通ったらつけ汁は出来上がり。

  • うどんは茹ででから水で締め、熱いつけ汁に浸していただきます。

  • お好みで大葉を刻んだものを添えてどうぞ。



今回は子供が食べやすいように白ネギを柔らかく煮込みましたが、シャキシャキ感を楽しむなら最後に焼いて加えても良いと思います。







スポンサードリンク

スポンサードリンク
月末という事で倹約モードの昼飯は、つるまる高麗橋店。

いつものようにかけうどんを頼んで、サイドメニューはおにぎりにするかと思ってレジ横をふと見ると、とりめしなるメニューを新しく(?)見つけました。

IMG_2100

で、早速いただいてみると、全体的に薄味が多い関西の「かやくご飯」と比べると結構あまから味がはっきりしており、好き嫌いは別れるでしょうが個人的には旨みのバランスが取れているので嫌いじゃないですね。

それに値段が小サイズで100円と安いのが嬉しいです。うどんも屋号が丸天屋から変わった一時期は冷凍麺特有のタピオカ臭さが目立ってましたが、その時に比べると小麦粉っぽさは増しており、ダシも不自然な旨みが減ったように思います。

これなら、またローテーションに入れても良いかもしれませんね。ご馳走様~。

関連ランキング:うどん | 北浜駅天満橋駅なにわ橋駅

スポンサードリンク

スポンサードリンク
こちらはオープンした直後から、うどんが美味しいとの評判が早くも立ったお店で、次回香川に行く事があれば訪れてみたいなと思っておりました。
今回の旅は阿讃亭の天然うなぎが目的だったものの、やはりこのメンバーで香川に来てうどんを無視して帰るという事はあり得ず、暑い日だったので「ひやかけ」が食べたいな~というコンセンサスが自然に固まり、定評のあるこちらが選ばれました。ラッキー♪

ishさんがおっしゃるには、軟体麺でつとに有名だった飯山なかむらが今では別物のうどんになってしまったという話で、一福はその往年のなかむらを彷彿とさせる麺だと聞こえていたのでそちらも楽しみでした。

店は1時を過ぎているというのにまだ行列が出来ており、中では若い店主さんが「なんかヤッてんのか?」と言うぐらいのハイテンションで、踊るようにうどんを湯がいては洗っておられます。

蒸し暑い中いただいた「ひやかけ」の小(200円)は、見た目はなかむら風の細身の姿ではありますが、意外とエッジが立っていて伸びも普通で、なかむらとはちょっと方向性が違う感じでしたね・・・
ダシも色味こそ薄いものの、なかむらの純イリコとは違ってカツオが効いたダシで、美味しい事は美味しいけどなかむらを期待して行ったので少し肩透かしではありました。

ただ、こちらで生麺を買って後日家で食べたところ、びよ~んとした軟体麺らしい感触を味わえたので、この時はたまた麺ロットのブレが大きかったんでしょうね。奥の作業場を見ると女性の方がうどんを伸ばしておられましたし、これだけ回転が早い店だとどうしても分業は必要ですからね。
一度、忙しくない日に店主さんが打った麺で真価を味わってみたいお店です・・・ってそんな時間帯は全く無さそうだけど(笑)。
うどん 一福

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:うどん | 端岡駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
梅田阪神百貨店で開催中の、四国の物産展「阪神の四国味めぐり」で買ってきた日の出製麺所の生うどんを早速晩御飯でいただきました。
せっかくの良いうどんなので、即席つゆは使わずに昆布と煮干、厚切り鰹節で出汁を引いてぶっかけ出汁を作りましたよ。
具は、冷蔵庫に新玉ねぎとニラが余っていたので、ニンジンと合わせてかき揚げを作ってオンザうどん。

うどんは15分茹でて氷水で締めたのですが、出来上がりは半透明の色合いでビシバシの剛麺に仕上がり、カリカリの揚げたてかき揚げのコントラストに歯と胃袋がビックリするぐらいでした(笑)。
子供には堅すぎるかもなと思いましたが、2人とも結構喜んで食べていて、やはり美味しいものは普遍的な価値を持つんだなと再認識。
いや、大満足の晩御飯でした~! 日の出の生うどんは通販でも買えるようなので、皆さんも是非!
厳選された素材のみを使用した純生仕立。 賞味期限が長いのでギフトにもお勧めです。【讃岐うど...

厳選された素材のみを使用した純生仕立。 賞味期限が長いのでギフトにもお勧めです。【讃岐うど...
価格:2,100円(税込、送料別)


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ