カテゴリ: うどん・そば

スポンサードリンク
伊勢志摩旅行で、これも毎年恒例なのが朝日屋さんでの買い物。
松阪肉と言えばまず第一に名前があがる老舗精肉店で、毎年松阪牛のコンテストである「松阪肉牛共進会」でのチャンピオンを競り落とし続けている事でも有名です。
ガラスケースに鎮座ましましたサーロイン様やヒレ様にはさすがに手が出ませんが、そういった品の切り落とし部分が、牛丼用として300gで980円という格安で売られているのです。これを自分用の土産に買って、その場のおやつとして松阪牛を使ったミンチカツとコロッケ(これらもソースがいらない濃厚な味で絶品!)を楽しむのが定番です。

これをすき焼き風にコトコトと甘辛く煮込んで・・・

先日、近鉄百貨店阿倍野店でやっていた四国物産展に、あの日の出製麺所が来て製麺の実演販売を行なっていたので、それを湯がいて水で締め、ぶっかけだしと牛すき煮を載せていただきました。

冷たい水でキリッと引き締まり、エッジが立った美しいうどんに、牛肉の臭みや筋の硬さが一切無く、旨味だけを昇華しきったような松阪肉の至高のコラボレーション!! 店で出したらおそらく1000円は取らないといけないであろう、世界一贅沢な肉ぶっかけです!
あまりの旨さにゆっくり味わう暇も無くかっこんでしまい、当然のように一瞬で家族の胃袋の中に消えてしまいましたとさ・・・ああもったいない(笑)。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
と言っても、「千とせ」で食べたのではありません。
週末、スパイスの在庫を調べていたら、スリランカ料理で使うための煮干しとカツオの厚削りが余っていたので、インディアメーラーに行っている間に昆布と煮干を水に着けておき、何かダシを使った料理を作る事にしました。
で、子供たちにはうどんにするとしても、どうも酒を飲む夜にうどんを食べるのは気が進まなかったので、ふと思いついて肉吸いを作ってみることにしました。

そして肉吸いのお供といえば卵かけご飯。卵2個はちょっとコレステロール過多なので、肉吸いには卵を入れず、豆腐入りにしてみました。
肉は国産牛の細切れを使いましたが、ちょうど千とせで食べたものも肉はこんな感じでしたね。
味については、出汁の材料や肉を贅沢に使った事もあってかはっきり言って本家よりも美味かったです(笑)。当然、子供にも好評でしたよ。
自分で作ると、豚汁なんかよりも手間がかかって思ったほど安く作れないのが難点ですが、自作の定番にしてもいいかなと思いました。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日はとても寒い雨が降る憂鬱な昼休み。
なので、当然あちこちウロウロ歩く気分になるはずは無くて、近所のつるまる饂飩でややワンコインオーバーの昼食。

天ぷらをかき揚げじゃなくて、玉ねぎやちくわ天にすればワンコインに収まるんでしょうが、そこまでストイックに考えてないので・・・(笑)
ここのようなタピオカ添加の冷凍うどんだったら、まだかえって腰の無い茹で置きうどんの方を選ぶ人なんですが、ここのかき揚げは根菜がたっぷりでシャキシャキしていて結構好きなんですよ。
こうまで寒いとうどんの人気が高くなるようで、この日は立ち食いなのにスペースの空き待ちが出るぐらいの盛況でしたよ。ご馳走さん。


関連ランキング:うどん | 北浜駅、天満橋駅、なにわ橋駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日のワンコインランチは、阪急そば本町店。
天ぷらやきつね、月見などの300円のうどんに、かやくご飯がついたセットが500円になっています。ちなみに、おにぎり2個がついたセットの方は520円とわずかに予算オーバー。
まあ、別に何が何でもワンコインでないとダメという縛りをするつもりは無いんですが(笑)、何となくかやくご飯な気分だったのでこちらで。
そして麺の方はきつねそば、つまり大阪で言うところの「たぬき」にしました。

阪急そばは、言わずと知れた関西私鉄初の駅そば屋で、昭和42年に十三駅の宝塚線ホームに出来たのがルーツです。
当然、私も何度となく十三の店にはお世話になったのですが、昔は入り口を入ったところに食券を売るおばちゃんがいて、そこで券をもらってからカウンターまで持っていくシステムだったのを思い出します。
その頃の思い出からすると、今では雰囲気もシステムもすっかりチェーン店らしくなってしまったのがちょっと寂しいですよね。
味は、昔も今も京橋あたりの駅そばに比べると少し上品でバランスが良く、お揚げや天ぷらのエビの大きさもやや大きめで、そういうところがいかにも阪急らしいブルジョワカラーで面白いですよね。どうもご馳走様。


関連ランキング:そば(蕎麦) | 本町駅、堺筋本町駅、淀屋橋駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
昨年は、日本にとっても世界にとっても厳しい年でした。個人的にも、仕事の人事異動などがあって後半は特にアタフタさせられる1年でした。
今年はさらに仕事が大変になりそうですが、皆さんにとっては素晴らしい年になる事を願います。
と言う訳で、まずは年越しの飲み食いを~。
30日は、恒例の鶴橋買い出し。正月用の蒸し豚や鰹節などを買い込みながら、鶴橋魚市場をウロウロ。
本当は鯖寿司を作ろうかと思っていたのですが、大晦日に嫁さんがイベントへ出かけるのと、次女がしめ鯖を食べないので、マグロの寿司にしようと思ってマグロ問屋「豊崎」さんのお薦めでスペイン産の蓄養本マグロを購入。

結局その日にちらし寿司に載せて食べてしまったんですが、これが滅茶苦茶美味かった! サクを切る時に触った手に、いつまでも香りが残るほど味が濃く、脂の乗りも中トロかと思えるほどに素晴らしく、文字通り舌の上でとろけました・・・家族にも当然大好評で一瞬にして消えちゃいましたよ(笑)。
寿司ネタサイズで15枚ぐらい取れて1200円でしたから、このレベルのマグロを普通の寿司屋で食べたら2貫で800円ぐらいは取られるんでしょうねえ。
で、大晦日は市場で買った真昆布と鰹節を使って、年越しそば兼雑煮用に大量のダシ作り。
年越しそばのダシには煮干しも加え、3個128円の天ぷら(笑)と揚げ茄子を添え、ご飯物は蒸し豚を炙って甘辛いタレをかけたものにしました。

ちゃんとした海老天にすれば見た目はもっとマシになったんでしょうが、立派な天ぷらを麺類に入れて食べるのはあまり好みじゃないんですよね。かえって、こういうほとんど天カスのような物の方が、麺の邪魔にならなくていいんですよ。
でもダシは良い材料をふんだんに使ったおかげで出来は完璧でした。かえって、スーパーで売っているストレートのうどんだしよりもコストがかかってるんじゃないかと思うぐらい(笑)。そう考えると、ちゃんとした関西うどんの店が高いのも納得せざるを得ないですよねえ。
そしてさっき食べた白味噌雑煮。味噌は京阪百貨店で買った石野味噌を使いました。味噌だけは、市場などで買うと量が多すぎるので、雑煮かどて焼きぐらいにしか使わない我が家では、百貨店にある小さなパックで十分なのです。

ダシも良し、味噌も良しという事で出来は言うまでもありませんね♪
では、これから実家と一緒にフグを食べに行ってきま~す。
《石野味噌》石野の白みそ【500g】

《石野味噌》石野の白みそ【500g】
価格:525円(税込、送料別)


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ