カテゴリ: ラーメン

スポンサードリンク
今日は正月料理の買い出しに天満市場までチャリをコギコギ。そのついでに、阪急百貨店で開催されている「47都道府県ふるさと味自慢」という催事に出ていた、千葉の松戸にあるつけ麺の有名店「とみ田」へ行ってきました。

まあ、こういう催事で出て来る品はその場でスープを炊いている可能性は低く、おそらくパウチを温めて提供しているのではないかと思いますが、それでも通販品をクール便で取り寄せるよりは安いですからね。

IMG_3778

麺は全粒粉を使用したモチモチした多加水太麺、つけダレは濃厚豚骨魚介に海苔、白ネギ、ナルト、バラチャーシュー、メンマ、ゆず皮という構成。

まさにつけ麺のスタンダードである豚骨魚介太麺の全ての要素を高いレベルに揃えている品ですね~。

ただ、関西人的には魚粉の量が多くてタレにエグ味が出ている事と、ゆずの香りがいまいち乏しかった点がちと残念。オペレーションの面で仕方なかったのでしょうが、スープ割りも温かったです。

もし機会があれば是非とも現地で一度食べてその真価を計ってみたいですねえ。どうもごちそうさま!

 

とみ田つけ麺 / 松戸駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5
スポンサードリンク

スポンサードリンク
マッチョに始まり、のスた、激流、ガテン、そして梅田から移転した影郎と、大阪市内の二郎系ラーメンは何故かほぼミナミに集中してしまっています。

そんな中、キタエリアで唯一頑張っておられるのが「ぎんじろう」。あまりラーメンファンからは注目されていませんが、豚の量やスープのコクなど、関西では上位に位置出来る実力店だと思っています。

ただ、唯一残念な部分だったのが豚の甘さ。スープにも甘みがある上に甘くてデカい豚と来た日には食べ切るのがキツかったというのが正直なところです。

IMG_3730

で、久々に訪れてみたところ、やはり他の客からも指摘があったのか豚の甘さがかなり解消されていました!

ただ、単に甘さが抜けただけで豚の味付けは相対的に薄くなり、さらにスープの塩分もダウンして結構ボケた味になってしまってました・・・

まあ卓上にラーメンダレが置いてあるので後から注いでバランスを取りましたが、やっぱり二郎系を念頭に置いて来る客が少ないんでしょうね。

大阪では東京のような客回転を維持できないので徐々に豚の量を減らしてしまう店が多い中、この豚の大きさを保っている姿勢は貴重なので何とか頑張って欲しいところですが・・・どうもごちそうさま!



関連ランキング:ラーメン | 中崎町駅天神橋筋六丁目駅天満駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先日、本サイトに情報をアップした中崎町にある二郎系ラーメンの「ぎんじろう」。

この日は近くの別の店に行く予定だったのですが、日替わりメニューがどうもいまいちそそらなかったので、こちらに再訪する事になりました。

注文はラーメンの小盛。買ってから気づきましたが、券売機を見るとつけ麺が準備中から完全に消えちゃってましたね・・・残念。

IMG_3493

相変わらず豚の量は圧巻。厚さ2cmはありそうなバラ肉巻きチャーシューが2個鎮座してます。

近大前の暴豚製麺所が閉店してしまったので、大阪ではこちらの豚がダントツで多いですな。ラーメン荘グループのように、年々豚の量が減少する事が無いように願いたいですが(笑)。

豚の甘さも相変わらずですが、スープは以前のような甘さとオイリーさが緩和されて若干食べやすくなったように思います。これだけ豚が多いとスープまでこってり過ぎるとキツイですからね。

もう一つ中毒性を起こす何かの要素があればと思いますが、やはりトータルでレベルの高い二郎系だと思いますね。どうもご馳走様!

関連ランキング:ラーメン | 中崎町駅天神橋筋六丁目駅天満駅

スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は、寝屋川市駅前のイズミヤでやっているガス展に行くためにチャリでお出かけ。

10年ほど昔、一時期萱島のあたりに住んでいた事があって、その時は買い物をしに寝屋川市駅まで週末は良く行ってました。

その時にいつも通りがかっていたのがこのラーメン店。当時は夜しかやってなかったのかは分かりませんが、昼に前を通っていても開いていない事ばかりで、見かけもボロくて何が何でも行ってみようという気にはならず、結局行かずじまいなままで別の場所に引っ越してしまいました。

でも今は黒を貴重にしたモダンな店構えにガラリと変わり、食べログを見てもランチタイムに営業している様子だったので、ようやく初訪問となった次第。

中はテーブルとカウンターがあって意外と広く、近所の勤め人で結構賑わっています。で、私の注文はランチタイムサービスであるラーメンとチャーハンのセット890円。

hisami

ここはとにかくラーメンのスープが独特で、茶褐色で背脂が浮いたスープにはかなり強めのトロミとほんのりした甘さと酸味がある独特のもので、どこか寝屋川の一作を思い出すような荒々しさを感じます。

麺は中太のストレート麺でこれといった個性は無し。メンマはかなり甘めですが、バラ肉のチャーシューはトロトロと柔らかいです。

hisami2

チャーハンはそのチャーシューがかなりたっぷり入っていて、パラッと炒められてなかなか美味しいです。

とにかくスープの個性がはっきりしているので好みは分かれそうですね。自分的にはこれでもう少し全体的に値段が安いと嬉しいのですが。どうもごちそうさま!

ひさみラーメンラーメン / 萱島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この3連休は、本当ならば梅田阪急百貨店で行われていた英国展で、フィッシュアンドチップスとビールをいただく予定でした。

しかし梅田の会場に行ってみると、フィッシュアンドチップスの店には70人ぐらいの行列が出来ていて、自分1人ならともかく子供も連れていたのであえなく断念。アテも無いのにビールやスコッチという気分にもならず、新梅田食道街の潮屋でうどんを食べて帰りました・・・(;_;)

次の日に朝イチで行くという案もあったのですが、そこまでしてフィッシュアンドチップスを食べたいというほどでも無かったので、気分を変えてあべの近鉄百貨店で行われていた大北海道展へ行くことにしました。

目当ては、茶屋で提供されている「えびそば一幻」。一度スーパーに売ってる袋麺を食べたことがあったのですが、本物も試しておきたかったのです。

時間は昼をやや過ぎた頃だったので5人程度の軽い並び。これなら子供が一緒でも大丈夫です。そしてえびそばには塩と味噌があったので味噌を選択。

IMG_3456

店にはかなり強いエビの臭いが漂ってましたが、スープ本体はそれほどエビ色が強くなくてバランスが取れています。かえって袋麺のほうがエビのエグみがあったような気がします。上に乗っているエビ風味の天カスのほうがスープよりエビ感を感じますね。

麺はシコシコとしたストレートの極太ですが、このスープには中太で縮れているほうが良い気がしますね。麺のボリュームもちょっと少なめ。チャーシューは柔らかく、味玉もトロトロで美味しいです。

まずまず美味しい一杯だと思いますが、864円という値段からするとちと物足りないですかね~。本店なら780円みたいなので、それならCP的にギリギリというところでしょうか。でも今回は英国展のリベンジだったので自分的にはまあまあ満足でした。どうもご馳走様。







スポンサードリンク

↑このページのトップヘ