カテゴリ: ラーメン

スポンサードリンク
マルちゃん正麺ブームに何とか乗っかろうと出してみた「麺の力」が従来式の揚げ麺という中途半端な存在だったので、サンヨー食品もこれではいかんと言う事で(?)生麺製法を売りにした「頂」という製品を出してきましたね。CMも今一番旬の役者である堺雅人を起用したところにメーカーの本気度が伺えますな。

IMG_2191

で、早速醤油味を買って食べてみました。

いつも袋の生麺だと、肉やら野菜やら何かと具を乗っけて食べるのが自分流なのですが、インスタントラーメンの場合はどうもスープが薄くなってしまう気がして、昔から素のままで食べるのが好きだったりします。

IMG_2192

で、そういういつもの気分で食べてみたところ、「これは良い意味でも悪い意味でも生麺っぽさは出ているな」と思いました。

まず麺が、煮ていてほぐれにくい割にはいったん茹で上がると伸びるのが速く、スープの味があまり染み込まないので、ちょうど安い中華料理屋で食べるラーメンのような感じがするんですよね。

スープの味もシンプルな醤油味なので、余計に中華屋の雰囲気を醸し出しています。中華屋であってラーメン屋でない、というところをあえて強調したいです(笑)。

正麺にしてもラ王にしても、個人的にはどうもあのヌルヌル感がピンと来ない感じがするのですが、これもやっぱり微妙な感じですかねえ・・・生麺っぽさなら中華三昧とかのノンフライ面で十分だと思ってしまうのは私だけでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク
最近、グルコバ仲間のTwitterの間で、夏期の終わりということで安売りされていると話題になっていたのが、マルちゃん正麺の冷やし中華。

私も出た当初からずっと気になっていたのですが、基本的に5食入りパックでしか売っておらず、冷麺は普通に冷蔵タイプの生麺が安くで売っているので、あまりメリットが感じられなくて今まで試していませんでした。

でも、そろそろシーズンが終わりでスーパーの品が正麺シリーズのカレーうどんに置き換えられつつあり、Twitterで刺激されていたのもあってとうとう買っちゃいました。

IMG_2140

せっかくなのでブログ用にきちんと整えた姿で盛り付けを撮ってみました(笑)。

IMG_2141

早速食べてみると、さすが麺については正麺シリーズでベストじゃないかと噂されるだけあって、コシといい喉越しといい生麺っぽさはかなりのものです。と言うか、中華の冷麺というよりも韓国冷麺的な食感ですね。

そして意外だったのはタレ。麺を水洗いした後の水気を計算したんでしょうが、相当に粘度が高くて甘酸っぱく濃厚です。このままストレートで食べるよりも、レモン汁を混ぜたり芝麻醤でゴマだれ風にしたり、スープで溶いてつけ麺風にしたりと、アレンジをしたほうが良さそうですね。

想像よりもボリュームがありましたし、これから夏の名残を惜しみながらチビチビと楽しんでいきたいと思います。

東洋水産 マルちゃん正麺 冷やし中華 5食

東洋水産 マルちゃん正麺 冷やし中華 5食
価格:352円(税込、送料別)

スポンサードリンク

スポンサードリンク
守口京阪百貨店で、10/3~9に行われている「秋の北海道大物産展」に、麺部屋綱取物語というラーメン店の茶屋が来ていたので、土曜日にダッシュで食べに行ってみました。

その前に、店の名前を良く知らなかったのでネットでちょっと調べてみたら、脂が多くてスパイスが効いていると書いてあったのですが、840円の味噌ラーメンは意外とオーソドックスでしたね。

IMG_2038

確かに食べログの写真よりは脂が少ないですし、純連と比べるとスパイスの効きはおとなしく、それよりも濃厚な豚骨のマイルドさのほうが優っていて、一口飲むとややぼんやりした印象。

チャーシューの上にはおろし生姜が載っているのですが、これをスープに混ぜるとやっと味が締まったかなと感じました。あんまり別にしている意味が無いような・・・

チャーシューは丸く整形されたものが分厚く切られ、それをさらに炙っているという手のこんだもので、食べごたえはありますが少しぱさついていたのが残念・・・下味がほとんど無いので、ジューシーさが無いと辛いですよね。

とまあ、いろいろ文句は書きましたがベースのラーメン自体は非常に良く出来ていると思います。脂やスパイス、チャーシューについては催事だから本店とは異なる部分があるのかもしれませんね。札幌なんかなかなか行く機会がありませんが、現地で食べてみたくなりました。ご馳走様!

 

麺部屋 綱取物語 菊水店ラーメン / 菊水駅、東札幌駅)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


 
スポンサードリンク

スポンサードリンク
毎年恒例の天下一品祭りが今年もやって来ました。

その中でも10/1は「天下一品の日」と称して、来店1回につきラーメンの無料券が1枚もらえる日でして、今年は前日に体調不良でどうなるかと思いましたが、何とか回復できて今年も無事ゲットしました。

IMG_2017

 

無料券のゲットは空いている店で、使用は人気のある店、というのが基本戦略でして、いつもの松屋町筋店に行ったら数人の並びだけで済みましたよ。

 

IMG_2016

 

いつもは昼なんかガラガラの京橋店ですら、朝通勤の時に前を通ったら、行列の並びを指示する張り紙がしてありましたからね・・・これが難波の店とかだったらどうなってるんでしょうか?(・・;)
スポンサードリンク

スポンサードリンク
先日の「天然うなぎを食べに行くツアー」の途中で寄ったスーパーマルナカで、こんなものを自分土産に買いました。

同じ四国を拠点にしている企業とあって、インスタントラーメン売り場には徳島製粉が作る「金ちゃん」ブランドの製品が多く置いてあったのですが、イオンに買収されてからは品数が少なくなり、以前に来た時は「徳島ラーメン」とかも買えたのに、今は2~3種類しか置かなくなって寂しいです。

袋の生麺の場合は、何か必ず具を添えたり炒め野菜を載せたりしないと気がすまないのですが、インスタントの袋麺の場合は、焼きそばも含めて何故か何も加えずにストレートで食べるのが好きなんですよね(笑)。
味は、ちょっと粉っぽい味がするピントがぼけたワンタンメンのようで、今の凝った新商品とは全然違う懐かしい味わいが良かったです。
今は本格的に生麺ぽさを追求した袋麺がヒットしていて、正麺とかラ王とかいくつか食べてみましたけど、生麺らしさならスーパーにある2食パックの冷蔵品のほうが上ですし、ちょっと中途半端に感じますね。袋麺はやっぱりこういうタイプのほうが好きですかね~。
徳島 金ちゃんラーメン 5P

徳島 金ちゃんラーメン 5P
価格:338円(税込、送料別)


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ