カテゴリ: ラーメン

スポンサードリンク
最近、YAHOO!のトップニュースにも掲載されて話題になった「キリンラーメン」を始めとして、サッポロ一番が長崎タンメン、ほたて味等の復刻版を出してくるなど、懐かしのインスタントラーメンが隠れたブームになってますね。
そんな中で、ふとローソン100で見つけて買ってしまったのがこれ。

関西では相当な昔に見たっきりではありましたが、別に生産を終了していたわけではなくて、主に千葉県方面で細々と売られていたらしいのですが、最近になって再び全国展開を始めたらしいですね。

食べてみると、味にアラビアンなところは微塵もなく、オースドックスなソース味の焼きそばです。まあ、ソースにはクミンやシナモン等が入っているでしょうから、醤油味よりかはアラビアンとこじつけられなくもないですが・・・(笑)
個人的に、インスタントの焼きそばは麺に味が染み込んで乾きやすい粉末ソースのほうが本物っぽくて好きなので、結構これは気に入りましたね。
家庭で焼きそばを作るときも、全部一気に入れるとベチャっとした出来になってしまうので、具と麺は別々に炒めて水分をしっかり飛ばしてから、最後に合わせてソースをかけて炒め上げると良いですよ。
個人的には、エースコックの駅前ラーメンとカレーラーメン、そしてハウスの本中華を是非復刻して欲しいのですがね~。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
今年は早くも梅雨が明けてしまい、いきなり35度超えの猛暑がやって来てこういう料理がしんどくなる季節になりました。
と言うわけで、梅雨時にいただいた二郎系。今回は近大前にある暴豚製麺所です。
ここは住道の「おもしろい方へ」とかに比べるとギトギト度は弱くて本来の二郎度は低いのですが、引き算具合が好みで豚のボリュームが凄いので、大阪の中では結構お気に入りのお店です。
入り口を入ったところの券売機を見ると、「濃厚暴豚」というメニューが増えていたのでそれの小サイズを頼んでみました。

スープに野菜のペーストが加わった、と書いてありますが正直少々乳化度が上がっているぐらいであんまり味的には変わらないような・・・(笑)
あと以前に比べるとちょっと豚の量が減ったかな? でも、それだとあまりに多すぎたのでこれぐらいでちょうど良い感じではありますけどね~。あと、野菜のゆで加減がシャキシャキしているのもこの店の良いところです。
今回も美味しくいただきました。次来るのは涼しくなってからですかね~。どうもご馳走様!


関連ランキング:ラーメン | 長瀬駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
茨木や高槻、豊中などの北摂地域は、完全に生活圏が違っているので外食で訪れる機会というものがほとんど無いのですが、それだけに行きたい店が見つかると凄く歯痒い思いをしてしまいます。
車で行けばいいじゃないかと言われそうですが、普段は自由なチャリンコばかり乗っている人間なので、どうもあの駐車場探しというものが苦手で、大きな駐車場が無い店だとはなから諦めてしまうんですよね(笑)。
この店も噂は以前から聞いていたのですが、なかなか行く機会が持てずにずいぶん時間が経ってしまっていました。でも、今回の西猪名公園行きの途中で中環から少し外れたら行けることが分かり、駐車場もそばに100均ショップがあってそこで買い物すればついでに寄れそうだったので、公園の後に行ってみました。
時間はランチタイムの終わりギリギリの2時ぐらいだったのですが、それでも外待ち客があるぐらいの人気。これが昼時だったら多分子供らと待つのは無理だったでしょうね。
メニューは1日ごとにレギュラーメニューが変わるようで、日曜は醤油は無くて塩豚骨と細麺の屋台味の2種類があり、塩豚骨を2つ頼んで私は下の娘と替え玉で分けることにしました。

スープは期待通りにドロドロの超濃厚。でも無鉄砲よりは雑味が無くてマイルド&クリーミーです。麺は博多風の極細ほどではないですが細麺でスープが絡みつきまくり、麺を全部食べたら鉢にはほとんどスープが残らないです。
具はホロホロのチャーシューと極太メンマ。それぞれとても丁寧に作られていますが、スープの個性が圧倒的過ぎてちょっと存在が中途半端ですかね~。それにおぼろ昆布はあまり意味が無いような・・・
天一や無鉄砲のように、具の存在をはっきり軽くしてスープに同化させる方向性は、それはそれで有りなんだなと思わされましたね。
とにかく私は非常に美味しく楽しませていただいたのですが、水遊びで疲れた子供には超コッテリはしんどかったようで、あまり食が進んでませんでしたね~。親父の趣味に付きあわせてすまんかったね(笑)。
ど真ん中

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 宇野辺駅南茨木駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
何故か急に大阪で店を増やしつつある横浜家系ラーメンの新しい店が、これまた何故かやたらとラーメン店が密集している千日前商店街にオープンしていました。
でもここは厳密には横浜家系じゃなくて恵比寿系なんだそうですが、どういう違いがあるのかいまいち分かりません・・・
6/29~7/1の間はラーメンが半額になるセールをやっているそうで、オープンの11時にはちょうど店が満席になり、15分後には既に長蛇の列が出来ていました。
セール中なのでメニューはラーメンとご飯物のみ。ダブル炭水化物は避けたかったので、半額で340円のラーメンに130円の野菜盛りオプションを付け、〆て470円の昼飯。

茹でほうれん草と3枚の海苔、そして肩ロースっぽいチャーシューと構成はまんま家系ですね。スープは濃い目の茶色で粘土も高く、いかにも濃そうな印象を受けるのですが、塩気こそ強めですがあまり醤油は効いておらず、旨味もそれほど強くないです。
野菜は二郎系に比べるとおとなしい量で、茹で置きなのか野菜の冷たさでスープが冷めてしまって少し残念。130円もするオプションならもうちょっと何かインパクトが欲しいですねえ。
うーん、個人的な評価としてはオープン直後という点を差し引いても微妙かな・・・大阪全体での家系ならダントツで「そらの星」で、なんばエリアだったら魂心家のほうを選んでしまいますかね~。ご馳走様。
太龍軒 なんば店

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 日本橋駅、近鉄日本橋駅、大阪難波駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
薩摩っ子系に代表される、ライト豚骨+バラチャーシュー+ニンニクがセットになったラーメンは、大阪のいたるところにありながらも、世間では全くご当地ラーメンとして認識されていないのが不思議だったりします。

ここはその中でも、かなりガッツリ系として異彩を放っているお店で、ライトと呼ぶにはコッテリした背脂入りスープと、ライト豚骨としては珍しい中太の縮れ麺を使っているのが特徴です。
そして、ライスと豚キムチなどのおかずがついて、ラーメン単体と同額というサービス満点なランチタイム、150円アップの大盛りにすると洗面器サイズになるなど、純粋なボリュームでもガッツリ志向です。
味は決して今風じゃないですが、ランチ使いにはかなりコストパフォーマンスが高い良店だと思いますね!
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

ラーメン TOPラーメン / 住道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.7


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ