カテゴリ: 韓国料理

スポンサードリンク
久々に、まだネット上のどこにも登場していない超穴場店をご紹介。
ここは長浜ラーメン一二三の場所を探していた時に近くでふと見つけた店で、雑居ビルの2Fで家族で韓国料理を営んでおられるお店です。
ランチメニューはワンコイン中心に5種類あって、とんかつと焼肉はほぼ固定で、それ以外は日によって幅広く日韓入り交ざったメニューが揃えられます。
特筆すべきはそのボリューム。ほとんどの定食にはサラダ、おかず3品、漬物、味噌汁がついて、メインのおかずも大きなとんかつを始めとしてかなりのサイズ、しかもご飯が少なくなると店のオモニが「ご飯足りてますか?お代わりどうですか?」と聞きに来るぐらいです。
キムチチャーハンを頼んだ時なんか、チャーハンのお代わりまで聞きに来たのにはビックリですよ。普通そんな店無いですよね?
「いや、聞きに来てくれるのはありがたいのだけど既にお腹一杯です」と心の中で思いながら、いつも大丈夫ですよと答えています(笑)。
とかだらだらと書いていてもあまり説得力が無いので、今回は特例で私のショボ携帯カメラで料理の写真を撮影してみました。
rinka.jpg
いやはや、これがワンコインですよ。つってもこの写真じゃ良く分からないか(笑)。左上から、里芋の煮付け、鶏の甘辛煮、たくあんが乗った皿、キャベツサラダ、ポテトサラダ、ご飯、味噌汁、鶏のピリ辛鍋です。
チゲ鍋はうどんが目立ってますが、その下には鶏肉と野菜がぎっしり詰まってます。さすがにこの時はご飯を少し残しました(笑)。
だいたい韓国料理の店は、小皿のパンチャンというおかずが沢山ついているとは言え、B級グルメの基準からすると値段が高すぎる店が多いのですが、かつての松一のランチのように、たまにこういうとんでもない特異点(店)が出てくるのが面白いですね。
夜は焼肉と韓国風料理がメインですが、定食も100~200円アップぐらいで食べられるので、夜の飯どころとしても使える店だと思います。
林花 (韓国料理 / 南森町)
★★★★ 4.0

評価はこちら>>大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店
スポンサードリンク

スポンサードリンク
前にカオマンガイのレシピを書きましたが、ついでに調子に乗って私が良く作る簡単でおいしいコムタンの作り方も書いてみます。

材料


■スープ用
牛テール 500g
水 2L
ネギの青いところ 1本
にんにく 1かけ
大根 1/4本
■クッパ用
塩 お好みで
コショウ 少々
卵 2個
ネギ 適宜

作り方


1.牛テールはざっと水洗いした後、たっぷりの沸騰したお湯に入れ、2~3分アクが浮き上がるまで茹でます。
2.テールを流水に晒し、肉の部分をぎゅうぎゅう絞って骨の回りから染み出す血を絞ります。これをやっとかないとスープが濁って雑味が出てしまいます。
3.分量の水を鍋に入れ、テールと半割にした大根を入れて火にかけ、アクをざっとすくったらネギとにんにくを加え、普通の鍋なら最低4時間、圧力鍋なら高圧で1時間煮込みます。私はいつも保温鍋に入れて朝と晩に火を入れながら1日ほっときます。水の量が減ったら時々足してやります。
4.テールと大根を取り出し、テールは骨から肉をほぐして骨を捨て、大根は薄切りにして鍋に戻します。スープに浮いた油が多すぎるようならすくって捨ててください。ここまででテールスープの出来上がり。
5.再び鍋を火にかけ、塩コショウで味を調節し、最後に溶き卵を回し入れるとクッパの出来上がりです。丼にご飯を入れてスープで満たし、小口切りにしたネギを載せてキムチなどと一緒にいただきます。
ここまで簡単手間要らずでおいしく出来る料理も珍しいですよ(笑)。4まで出来たスープにコチュジャン・唐辛子・ぜんまいなんかを入れてユッケジャンにしてもいいですし、カレーのベースにしても抜群です。
ポイントとしては、牛テールは必ず国産のものを使ってください。輸入肉とは出来上がりの味に雲泥の差が出ます。
私はいつも鶴橋の本家とらちゃん精肉部で買っています。コリアタウン近辺ならテールを売ってるところはたくさんありますが、ほとんどの店が尻尾1本売りなので多すぎるんですよね。
テールが入手しにくい地域なら、通販を利用するのもありだと思います。>>お薦めの牛テール
煮込むときの野菜はお好みで選んでもいいですが、大根は出来るだけ入れるようにしてください。テールスープと大根の甘味の相性は最高です。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
韓国ではポピュラーなものの、日本ではなかなかお目にかからなかったソルロンタン(牛肉やモツを煮込んだ白濁したあっさりスープ)の専門店が鶴橋に出来たと聞いて行って見ました。
場所は、JR鶴橋駅を出て西へ行ってすぐにある下味原交差点を少し北に行ったところ。
メニューは、ソルロンタンの定食とクッパが両方580円となかなかリーズナブル。2つのメニューの違いはご飯が最初からスープに入っているかどうかの違いだけ(笑)。
まず最初に、食べ放題のキムチが出てきます。一口食べると、妙に甘味が強くて粘り気があるのが気になります。本格的なものではなくて、ちょうどスーパーで売られているような安物っぽい。
そのうちソルロンタンが出てきました。スープには最初から塩味がついていて、好みで卓上の塩や胡椒、唐辛子をかけて食べてくださいと言われます。
スープや中に入っている肉の量はなかなか多いですが、ゼラチン質やコクは少し物足りなく、旨み調味料に頼り気味の点が気になります。この値段では仕方ないのでしょうか。
まあ手軽にお腹がいっぱいにはなってくれるので、鶴橋での気軽な食事どころとしてはいいんじゃないでしょうか。
鶴橋ソルロンタン
住所:大阪市天王寺区味原町11-1
電話:06-6191-6988
営業時間:11:30-23:00
定休日:無休
鶴橋ソルロンタン (韓国料理 / 地下鉄 鶴橋)
★★★☆☆ 3.0

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ