カテゴリ: ランチつれづれ

スポンサードリンク
今まで、チキンフィレサンドとか旨塩から揚げといった品は何度か食べる事があったのですが、ここのオリジナルチキンを食べるのは数年ぶりになるでしょうか。
若いころはここのフライドチキンとコールスローが好きで、結構しょっちゅう食べていたような気がするのですが、年を食うとカロリーが気になるし、デフレ後は割高感を感じるようになったので、すっかり縁遠くなってしまいました。
ところが最近、昼間限定で今までよりはるかにお得な「ランチBOX」というセットが用意されるようになったので、ケンタッキー・フライド・チキンを食べたい欲望がむくむくと持ち上がってきたんですよね。
そんな中、ちょうど土曜日に門真の運転免許試験場近くで待機する用事があったので、交差点の角にある店舗に行ったというわけです。
が、そのランチBOXは平日のみのサービスで、土日は適用されないことを聞いてガックリ。でも、子供を連れて入ってじゃあやめますというわけにも行かないので、何とかネットクーポン等でお安く収めてみました。

子供にはおにぎりとレッグをあげて、私はリブのほうを嘗め尽くすように食べました(笑)。久々に食べると美味しかったですが、やはり油っこくて今は1個食べればもういいですかね~。
しかしこの古川橋店、国道163沿いの交差点という絶好のロケーションなのに、土曜日の昼間は店内の客が私らだけでしたよ・・・近所のマクドナルドは家族連れでギューギューなのに、よくこれでやって行けるなあとちょっと不思議でしたよ。ご馳走様。
ケンタッキーフライドチキン 古川橋店

夜総合点★★★☆☆ 3.0

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:レストラン(その他) | 古川橋駅門真市駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
梅新東交差点の北西ブロック裏の、雑居ビルの1Fにある居酒屋さんで、ランチ600円のメニューを見つけていってみました。
見た目ラガーマンのような脱サラのご主人と、そのご母堂と思しき女性で昼は切り盛りされており、ハンバーグとエビフライが乗ったAタイプ、唐揚げと焼肉のBタイプ、焼き魚とだし巻きのCタイプがあります。

この店の面白いところは、メインのおかず以外に皿数が多いことで、ご飯、惣菜、漬物、マグに入った味噌汁、デザート、そして何と言っても全てのランチにミニ刺身がついているのが驚きです。
それも、単にマグロ3切れ、とかじゃなくて、サーモン・マグロ・タコ・わかめ・大根・大葉がそれぞれちょっとずつ乗せられていて、ちゃんと刺身盛りとして可愛く盛りつけられていたりします。

おかずも、ガッツリな量では無いですが丁寧に作られており、お代り自由なご飯や味噌汁もちゃんとおいしく、これで600円なら十分過ぎるコストパフォーマンスですよね!
夜のメニューには、手作り生パスタやライスものが豊富なので、ランチだけじゃなくて夜のめし処として女性にもお薦めなお店ですよ。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

キッチンバーたくぱぱダイニングバー / 東梅田駅北新地駅大江橋駅

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は昼に雨が降っていたので、外食では今年初めてのサンマを近所の「まいどおおきに食堂」でいただきました。

昨日、イオンでサンマ売り場を通りがかったのですが、なんと1匹39円で売られていたのでビックリしました。今年は相当サンマが豊漁のようですね~。
これだけ安いと、家で食べるほうがお得なのは確かですが、焼きサンマは白飯と決まっている私にとっては、酒を飲む代わりにあまり白ご飯を食べない土日に買いにくいのが難ですね。
干物を作って冷凍しておくというのも手ですが、マンションじゃ隣近所に魚の匂いが漂ってしまうので難しいところですなあ・・・
スポンサードリンク

スポンサードリンク
私は原則的に、牛丼屋では500円以上のメニューは頼まない人なのですが、以前別のメニューを食べていた時に、となりでオッサンがこれを食べていたのを見て、激しく惹かれちゃったんですよね。

で、清水の舞台から飛び降りるつもりで勇気を振り絞って注文してみたところ、やっぱり松屋さんは期待を裏切らないでくれました(涙)。
おそらく、ナスは油通しをした状態でパウチしたものをチンして使われるからでしょうが、ナスに火が通りすぎて箸でつかめないほどドロドロ状態、しかも中が異様に熱くて崩れないように急いで口の中に入れたら、上顎にべっちゃりくっついて思いっきりやけどしてしまいました・・・
熱々クリスピーな唐揚げで上顎の皮をむくのは名誉の負傷ですが(笑)、ドロドロのナスでやけどするのは悲惨なだけです・・・
もしかすると正しい調理時間で作るとちゃんと食べられるものになるのかもしれませんが、はっきり言ってリベンジする可能性はゼロですな。
やっぱ、牛丼屋では普通に牛丼か朝食を食べておくべきですなあ・・・
スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は、大阪府立図書館に本を返すために荒本方面へ・・・

で、何となく肉が食いたくなったので、久々に荒本にある情熱ホルモンのランチ。
ここのランチは、土曜はやってなくて日曜祝日だけなので、どうも自分の中ではローテーションしにくい店だったりします。
頼んだのは、ゲタカルビとバラ、ハラミといったように赤身から3品選べる定食(980円)。自分だけならホルモン主体にしますが、子供を連れてきているのでそちら優先のチョイス。
肉質についてはまあ予想通りのレベルと言えますが、キムチとサラダ、大盛りご飯の量がなかなかたっぷりなのが嬉しいですね。その点では、古川橋の「カルビの王様」よりも上だと言えます。
290円の生ビールも頼んでご馳走様~!


関連ランキング:ホルモン | 荒本駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ