カテゴリ: ランチつれづれ

スポンサードリンク
北浜の龍門を筆頭に、大阪中央区オフィス街界隈の中華料理店で見かけることが多いB級メニュー、「天津カレーチャーハン」。
カレー粉をぶち込んだチャーハンの上に、天津飯に乗っけるようなフワフワ卵を載せた一品なのですが、これが実にジャンクで私も大好きなメニューなんですよね。
でも、とても中華の王道とは言えないローカルな品だっただけに、このメニューがあの「餃子の王将」に登場するとはびっくらこきました。

自分の好きなメニューがメジャーになるのは喜ばしいのですが、どうも自分だけがねちねちと暗がりで楽しんでいた変わった趣味を、いきなり人様に見つかって暴露されてしまったかのような後ろめたさをちょっと感じてしまったり・・・(笑)
そんなどうでもいい話はさておき、肝心な天津カレーチャーハンですが、見た目は半熟フワフワの卵、しっかりカレー色がついたチャーハンと申し分ない様子。
でも一口食べてみると、予想外のフルーティな甘さが口に広がる・・・一瞬「なんじゃこりゃ!」と頭がパニックになりましたが、冷静になって判断してみると、どうも最初からチャーハンにウスターソースが混ぜ込まれているんじゃないかと。
いや、確かにカレーチャーハンにウスターソースをかけて食べるのは好きですが、お好み焼きの生地にソースが練り込まれている事を想像すれば分かるように、それとこれとは全く別なんですよね~。あくまでカレー粉を入れた普通のチャーハンで良かったのに・・・_| ̄|○
個人経営の中華料理屋なら特注が出来るのかもしれませんが、ここは王将ですからね・・・とりあえず堺筋本町店でしか今は確認できていませんが、興味がある方は是非どうぞ~。


関連ランキング:餃子 | 堺筋本町駅、本町駅、長堀橋駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
4/5から提供が始まった松屋の新メニュー、「牛カルビ丼」を食べてみました。

当然ですが、まんま牛カルビ焼肉の肉がどんぶり飯に載ったもので、野菜とか彩りが全く無い潔すぎる外見(笑)。せめてネギとかふりかければゴージャスになるのに・・・
牛カルビ丼自体は、肉はやや固いもののこってり甘辛の想像通りの味で、食べごたえがあって良かったですが、サイドメニューで大失敗。
焼肉だったらお新香よりもキムチだろうと思って頼んだが、何とも言えない甘辛い味のシロモノが出てきて驚いてしまいました。
あの乳酸発酵の酸っぱさがあるから焼肉に合うのであって、これでは焼肉のタレと味が同化しちゃって全然口直しにならないですよ。これじゃキムチじゃなくて白菜の佃煮だわ。(TдT)
このどんぶりにはあんまりお新香やショウガが合うとは思えないし、今度食べる時はサラダとセットにしたほうがいいかもしれませんねえ。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
昨日終わった催事の話で申し訳ありませんが・・・
大阪高島屋で行われていた、「越前・若狭の味と技紀行」にて武生のご当地B級グルメとされている「ボルガライス」の出店があったので、ちょっと気になって訪れてみました。
ボルガライスの構成は、卵で包んだ(ケチャップ)ライスに、トンカツを載せてデミグラスソースをかけるものになっているそうです。
大阪の方がこれを聞いて、ピンと来た人は相当なB級グルメ好きではないでしょうか?
そう、旭区のイスタンブールや、梅田のネスパ、北斗星などで出されている関西風のトルコライスとほとんど同じ構成だったりするんですよね。
地域によって、それがボルガになったりトルコになったりするのだから面白いものです。

さて、高島屋で出店していたのは「大江戸」と呼ばれる店のボルガライスのようで、甘めに味付けされたチキンライスの上に薄焼き卵が被せられ、そこにかなり分厚くて大きなトンカツが乗り、軽い苦味とケチャップの酸味を感じるドミグラスソースがかかってます。
ご飯の量はそれほどでも無いですがトンカツのボリュームがかなりあるので、胃袋的にはきっちり満足できましたね。味はライス、ソースともどもケチャップの甘さがかなり出ていて個人的にはちょっときつかったかな・・・でもこれで900円ならCP的にはまずまずではないでしょうか。
同じ茶屋では越前おろしそばも出していて、両方のメニューがそれぞれ少なめになったセットがあったので激しく惹かれたのですが、どうにも洋食とそばを同時に食べる気が起こらなかったので初志貫徹しました(笑)。ご馳走様~。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
週末は東大阪の「やまや」まで行く用事があったので、その途中で昼ごはん。
最近は、子供もラーメンには飽きてきたのか(?)肉が食べたいとのご希望だったので、土曜日ならランチメニューをやっている「チャコール神戸 荒本店」に行きました。
基本的に店の評価はいろんなメニューを食べてからという方針を立てている私ですが、どうもここに来るとフライ物を頼む気が全く起こらないので、いつまで経っても本サイトに載せられないんですよね~(笑)
で、オーダーはいつも通りのランチステーキ定食。

肉はいかにも輸入のリブロースですが、もう霜降りがきついオッサンにはステーキにするならこれぐらいの赤身のほうがいいですね。肉質は当然ガッシリと硬いものの、150gのしっかりした量で800円なのだから文句は言えません。
そして追加で頼んだランチサラダが、とても100円とは思えないボリュームでこれは非常におすすめです!
ご飯も大盛り・おかわり自由なので、食べざかりの子供を連れていっても大丈夫~。
でも、普通の焼肉もちょっと頼みたかったのに、ランチと一緒にオーダーできないのは残念・・・別々ならオーケーなのに、何でダメなんでしょうかね?


関連ランキング:焼肉 | 荒本駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
今日から阪神百貨店で駅弁大会が始まりましたね。
でも今は節約月間だし、家族と一緒に御飯を食べられる時間に仕事が終わってくれないので、土日だけ行く事になると思います。それに、何故か今回はあの折尾駅の名品「かしわめし」が来ないらしく、それもテンションが下がる一因になってしまってますね・・・
と言う訳で、今回のランチは同じく今日から270円セールが始まった吉野家で。

最寄りの店ではなくて、あえて席数が少なめの店に行ったお陰で、ベストとは言えないものの、いつものセール中ランチタイムによくある生煮え状態じゃなかったので良かったです。
しかし、つい最近牛鍋丼とお新香を食べたのですが、この牛丼とお新香ほどの相性が感じられず、どうにも違和感を感じてしまったのが不思議ですよねえ・・・
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ