カテゴリ: 鶴橋・コリアタウン

スポンサードリンク
私の年末といえば、鶴橋市場を中心にお正月料理の買い出しをして昼酒を楽しんで帰るのがパターンです。

では今年の年末買い物行脚をスタート!

sIMG_3788

まずは朝一で御幸森商店街に赴き、蒸し豚とキムチの購入。

IMG_3786

今年も蒸し豚の専門店、ミナミ大沢商店の前には長い行列・・・

IMG_3787

20分ほど待ってやっとこさ大量の豚肉が鎮座している店の前へ。

sIMG_3790

カルビハウスのキムチ屋さんでスルメキムチを買ったら、次はその足で鶴橋の魚市場。数の子、昆布、かつお節などを購入。

sIMG_3793

今年は八尾の魚竹商店で買いましたが、正月かまぼこをこの値段で売ってるのは鶴橋商店街ぐらいじゃないでしょうか。

sIMG_3791

あと、市場では殻付きの牡蠣を売っていたので、試しに的矢産と長崎産を1つずつ買ってみました。的矢の方は良く売れたそうで、11時前なのにこの3個しか残ってませんでした。

sIMG_3812

家で食べてみるとこれが驚くぐらいに違いが歴然。輸送時間の違いもあるんでしょうが、左の的矢産のほうが明らかにみずみずしくジューシーで、長崎産は少し臭みがあっていかにも牡蠣っぽいのですが、的矢の方は臭みゼロ、旨味と磯の香りだけを残してスルリと喉に消えていき、一瞬自分は何を食べたんだろうかと軽いパニックになったぐらいでした。これを牡蠣宴会にたくさん持って行けたらなあ・・・

sIMG_3798

買い物が終わったら西成で昼酒。本当はすしぎんにでも行きたかったんだけど、やっぱり行列が凄くて断念。寒さをしのぐためにおでんの深川さんへ。

sIMG_3794

ゲソとすじ肉、じゃがいもで小瓶を1本。しかし酒のモリタが移転して、難波屋もすっかりライブハウス化してしまって、こういう西成ならではの風情を感じる店が少なくなりましたね・・・

sIMG_3802

お次はマルフクで豚レバー焼き。ニンニクと一味をぶっかけてジャンクにいただきました。

sIMG_3806

最後は寺田町から伸びる生野本通商店街にある「たっちゃん寿司」。いつの間にかテーブル席(笑)が拡張されていました。

sIMG_3808

年末なので贅沢に上寿司を1合で。中トロ、ヒラメ、鯛、生エビ、ウニ、いくら、なまこ、鰻が入って900円。ネタは肉厚でウニは臭みなく、最近はますますネタが薄く小さくなる一方の100均回転寿司と較べてもコストパフォーマンスは際立ってますな!

sIMG_3810

こんな立派なだし巻きがたったの100円ですよ!(@_@;) こんな薄利多売でありながら、しっかり店が大きくなっているのは嬉しいですね~。

いや今年もたっぷり堪能しました。また来年も健康に美味しく食べられる体のままで年末を迎えたいですね!

 
スポンサードリンク

スポンサードリンク
お好み焼きの風月といえば、今や全国はおろか海外にも進出している「鶴橋風月」をイメージする人がほとんどでしょうが、実は同じ風月と名がついた別経営の店が大阪にはいくつかあります。

そのほとんどが天満をルーツとして今里などに何軒か暖簾分けを持っている系列なのですが、鶴橋系と天満系とも違う店が鶴橋の卸売市場の隣にあります。それが「風月市場店」。

fugetsushijo

こちらは中年のご夫婦でやられている完全な個人店ではありますが、やはりお好み焼きのスタイルは風月共通のつなぎが少なくてしっかり焼き付けるタイプ。ただ、こちらのほうがほんの少し生地が多め、そして焼き目がそれほど濃くなくて、キャベツが細く長く切られているので中がよりふんわり仕上がっているのが特徴的。

fugetsushijo2

焼きそばはもっちりした太麺がしっとりと焼かれ、もとのソース味は薄めで卓上にあるウスターソース、とんかつソース、どろソース、一味、青のりをかけて仕上げます。

fugetsushijo3

あと、魚市場がすぐそこなので、ホタテ、海老、牡蠣、タコと海鮮が豊富で、イカなんかは肉厚プリプリでたまりません。

値段は豚玉が680円からと鶴橋風月チェーンよりは安いですが天満風月に比べると高めで、大阪の個人店平均としてはCP低めですが、バイトの力量に味が左右されないので安定して風月の味が楽しめるのは価値が高いと思います。


詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

風月市場店お好み焼き / 鶴橋駅、桃谷駅、玉造駅(JR))

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
我が家では毎年、正月の材料を鶴橋で買うのが恒例になっていますが、今年は嫁さんが知り合いの店からおせちを買っているそうなので、自分の好物である数の子と蒸し豚だけをノルマとして出かけました。

数の子は日持ちの問題なのか、どれだけ高級なおせちセットでもやたらと味濃くされているので私の好みに全く合わず、自分で必ず自作します。

IMG_2420

歳末でごった返す鶴橋卸売市場。ふぐやタコ、有頭天然エビ、サゴシといった贅沢な海鮮が並んでいますが私の目当ては市場の中にある乾物屋の数の子。今までいろいろ見た中ではここの数の子が質が良くて安いのです。

IMG_2422

で、これも毎年おなじみの試食をさせてくれるマグロ店。大トロなんかのすき身があってたまりません(笑)。

IMG_2421

で自分で買うのは徳用品。これは筋やすき身が300gぐらい入って何と500円というお得な品。大晦日は年越しそばと鉄火巻きに決定~。

IMG_2419

鶴橋市場の後は蒸し豚を買いに御幸森商店街へ。言わずと知れた大阪のコリアタウンですな。

IMG_2424

蒸し豚を売る店はいくつかあるのですが、圧倒的な一番人気を誇っているのがミナミ大沢商店。常時3~40人もの行列が出来ていて大変・・・

IMG_2425

こんな巨大な肉塊とチョジャンが飛ぶように売れていきます。私は実家と自分用に500g程度買うだけなのですが、人によっては8kgも買う人が居て凄いです。何人で食べるんだろうか・・・(@_@;)

IMG_2423 

昼飯は、目当てにしていた「くにさだ」が今月は26日で営業終了という事でガックリ。何となくカツ丼が食べたくて「ぶあいそう」の前で逡巡しましたが、今日は数の子用の鰹だしを取るので晩御飯で自作する事にし、にんにくラーメン天洋でニラキムチどっさり行っておきました。

さて年末の用事をひと踏ん張り頑張りますか!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
うちの家の正月は、市販のおせちなんてボッタクリなものは買わずに、自分たちの好きなものを市場等で安く仕入れた惣菜や自作の料理で用意するというのが、毎年のパターンです。
そういう時の強い味方が鶴橋エリア。このあたりは魚市場と韓国人街が両方あるので、魚も肉も安くて良い物が揃うんですよね。
で、まずは地下鉄今里駅で降りて御幸森商店街へ。
韓国の正月には欠かせないチョッカルやイシモチといった食材を求める人達でごった返している中でも、最も長い行列が出来ているのが、蒸し豚専門店の「ミナミ大沢商店」。

まとめて何キロも買っている人がほとんどですが、うちは家族で食べるだけなので軽く500gほど。赤いタレのチョジャンも売ってますが、個人的には芥子醤油で食べるのが好み。
山芋のキムチも購入した後は、鶴橋の魚市場。通常は日曜が休みなのですが、30日は年末なのでどこも営業されてます。

その中でも威勢がいいのがマグロ問屋で、年末は味見用のマグロをどこも用意して客引きに余年がありません。中トロ(゚д゚)ウマー!

正月用じゃなくて、今日のアテ用にマグロのすき身を400円で購入した後は、野菜等を買い込んで鶴橋はおしまい。その後はこれまた恒例の西成で昼飯。

まずは「酒のもりた」でアジのたたきと淡麗でプハー。今年はなんか巡り合わせが悪くて、あまり西成の方には行かない1年でしたね~。
で、もりたと来ればこちらにも行っておかないといかんでしょう、の難波屋。この日は、珍しく店員さんが4人体勢という状態でした。

肉豆腐と難波屋チューハイで500円のワンコインベロ。いや、相変わらずのボリュームで素晴らしいです。

年末なのに、田作りや黒豆、数の子などがあるのも西成ならではですなあ。
これで気分良く2012年も終わり、と言いたいところなんですが、この後ガックリへこむ出来事があったのでした・・・明日はその対処で忙殺されそうで気分はブルーです。(T_T)
とりあえず自分の事は置いといて、皆様良いお年を~!!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
平日は製麺所としての営業だけで、土日のみラーメンとつけ麺を提供されているユニークな形態のお店として、今やすっかり有名になりましたね。
鶴橋という焼肉や海鮮が目白押しのエリアで、土日のみという事でなかなか訪問する機会が作れなかったのですが、ようやく今回掲載がかないました。

ラーメン、つけ麺ともにチャーシューが鶏肉で、味玉がまるまる1個載っているというのもユニークですが、やはりこの店の売りは麺のクォリティ。
色白で表面がツルツルとしていて見た目と喉越しが良く、細身ながらもシコシコとした歯ごたえで存在感抜群です。

また、1日15食限定で極太麺を使った「こってりスープ」つけ麺も数量限定で用意されていまして、あっさりノーマルメニューとは正反対のカラーなのが面白いです。ただ、麺については細麺のほうがキャラクターが立ってて個人的には好きかな。
あと、決して忘れてはならないのが焼きそばの麺。店で食べることはできませんが、自分の家で麺を茹でてソースと炒めると今までに経験したことがない衝撃に出会えますよ!
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

三谷製麺所ラーメン / 鶴橋駅、玉造駅(JR)、今里駅(大阪市営))

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ