カテゴリ: ロサンゼルス

スポンサードリンク
先週はまるまる日本にいなかったので、台風一過でようやく自分的には梅雨明けしたという感じですな(笑)。

さて、日曜日に帰国したニューオリンズ出張食日記のほうも、これからぼちぼち不定期で追加していく予定です。
まずは、ニューオリンズを代表するファストフードである、「イナウトバーガー」!
・・・なわけがあるはずは無く(笑)、実は行きのロサンゼルスでの乗り継ぎが間に合わず、何と翌日にメンフィス経由で1日かけてニューオリンズに行く羽目になってしまい、LAX空港の近くをウロウロしていた時に見つけ、昼飯として食べたというわけなんですよね~(涙)。
昨年にロスのハリウッドで食べたIn-n-Outバーガーは割と普通な感じだったのですが、今回この店で食べたものは旨かった!
カリカリに焼かれたバンズの端っこと、ビーフパティのカリッと香ばしい焼き方がマッチしていて、なるほどこれならアメリカのベストファストフードだと名乗れる資格はあるなあと思ってしまいました。
少なくとも、ホテルで飛行機遅延のクーポンを使って食べた$20のディナービュッフェよりも数倍は確実に旨かったですな。でも、糞日程をプランニングしやがったJ○Bは決して許さん(怒)。
それはともかく、店内でバッサバッサと切られている巨大なジャガイモが手に入らないと厳しいでしょうが、ここが日本に上陸したら日本人好みで確実に受けると思うんですがね~。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

ダラダラとやって来た今年のロスの話もこれが最後。
こちらは、ダウンタウンとコリアタウンの間という中途半端な場所にあるようでいて、実はメトロレッドラインのWilshier/Vermontから2ブロックほどという比較的アクセスしやすい場所にあるハンバーガースタンド。日本のガイドブックやサイトではほとんど名前が出ない店ですが、現地ではとても有名です。
ここの特徴は、ハンバーガーを頼むと焼かれたパティとバンズだけが出され、客はサラダバーのような感じで、カウンターの入れ物にあるサウザンアイランドドレッシングやサルサソース、ケチャップ、マスタード、マヨネーズ、ピクルス、レタス、トマト、カッテージチーズ、マッシュポテトを自由に載せていくことが出来るようになっています。
何度もロサンゼルスのベストハンバーガーに選ばれている店だけあって、ハンバーガーのパティがカリッと焼かれていてジューシーさもほどほどにあって大変おいしいです。今回行った中では、In-n-outやFatburgerよりも好みかな。
ハンバーガーには1/3ポンドと2/3ポンドのサイズがあり、値段があまり変わらないので大きいほうを選んだのですが、パティ自体は2/3ポンド(300g)のサイズは無かったような・・・でもサイドメニューを頼まなかったのにも関わらずしっかり満腹。
もちろん付け合せは好きなだけ取ることが出来、値段も比較的安くてお薦めの店です。
Cassell's
3266 W 6th St
Los Angeles, CA 90020
スポンサードリンク

スポンサードリンク

第2回グルコバのスペシャルアイテムは・・・
ロサンゼルスのインド食材店で買った、マサラ・バナナチップです(笑)。
バナナチップ自体は普通のお菓子のバナナチップなんですが、それにマサラ味を加えるってのがインドらしいっつーか。もちろんまだ封は開けてないので、どんな味かは当日のお楽しみ(笑)。
でもこのインド食材屋、南インド風のおかずやサモサもテイクアウト出来たようで、タイミング的に腹いっぱいの状態で訪れてしまったのが残念でした。
日本で手に入りにくいスリランカ系の食材もあって、ここでゴラカとモルジブフィッシュを手に入れました。Mixiでカレーリーフを提供してくださりそうな方もいたので、次のグルコバはスリランカ・ナイトで行こうかな。
食材店の住所は今手元に無いので、また分かり次第ここにアップしますね。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

さすがにこれだけアメリカ~ンな昼飯が続いてしまうと、やっぱりこういうものが食べたくなるわけで(笑)、先に紹介したFATBURGERのフィゲロア店のすぐ近くにある吉野家。
このあたりはUSC、つまり南カリフォルニア大学のキャンパスがあり、他にはPOPEYE'S ChickenやCarl's Jrがあるなど、ダウンタウンの中心街からDASHのルートFで片道25cで行けるエリアなので安飯派には非常に重宝するんですよね。
さて、以前はダウンタウンには1軒しか無かった吉野家ですが、今は少なくとも4軒、ロス近郊には数十店は立っている積極展開振りです。
昼はどこも結構賑わっているのですが、不思議なのはアジア系を除いた客のほとんどがメキシコ系なんですよね。店の位置も良く見ると、メキシコ系の住民が多いエリアに建てられている事が分かります。
やはり寿司とは違って、素の米飯を食べるという行為は、アメリカ人よりもサイドメニューにたいていライスがついているメキシコ料理を常食しているメキシコ人のほうがとっつき安いんでしょうか。
味はやはり以前にこちらで食べたときの印象と同じく、日本よりもかなり甘辛な感じ。七味も成分はほとんど唐辛子ですな。値段は並で4ドル弱と日本よりも高いですが、肉のボリュームはこっちの並が日本の特盛レベルなので、実質的にはこっちのほうが安いかもしれません。
でも現地の人は、この特盛サイズの並を2つくっつけたような量がある、メガ牛丼もびっくりなコンボボウルを普通に食べているのだから恐ろしいです。それで日本食はヘルシーとかそりゃないだろうと(笑)。
Yoshinoya U.S.C.
3021 S Figueroa St
Los Angeles, CA 90007
スポンサードリンク

スポンサードリンク

まだまだ続くLAシリーズ。この日は、非常に腹が減っていたのでビッグなバーガーが売りの、個人的なお気に入りでもあるFATBURGERに行くことにしました。
どうせなら前回行ったときと違うメニューでという事で、ハーフポンド(230g)のパティを使ったキングバーガーとオニオンフライを単品でオーダー。
写真では、あまりのオニオンリングの巨大さにハンバーガーが小さく見えますが、後ろの椅子の大きさを見ればハンバーガーも巨大であることが分かります(笑)。
ここも非冷凍や手作り感を売りにしていて、オニオンフライも分厚く切ったものがクリスピーに揚げられていてなかなかうまいです。ハンバーガーにはケチャップ、マスタード、マヨネーズ、レリッシュがたっぷりと入っており、大口を開けて一口食べると口の周りがベトベトになります。やっぱりアメリカのハンバーガーはこうでなくちゃね。
でもさすがにこれだけの量を一人で平らげることは出来ず、バンズとフライを半分残してしまいました・・・腹ペコでもやっぱり私は日本人でした(笑)。向こうの人はこれぐらい軽いもんなんだよなあ・・・
今回訪れてちょっと気になったのが、前回食べたときよりもパティのジューシー感が無くなっていた事ですね。これがたまたまだといいんですが。
FATBURGER Los Angeles / Figueroa
3026 S. Figueroa St.
Los Angeles, CA 90007
http://www.fatburger.com
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ