カテゴリ: 神戸市

スポンサードリンク
リュックサックマーケットで売り子をしているとなかなか満足に食事が食べられないので、毎回下山した後で必ず外食をして帰っています。
でも、三宮に着く時間帯はいつもランチタイムとディナータイムの間で営業している店が少ない・・・子供はインド料理食べられないし、同じ店ばかりに行くのは癪だから、店選びが大変なのです。
てなわけで、もう三宮近辺でめぼしい店はあらかた発掘してしまったので、今回は西元町まで足を伸ばしてみました。
この店は一応通し営業なんだけど、客が全くいなくて厨房も電気を落としていたのでてっきり休みなのかと思ってしまいました。
メニューを見ると、ラーメンやご飯物はそこそこ安いんだけど、一品料理が軒並み1000円オーバーなのに仰天。値段もだけどボリュームありすぎても困るので、唐揚げが食べたかったけどここでは断念。それは帰宅してから王将で買って食べました(笑)。
結局オーダーしたのは、ワンタンメンと牛肉玉子飯。

ワンタンメンは鶏がら塩味スープの優しい味わいと、ツルツルとのどごしの良いワンタンのコンビネーションが抜群。

牛肉玉子飯は、一貫楼と似たタイプで醤油味の比較的火が通った玉子が載せられていて、玉子はそんなにフワフワじゃないけど肉はとても柔らかく、少し下品目な味付けでビールに良く合います。
アクセスと一品の値段を考えたら再訪は難しいところですかね~。でも料理は美味しかったです。どうもご馳走様!


関連ランキング:中華料理 | 西元町駅花隈駅みなと元町駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
夏までは必ずといっていいほど第3土曜日は荒れた天気になって、なかなかまともに開催できなかった摩耶山リュックサックマーケットですが、10月は台風も無事過ぎ去り、早くから晴れ当確マークがついていました。
おかげで出店者は大盛況で、展望デッキの東側にまで店があふれている状態で、飲食をやっているところも非常に多く、何とドネルケバブの機材を持ち込んで焼いている人がいたのには驚きました。(@_@;)

そういう激戦ではありましたが、2時ぐらいにはカリーヴルスト・ホットドッグ、鶏肉のウイグル風串焼きカワプも何とか完売で店じまい。

最後にカラピンチャさんのところで、ワインとバーター交換でアーッパとルヌミリスをいただきました。
これで良かった良かったと言いたいところなのですが、今回は下手をすると1つも売れなかったかもしれなかったんですよね~。
実は、炭が嵩張るので今回はダイソーで買った豆炭を持っていったのですが、これが粘土を固めて色を塗ったんじゃないかというぐらいに燃えない代物で、発火剤代わりの早く火がつく炭も炎すら出してくれず、完全にお手上げ状態になったのです。
でもどこからか見知らぬ救世主が現れ、手持ちのバーナーを貸してくれて、それで予備に持って来ていた普通の炭に火をつけられたから良かったのですが、その炭もちょうど料理が売れ終わる頃に燃え尽きてしまい、まさに綱渡り状態での営業になってしまいました。
飲食は売れないと材料費の分がまるまる赤字になるので、非常に危なかったです。その時は必死であまり深刻に考えていませんでしたが、今から思い出すとよく乗りきれたなと冷や汗が出てきます(笑)。キャンプ用品は100均で買うもんじゃないですね・・・
そして止めは尼崎での乗り換え時に、居眠りしてて急に停車に気づいたために、大きい方のリュックを電車に忘れて翌日取りに行くはめに・・・疲れているところにさらなる追い打ちがかかってしまったのでありました。いろいろと反省。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
もう明日になってしまいましたが、摩耶山掬星台(まやビューライン星の駅下車)で行われる、摩耶山リュックサックマーケットに出店します。
メニューは、前回同様にカリーヴルスト・ホットドック、そして今回はウイグル風鶏の串焼き、カワプを炭火焼でお出しします。

前回のカリーヴルストはかなりケチャップが強いタイプだったのですが、今回はトマトとスパイスを効かせた大人の味にしようと思っています。
リュックサックマーケットには、京阪神のカレー好きの話題を一心に集めている「カラピンチャ」さんも出店するそうなので、間違いなく来て損はしませんよ!(笑)
天気も気持ちよさそうですし、みなさんも是非摩耶山にいらしてください! ただし、料理が売り切れないうちに・・・(笑)
スポンサードリンク

スポンサードリンク
インディアメーラーは、毎年カレー仲間が積極的に参加しているので行きたかったイベントだったのですが、運動会シーズンと重なることもあって、なかなか今まで行けないでおりました。
しかし今年は地域の運動会に出なくて済むという話になり、3連休のうちで土曜日だけが次女の運動会で埋まっていただけだったので、日曜は体を休めてその次の月曜に出かけて見ることにしました。
オクトーバフェストやクリスマスマーケットを筆頭に、どうもこういうイベントでは飲食はやたら割高だったりする事が多いのですが、事前にカレー仲間が参加したレポートを見ていると、値段的にはそこそこお手頃な感じだったので、それも訪問の動機になりましたね。

で、会場に着いてみると11時過ぎなのに飲食の物販は行列が出来ているところが多いです。その中で、最も人気が高かったゲイロードの出店で1000円のセットを頼むことにしました。

ゲイロードというと、神戸インド料理店の草分けかつ老舗であり、いかにも正統派パンジャーブ料理を出してくるイメージがあったのですが、意外にも南インドの料理が混じっていて驚きました。
内容は、まずはオーソドックスに大きなナーンとチキンキーマカレー&ライス。そして南インド式にワダ&サンバル、そしてパラーター&ポテトクルマ、ポテトボンダ、チキンマンチュリアン、そして何かのドリンク(自分では飲んでない)で1000円と非常に盛りだくさん♪
さすがにフレッシュのカレーリーフは使われてませんでしたが、サンバルもクルマもオーソドックスでマイルドな味わいに仕上げられていて、サラッとおいしく食べられました。中でも、ボンダが芋のネットリと素朴な味わいで印象に残りましたね~。次のグルコバで作ろうかなあ(笑)。
出店の中には、いつもスパイスを買っている豊中のサルタージさんも来ておられて、若主人と挨拶を交わしたりしていたのですが、その中に生のオールドココナツが売っていて、思わず買ってしまいそうにななりました。
若主人さんに聞くと、ココナツは生ものだからせいぜい1週間ぐらいしか保たないという話だったので、グルコバ用としては泣く泣く断念しました。オールドココナツ自体も、イベント用に特注したもので通常の取り扱いの予定は無いという話だったので、ますます残念でしたねえ・・・
このあと、子供がせがむので王子動物園に寄って帰ってお父さんはガッツリ疲れましたとさ。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
去年に引き続き、どうも第3土曜日は天候にたたられることが多いようで、7月や8月の開催も中止の憂き目にあったリュックサックマーケットですが、9月はようやく万全の状態で開かれる事ができました。
ただ、3連休の初日という事と、まだ厳しい暑さが残る天候のせいもあってか、お客さんの人出はかなり厳し目・・・行きの三宮10時7分発バスも、いつもであればギチギチに詰まっているはずなんですが、今回は座席も満席にならずにずっと空いた状態が最後まで続くという状況でした。

今回は、カレー粉を混ぜたマサラケチャップを添えた「カリー・ヴルスト・ホットドッグ」と、いつものタンドリーチキンを用意して行きましたが、ホットドッグの最初は恐ろしい勢いで売れたものの、1時を過ぎるとお客さんがピタリと止まってしまい、最後の2本とタンドリーチキン6個は半分知り合いに押し付けるようにして無理やり完売を達成しました。(^_^;)
その中の1品は、カラピンチャさんが出店していたピッタラアーッパと物々交換のダシに使われたわけですが、そのピッタラアーッパは優しい味わいで大変美味しゅうございました。私のブースにまで奥さんがわざわざ届けていただいた心遣いも非常に嬉しかったです。

リュックサックマーケットで一生懸命物販しても、結局は材料費や交通費、お出かけの飲食代、子供たちの買い物三昧でいろいろ出費が多いですし、トータルで見ると割があるイベントではないのですが、この独特な空気感は何物にも代えがたい楽しさがありますね~。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ