カテゴリ: 焼肉・ホルモン

スポンサードリンク
昔、千日前商店街にあった時はオッサンしか寄り付かない店だった、ホルモンの「かどや」。

今やプルプルのコラーゲンたっぷりの豚足がすっかり有名になって、女性のグループも珍しくない有名店になってしまいました・・・

以前に東京出張をした話を書きましたが、その時に自分用の土産としてもう1つ買って帰ったのが冷凍の豚足。いまやすっかり中国系食材店のメッカになってしまったアメ横センタービルで購入。

それをその「かどや」の豚足をイメージして作ってみました。

豚足は青ネギの根っことニンニクと一緒に火にかけ、アクを取ったら圧力鍋で30分間高圧で煮込みます。

タレは赤味噌、ニンニク、みりん、醤油、砂糖、一味唐辛子を適当に混ぜてミルサーで滑らかになるまで回し、刻んだ青ネギをたっぷりと。

IMG_3324

出来上がりの感じも味もかなり近い感じになったかなと思いますが、個人的にはもう少し煮込んで骨がほぐれるまで柔らかくしたほうが良かったかも。

作るのはごく簡単なので、また豚足が手に入ったらチャレンジしてみようと思います。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週末は、恒例の志摩保養所旅行へ行って来ました。

天気は台風の接近であいにくの終始小雨がぱらつく天気だったのですが、この旅での我々はレジャーらしきことは保養所でプールに入るぐらいで、後は食事や買い物三昧という食欲旅行なので問題なし(笑)。

行きしなの昼食ターゲットは、名阪国道上柘植インター降りてすぐのところにある伊賀食堂。

IMG_3158

嫁さんは最初亀八食堂に行きたいと言っていたのですが、ルート的に最短距離からやや外れているのと、バイカー達で激混みという噂を聞いていたので、同じような味噌焼きホルモンを出していて更に値段も安いこちらに変更したというわけです。

ロケーションは、数年前に閉鎖して廃墟化している名阪健康ランドの隣で、これまた殺風景なだだっ広い駐車スペースに殺風景な建物がポツンと立っている素敵さ。室内もテーブルと座敷、厨房だけというシンプル・イズ・ベスト。

注文は、690円のミックス盛り合わせと鶏1つ、そしてうどん2玉、後追加で牛バラと玉ねぎ、子供用に御飯と味噌汁、前菜として豚足を行きました。あと、今回は某運転手様がいるのでビールも!

IMG_3156

豚足はまあ普通に茹でで置かれただけの豚足ですが、これだけ入って550円はお得。味付けは塩のみで、手拭きとして新聞紙が出されるのが何ともワイルド。

IMG_3157

そして甘辛八丁味噌ダレで煮込んだホルモンとうどん。ホルモン自体よりも、煮詰まったタレが絡まったうどんやシャキシャキ気味に煮た玉ねぎが何ともビールに合って旨いです。

私自身は、以前に亀八食堂から秘伝を譲り受けたと称して同じホルモン鍋を出していた店(現在は閉店)で一度食べたことがあったので特に驚きは無かったのですが、嫁さんと友達には大好評でちょっとビックリするぐらいでした。次女はタレが辛かったようで御飯と味噌汁だけ食べてましたが・・・

運転手様以外の各自が缶ビールを2本ずつ飲んでしっかり食べて、これで人数で割ったら1人1200円! コストパフォーマンスにうるさいメンバーにとっては大満足のスタートでした。

伊賀食堂ホルモン / 柘植駅新堂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
今年5月中旬にオープン以来、ランチタイムの豚丼がお気に入りになったセルクルにまた行きました。

ランチメニューは豚丼のみで、小中大で100円ずつ値段が変わるのと、オプションで温玉と味噌汁が各50円でプラス出来るのみです。

お店の人からはオプションを勧められますが、今回は中サイズのみでオーダー。

IMG_2963

ほんの少しの酸味と軽めの甘みを感じるタレに、香ばしく鉄板で焼かれた肉厚の肩ロース肉と玉ねぎが絡み、シャキシャキの青ネギ、そして全体に振りかけられた粗挽きのブラックペッパーが良い仕事をしていて思わず一気にワシワシ行ってしまいます。

中サイズはライスも肉もたっぷりで十分お腹いっぱい。添えられた漬物が少なめなのは残念ですが、やはりワンコインランチとしてはかなり充実度の高い品ではないでしょうか?



関連ランキング:ダイニングバー | 堺筋本町駅北浜駅谷町四丁目駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
今年は暦通りだったウチのGWも今日で最終日。

もともと人混みが嫌いな上に、最近はグルコバやリュックサックマーケットの準備で毎月忙しく、GWにわざわざ何かイベントごとをしようという気力が沸かないのが正直なところ。

でも子供にそんな親の都合を押し付けるのは可哀想なので、近所の深北緑地まで軽くバーベキューをしに行きました。

IMG_2837

午前10時半ぐらいに着いたところ、既にバーベキュー場はこんな様子でほぼ満杯。シーズン中はここ以外に臨時でスペースが用意されているらしいですが、それにしても凄い人です。

我々は真夏のような日差しを避けて植木の近くの木陰に陣取ったのですが、やたらと毛虫が多くてそこら中で宙吊りの虫を見つけては千切って投げをしてました(笑)。1匹なんかはコンロの真上に吊り下がってきて、セルフ燻製になりたいのかと思ってしまいました。

IMG_2838

毛虫攻撃にもめげず、えのき茸とニンニク、ウインナー、ナスを焼き焼き。

IMG_2839

ハラミを500gほど用意して焼きましたが、半分以上は長女の胃の中に消えて行ったと思います・・・

小所帯でのバーベキューなので、肉を焼ききったらさっさと退散。あとはのんびり過ごさせてもらいますかね~。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
写真を整理していたら、正月休みの日にぶらついていた時の写真があったので軽くまとめてアップ。

この日は確か某所にある懸案のラーメン店を食べに行った後、夕方まで時間があったので西成の様子を見に行ってたんですよね。

気分的には肉を食べたかったのですが、萩之茶屋商店街からはホルモン道場が消えて久しいですし、酒のもりたも天王寺に移転したので選択肢がほとんど無くなって寂しいですね。

やまきやキラクというディープホルモンという気分でもなかったので、久々にマルフクへ。一時期道頓堀に支店っぽいものが出来ていましたが、当然のように撤退してましたね(笑)。

本店はいつもどおりの賑い、ホルモンも120円と値段は変わらないですが、アカと呼ばれたアサヒのスタイニー発泡酒が無くなっているのは寂しいです。

IMG_2469IMG_2468

今回は220円の牛ロースにニンニクをどっさり載せて、煮玉子もいただきました。

IMG_2467

その後は子供の土産に、青のりと白蜜のみたらしが特徴の亀屋グループ(?)の福屋@萩之茶屋できなこ団子を購入。こちらは千林と寺田町に比べて1本50円と10円値段が高いんですよね。

IMG_2470

最後に締めとして布施の「酒処ひらた」で大根のおでんと焼酎お湯割り。巨大な大根がとろけるように柔らかく・・・って個人的にはちょっと歯ごたえが無さ過ぎて大根を食べてる気がしなかった(笑)。でもあったまりましたよ。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ