カテゴリ: 焼肉・ホルモン

スポンサードリンク
焼肉については、最近こそユッケや生レバーの規制によって一時の勢いは無くなりましたが、近年のホルモンブームによって出店が激しかった分野ではないでしょうか。
しかし、「黒毛和牛A5ランク」とか「一頭買い」なんて嘘を平気でついている店が増えて来てホントげんなりしますよね。そもそも、和牛ですら交雑牛やホルスタインに比べると流通量としてはかなり少ないのに、その中で10%以下と言われるA5肉が、そんなにホイホイと市場に出てくるわけがないでしょうに。
それに、食肉は魚と違って需給がしっかりコントロールされてますから、良いお肉は高いし、悪い肉は安いという原則がくつがえることがほとんどありませんからね。もちろん、ちゃんと表記通りにA-5ランクの肉だけを提供している誠実な店もあります。と言うか、誠実な店ほど一頭買いとかランクを見ずに、自分の目で肉質を確認して仕入れていると思いますがね・・・
ただし、ホルモンは枝肉のように競りを経ることが無いので、流通にしっかりしたルートを持っている店だとお得に食べられるという事はあります。格付けは枝肉のみに付けられるものなのに、枝肉が審査される前に流通されるホルモンに対して「A-5のホルモン!」なんて言ってる店があるので驚きますが・・・(笑)
そういう意味で今年1軒だけアップした「大寅食堂」は、値段の割にタンとハラミの質が素晴らしく、ご飯を必ずてんこ盛りにしてくれたり、常にタレを継ぎ足したりしてくれるお母さんの気配りにも唸らされるお店でした。
場所的にはあいりん地区にかかってますが、天王寺に通じる大通りに面してますし、一度子供と一緒の家族連れを見たことがあったぐらいだし、さすがに女性グループにはお勧めできませんが、ジャンジャン横丁のたつ屋に入れる人なら(笑)問題なく感じる店だと思いますよ。
あと、中華については残念ながら今年は特筆すべき店には出会えませんでした。
中華も焼肉と同じで、もう食べ過ぎるととたんに体重へと跳ね返ってしまう年齢になってしまった私にとって、ボリュームが売りの店にはなかなか行く事が難しくなった事が大きいんですけどね。
特に、中華は大衆と高級で料理の質も値段もパッキリ分かれている場合が多く、今流行りの島之内界隈の現地系料理店は、値段が高いか量がやたらとあるかどっちかですからねえ・・・量はそこそこでもいいから安くて美味しい店を探すのが難しくなっている昨今です。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
堺筋本町から徒歩10分ぐらいのところにある、焼き鳥の名店である「炭火焼鳥なかお」の隣に、新しいお店が出来ているのに気づきました。

店の看板には、和風もつ料理とあるし、窓には謎のハイボールという張り紙があれば、嫌でもピンと来てしまいますよね(笑)。
やはり、店主は道頓堀の「ふじ井」や西中島南方の「あらた」で働いた経験がある方のようで、メニューもあらたのものとかなり酷似しています。でも値段は全体的に少しこちらが高めでしょうか。
この日は2軒目だったので、プリプリのレバ刺しともつ煮込み、ハイボールだけをいただきましたが、クォリティ的にはもちろん上記の店と全く遜色ないですね!
本来であれば、ひと通りのメニューを試してから掲載するのが個人的なポリシーなのですが、まだネット上にほとんど情報が出ていない新店なので、今回は先にブログで書きました。
あらたのほうは、常に行列が出来る人気店のようですが、今のところこちらには先の二店の常連さんが来ているぐらいなので、まだまだゆっくり楽しめますよ!


関連ランキング:ホルモン | 堺筋本町駅、北浜駅、天満橋駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
土曜日に摩耶山リュックサックマーケットとラージャスターン2オフの過酷なダブルヘッダーをこなしてグロッキー気味でしたが、油かすを買いたかったのもあって、羽曳野市向野の青少年で行われた「むかいの南食ミートミートフェア」に行って来ました。
昨年は肌寒い天気で人も少なめでしたが、この日は半袖でもいいような陽気で人出も絶好調のようで、私たちが到着した正午ぐらいには、無料のふるまい鍋はおろか、もうビールやワインがほとんど残ってない状態で、子供用のゲームコーナーの景品もめぼしいものが大方捌けてしまっていて少し残念でした。

それでも、国産牛の串焼きやホルモンの炭火焼を頬張りつつ・・・

タケダハムの屋台では、100円でコップにソーセージがてんこ盛りで、焼き上がるとすぐに消えていく人気ぶり。他にはアジアの屋台も出てて、揚げ春巻なんかも売ってましたね。
他にもコロッケやミンチカツ、ホルモンの天ぷら、どて焼きといったように、食肉フェアならではのビールに合う食べ物が豊富なのがこのイベントの良さですよね。
前回は精肉を買いましたが、今回は目的の油かすを買って予算オーバーなお肉はパスしておきました。
5月には松原市の食肉センターでも同様のイベントが行われているみたいですし、そちらにも一度行かないといけませんね。って前回も同じ事書いてるなあ・・・(笑)

大きな地図で見る
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今はムシムシする梅雨の真っ只中。どうにも体がだるくてスタミナを欲していたので、塩コショウした薄切り牛肉をフライパンで焼いて、日本食研の「宮殿焼肉のたれ」で食べるアテを作ってみました。

この日本食研さんの新しいシリーズは、「にんにく×にんにく」「おろし×おろし」という分かりやすい、かつ挑戦的なネーミングが印象的な焼肉のタレ2本で、せっかくなので2本とも開けて食べ比べをしてみる事にしました。

「にんにく×にんにく」には青森産のすりおろしにんにくが山盛り使われているそうですが、生ニンニク独特の青臭い香りやピリッとした刺激が活かされており、しかもニンニクの強さに濃厚なタレの旨みが負けておらず、このタレだけでどんぶりご飯が消えてしまう事は確実です。
そして「おろし×おろし」のほうは、まるで半分凍らせたかのようにドロリとした見た目、しかし食べてみるとポン酢の鮮烈な酸味と、大根おろしの辛味、爽やかさがガツンと来て、なおかつおろしポン酢にありがちな水っぽさが無いので、肉の旨みを損なうことなくさっぱりと味わえます。
以前、自分で一度焼肉のタレを自作してみた事があるのですが、醤油・みりん・ゴマ油とかだけのプルコギ風のは比較的簡単に出来るのですが、市販品のように、ニンニクや玉ねぎ、果物をすりおろした物を加えようとすると、とたんにそれぞれの個性が喧嘩し始めてにっちもさっちも行かなくなった事がありました(涙)。
それだけ扱いが難しい生素材を、これだけバランス良くおいしさだけを際立たせた品に作り上げるメーカーの技術力には感服するしかありませんよね!
にんにくのほうは野菜炒めや焼きそばにも良さそうだし、おろしは当然鍋・魚・ステーキに万能と、これから我が家の食卓で、宮殿焼肉のたれが大活躍する事は間違い無さそうですな!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
名阪国道の大内インターを出たところにある、名阪上野ドライブイン。普通に降りてトイレに行くぐらいでは気付かない東の一番端っこに、このお店はあります。

とても車の客がメインとは思えない、コの字型のカウンターのみの居酒屋然とした店内には、常にホルモンが炒められる油の煙が充満しており、女子供はとても近づけない雰囲気をかもし出しています。
店にはおでんや焼き鳥、ハラミといったメニューもありますが、客のほとんどが頼むのはホルモン定食(980円)。
皿には小腸と思しきホルモンとキャベツが炒められたものが乗り、あとはかなりの大盛りご飯とアサリの味噌汁、漬物が付きます。
ホルモンは甘辛のコッテリした味付けになっており、皿にはたっぷりの脂とタレが沈んでいて、ご飯に比べるとおかずの割合は少なめなのですが、この脂とタレだけでご飯がワシワシ行けてしまうので無問題♪
でもきっと、この多量の脂が一度冷えてしまったら、とても食べられたものじゃないんでしょうけど(笑)。
値段も私の基準からするとかなり高いですが、こういう味付けは関西ではまずお目にかかれないので、金銭感覚に旅先補正をかけられる価値がある品ですよね。
ただ、唯一にして最大の問題点は、自動車を運転していたらビールと一緒に楽しめないという点・・・でも店には、明らかに全員が酒飲んでいて、運転手が他にいそうにないグループを良く見かけますけどね。一応、彼らはご近所さんで歩いて来てるんだという事にしておきましょうか(笑)。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ