カテゴリ: 焼肉・ホルモン

スポンサードリンク
今日はGWの中日ですが、夫婦ともに人ごみ嫌いの我が家は特にどこに出かけるということも無く(食博は一度行って懲りました(笑))、1週間後に迫ったグルコバの買出しを兼ねてカルフールなんぞに出かけておりました。

昼飯に予定していたところがGWとあって休みで振られてしまい、何となく予感を感じて入ってみたのが、こちら「風林火山 荒本店」。
子供もまだ食べ放題のもとが取れるほど大きくないので、普段は焼肉食べ放題の店なんかに入ることはまず無いのですが、780円でランチがあるという幟の言葉に釣られてしまいました。
そして頼んだのは、ランチメニューのトップにあった780円の「得盛定食」。
これがテーブルに出てきてみると、直径40cmはある大きな皿に、鶏・豚・牛・ソーセージ・野菜がてんこ盛り、さらにはクッパサイズのスープにライスが出てきてビックリ。こりゃ肉だけで軽く300gはありますよ。
まあ、肉はほとんどが安い鶏肉だし、豚肉や牛肉も肉質は推して知るべしのレベルで、純粋なコストパフォーマンスとしては杉ホルモンなんかのほうが上だとは思いますが、ロードサイドの店でこれだけ安く腹一杯になれる品があるってのはなかなか貴重だと思います。ご馳走様でした~。
風林火山 荒本店
大阪府東大阪市荒本新町9-12
06-6783-4129

[map:大阪府東大阪市荒本新町9-12]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
また懲りずにやってしまう次回のインド料理食事会ですが、一応8/31(日)に開催する事を決めました。また、案内や参加要綱については後日まとめてアップしますので、もうしばらくお待ちください。って待ってる人はそんなにいないかもしれないけど(笑)。
さて、いつもの新規掲載情報ですが、私にしては珍しく最近オープンした旬のお店をまずご紹介。

ここは、西天満の大阪高裁に程近い、老松通りから少し脇にそれたところにあるカウンターのみの焼肉店。とは言え、店内はこじゃれたバールのような雰囲気で、女性が一人で焼肉していても全く違和感が無い雰囲気です。
もちろん単品のメニューはいろいろありますが、CP的にお薦めなのは、昼は780円、夜でも880円で食べられる焼肉定食で、6切れの肩ロースにホルモンや皮付き豚などから2種をプラスして選ぶことが出来ます。
赤身の質はまずまずといったところですが、ホルモンはなかなか鮮度が良くて脂の乗りも十分と、値段からすると大変お得な内容になっています。つけタレは柑橘系のさっぱり味ですが、卓上のにんにくと韓国唐辛子でパンチをプラスする事も可能です。
評価はこちら>>大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店
くにや
スポンサードリンク

スポンサードリンク
オープン記念で5/20まで、ハラミ焼肉のランチが食べ放題という噂を聞いて、アメ村ビッグステップの3Fにある伊万里屋に行ってきました。
850円のAセットは、普段は150gのハラミともやしのナムル、キムチ、サラダ、スープに食べ放題のご飯と言う内容だそうですが、今はこの焼肉がお代わり自由と言うサービスになっています。私は肉3皿とご飯のお代わりをいっときました。
ただ、最初に出た肉はまずまずでしたが、お代わりした肉はあからさまに輸入肉という感じになって萎えましたけどね(笑)。とりあえず、肉で腹一杯になる欲望は十二分に満たされました。ゲップ。
5/20までなら、十分訪れる価値のあるランチではないでしょうか。
追記:その後、食べ放題ランチは復活した模様です!
焼肉・伊万里屋ビッグステップ
住所:大阪市中央区西心斎橋1-6-14

[map:大阪市中央区西心斎橋1-6-14]


伊万里屋 西心斎橋店 (焼肉 / 心斎橋、四ツ橋)
★★★☆☆ 3.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク
天満橋にあった松坂屋の代わりにオープンした京阪シティモールのレストラン街にあるジンギスカン専門店。
メニューには900円と野菜が追加された1050円のジンギスカンセット、あとはご飯ものとアテが少しと完全にジンギスカンに絞った内容です。
そのジンギスカンは、生のタレ漬けしてないマトン肉を、炭火をおこしたカンテキの上のジンギスカン用鉄板で焼くスタイルで、かなり火が強くて野菜などはあっという間に火が通ってしまいます。
タレは塩と醤油のあっさりしたものが2つで、マトン肉もあまり癖が無くて食べやすく、これなら女性にも馴染みやすいのではないでしょうか。
生ビールの中ジョッキが550円と酒類がやや高いのが残念ですが、単価の安いジンギスカンだからそれはしょうがないですね。
天満橋で食事する機会があれば是非。
http://www.citymall.jp/shop/category4.html
真打カムイ 天満橋店 (ジンギスカン / 天満橋)
★★★★ 3.5

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ