カテゴリ: さいぼし

スポンサードリンク
むかいの南食ミートミートフェア@羽曳野で購入した、油かすを使って早速かすうどんを作ってみました。

歴史的な経緯によって、さいぼしと並んで最近まで極めてマイナーな存在だった油かすは、今や全国的にも有名な存在になってしまい、東京にかすうどんの店が出来るわ、うどんはおろか大阪のお好み焼き店でも普通に見かけるトッピングとなるわで、すっかり高価な高級食材と化してしまいました。
そんな事もあって個人的にはさいぼしの購入だけで手一杯で、油かすまで手を広げる事ができなかったのですが、嫁さんが急に興味を持ち出したので、一度購入してみる事にしたわけです。
やはり油かすを買うならちゃんとした物がいいなと言う事で、さいぼしでも定評のある安井商店さんが、ミートミートフェアに出展しているのは知っていたので、イベントに行く事も兼ねて買うことにしました。

100gで450円の一口大に切られた油かすのパックを買いましたが、安井商店さんの国産和牛を使った油かすは、見た目からして白くて油の良さが感じられ、腸本体の部分も薄くて柔らかく、いかにも上質な感じがしますね。
薄く刻んで、ちゃんと自分で昆布と鰹節で出汁を引いたうどんに添えてみましたが、フワフワとコクを残しながら優しくダシに溶けて絶品でした♪ これが安い輸入の油かすだと、どうしても臭みや固さが残ってしまうのですが、もちろんこれだとそんな事はありません。
子供はうどんだけでは物足らないと思って、市販の素を使った炊き込みご飯も作りましたが、うどんのほうが子供にはずっと人気で、さすが子供の舌は正直だなと思いました。
うどんにはもっとカスをたっぷり載せて食べたいところでしたが、同じミートフェアで売っていた黒毛和牛のすき焼き用モモ肉(100g300円)よりもずっと単価が高い高級食材なので、冷凍してケチケチ使っていこうと思います(笑)。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
先日、たまたま羽曳野方面に仕事で行く事がありました。

さいぼし研究家の私にとっては、羽曳野=さいぼしの街という定義になっているのですが(笑)、急な予定だったので塚本商店さんに予約を入れる時間が無く、給料日前とあって高価なさいぼしを大きな塊で買う余裕も無かったので、今回は買い物はパスしようかなと思っていたのですが、ちょっと覗くつもりで寄った安井商店さんに珍しい品が置いてあったので、さいぼしの代わりにそれをゲットして帰りました。
それが、ミノをさいぼしと同様に燻製して仕上げたとされる「ミノくん」。値段は60gで300円と、ちょっとしたアテにと買いやすい値段になってます。
家に帰って早速食べてみると、穏やかな薫煙香と塩気がほんのりと肉に乗っていて、まさにあの焼肉のミノ、それも炭火で焼いたものの味わいがそっくりそのまま再現されています!
これはやめられない止まらない・・・となってしまったのは、実は2歳の次女のほうで(笑)、チビチビ楽しもうと思っていた親父を尻目に、パクパクとあっという間に半分近くを一人で平らげてしまいました(涙)。しまった、こやつが無類の酒のアテ好きだという事をすっかり忘れてた・・・
きっとさいぼしを買っていたとしても、この恐怖のアテ魔人にガッツガッツと一気食いされてしまっていた事でしょう。今度からは、やつが寝静まった頃に食べないとなあ・・・
安井商店.
〒583-0876 大阪府羽曳野市伊賀5-7-1.
TEL 072-953-5572
定休日/水・日曜日
営業時間/9:00~18:00
スポンサードリンク

スポンサードリンク
さいぼしシリーズも第何弾だっけ・・・(笑)
今回は、ネット上で最も有名なさいぼし店、羽曳野にある安井商店さんに直接おじゃまして購入しました。
ネット通販だと値段はだいたい一律ですが、店舗にあるものだと純粋に重さと肉のランクで値段が付けられているようで、それぞれがバラバラの値段で売られています。
私が今回購入したのは、上さいぼしの細切れをパックしたようなもので、200gぐらい入っていそうな感じなのですが800円と格安の値段がついてました。
普通、細切れになっているさいぼしと言えばカッパ肉の場合がほとんどなのですが、食べてみるとカッパらしい硬さは全く無く、脂こそ無いものの柔らかな肉質で材料の吟味度合いが伺われる出来です。
味については、薫煙香も塩味も非常にマイルドで、肉をかみ締めるとふくよかなダシの味が湧き上がってきます。個人的には、味付けは塩だけでワイルドに燻されたもののほうが好みなのですが、これはこれで万人に愛されやすいタイプなんじゃないかと思います。
薄味だと醤油などをつけて食べたくなるものですが、ここのはかえってダシの持ち味が消えてしまうので、あまり後から味をつけて食べないほうがいいかもしれませんね。
安井商店
住所:大阪府羽曳野市伊賀5-7-1
電話:072-953-5572
定休日:水・日曜日
営業時間:9:00~18:00

[map:大阪府羽曳野市伊賀5-7-1]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
おそらく、世界で唯一のさいぼし食べ比べサイトにようこそ(笑)。
今回は私にしては珍しく、通販で買ったさいぼしのレビューです。
製造元で直接買うメリットを知っている私が、わざわざ店頭で買うより割高な通販に手を出した理由は、この品物がYAHOO!オークションで売られているからなんですよね。
オークションでの希望販売価格は800gで8000円となってますが、実際私が落札した時はそれよりもはるかに安い金額で手に入れられました。クール便の送料が別に1000円かかってしまいますが、それでも現地で買う値段よりも安くなりましたね。出品数量も8個程度と豊富なので、値段を競って値がつり上がる事もありませんでした。
それにしても不思議なのは、これを出品している八光食品というところが、れっきとしたさいぼしの通販ページを持っていることです。それなのに何故、わざわざオークションの開始価格を1円からで売るんでしょうかね?
まあ、もとが保存食とは言え、ちゃんと作られているさいぼしは市販のハムのように保存料や添加物を使っていないのでそれほど日持ちはしませんし、確実に数がさばけるオークションに出すメリットが無いわけじゃありませんが・・・
それはさておき肝心のさいぼしの中身ですが、脂が黄色に染まっているようにかなり強目にスモークされており、塩気もきつめの味付けで、どちらかと言うと保存食にシフトした仕上がりになっています。
肉質は固めで脂肪と赤身にしっかり分かれています。出品情報にはバラ肉と書いてありますが、どうやらカッパ肉も混ざっている様子。まあこの値段で高品質を求めるのは贅沢ではあるんですがね。もしかすると正式な通販のものとは肉質が違うのかも(笑)。
私の基準からするとCP的にはちと微妙ですが、現地で買う事が難しく、でもさいぼしを出来るだけ安く手に入れたいと思っている方には良いチョイスではないでしょうか。
出品は常時されているわけではないので、上記のリンクをクリックしても品物が出てこない場合もあります。なお、オークションのアラートに「さいぼし」と入力しておくと、出品されたタイミングが分かっていいと思います。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
大阪府羽曳野市は、松原市と並んで食肉処理場を抱える食肉のメッカです。
このGW中に、まとまった自由時間が取れたので、羽曳野市向野にまで出向いてさいぼしを探しに出かけました。
とは言え、GW中なのでお目当ての店は閉まっており、街中をうろうろして見つけたのがこのキンワフードというお店です。
ここはさいぼしの製造直売をしておられるようで、店内のショーケースにはバラやロースなど、部位ごとにパックされたさいぼしが並んでいます。
脂が乗ったものが食べたかったので、バラにしようかなと思ったのですが、2000~3000円する大きな塊しか無かったので、薄切りをパックしたものが500円からあるカッパと呼ばれる部位の、1000円のパックにしました。
買った時は割と小さく見えたのですが、実際に重さを測ってみると320gぐらいあり、1000円でこれだけ入っているのはかなりのお得です。
味のほうは、酸味を感じる薫煙香と穏やかな塩味、そして適度な脂分が特徴的で、とても素朴な味わいでおいしいです。これには醤油マヨネーズをつけると合いますね。
店の前の道は非常に狭く、車で訪れる場合は近くに停めて買いに行かれたほうがいいかと思います。
キンワフード
住所:大阪府羽曳野市向野2-15-12
電話:072-955-0715

[map:大阪府羽曳野市向野2-15-12]


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ