カテゴリ: とんかつ、天ぷら、揚げ物

スポンサードリンク
この店がオープンした当初に訪れ、既にブログでエントリーはアップしていたのですが、この半年間で一応ひと通りのメニュー(と言っても実質2つですが(笑))を食べたので本サイトにアップしました。
私は、ブログでは単発の訪問で書くこともありますが、本サイトである「大阪・関西のB級グルメガイド」では、絶対に一度だけの訪問で評価を書くことはやりません。通常は少なくとも3回は訪問して違うメニューを頼み、味のばらつきで評価が左右されないように心がけているので、時々ブログアップと時間差が生じることもあります。

この店についても、普通のカツ丼、ソースカツ丼、まかないカツ丼と食べましたが、やはり好調だった時代の本店レベルからすると味が落ちた感はありますが、平均レベルはやはり良好なレベルだと思います。卵のとじ方も、オープン当初に比べると安定して来たようですね。

あと、意外だったのはソースカツ丼がかなりイケる事。普通のソースカツ丼は、やっぱりソースの味がどぎつくてご飯にかかるとしんどい面があるのですが、ここのはご飯には出汁の効いたタレをかける事で上手く中和が取れていて嫌味がありません。
ただ残念なのは、昼時でもそれほど店が混雑していない事。これについては味やCPの問題じゃなくて立地の問題ですよね。道具屋筋近辺は地元民よりも観光客率が高く、そういう人達がわざわざ好き好んでカツ丼をカウンターで食べようとはしないでしょう。
南船場や堺筋本町あたりのビジネス街なら間違い無く流行ると思うんですがね~。とっとと移転しましょうよ(笑)。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html


関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 難波駅(南海)、近鉄日本橋駅、日本橋駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週、次々回グルコバの予約のために尼崎まで行って来たのですが、その後同じ日に娘の運動会があった事が発覚。再度予約しなおしに行くはめになってしまいました。
で、昼食に選んだのがこのお店。会場のサンシビック尼崎にほど近い場所にあって、その怪しい外観に前から気になってたんですよね。
店はお母さんが1人で切り盛りされておられ、4人がけのテーブル1席と4~5人程度のカウンターがあるのみ。メニューは定食類とカレー、うどんなどがあるようです。
その中でも、定番っぽいとんかつ定食をオーダー。

とんかつはヒレ肉を重ねて揚げたっぽくて、分厚いながらも箸で切れる柔らかさ。煮干のだしが効いた味噌汁、お新香、じゃこおろしといった脇役も効いてます。この内容で680円はかなりリーズナブルですね!
後から来た常連の若者が頼んでいたカツカレーの大盛りが、深い楕円のカレー皿にてんこ盛り、ルーがほとんど溢れていたのにはビックリしました(笑)。


関連ランキング:丼もの(その他) | 尼崎駅(阪神)出屋敷駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
以前に同じワンコインのソースカツ丼を食べた天満橋の「かつ庵」に、今度はネギ味噌カツ丼を食べに行って来ました。

ネギ味噌カツ丼のほうは、ソースカツ丼には無かった刻みキャベツが加わっていて、さらに食べごたえがアップしてますね。味噌はやっぱり私にはちょっと甘さがしつこいですが、名古屋の叶みたいにどっぷりじゃないのでまだ良かったです。
前回座った場所が表に近いカウンターだったので気づかなかったのですが、店の真ん中ほどにご飯のジャーとカレーのポットが置いてあって、自由におかわりできるようになってるみたいですね。
私はさすがにやりませんでしたが、お客さんの中にはワンコインのどんぶりにご飯をついで、その上にカレーをかけて2杯目をカレー丼にしている人がいたので驚いてしまいました。
おそらく、おかわりはカレーや定食を頼んだ人用じゃないかと思うのですが、ワンコインのどんぶりでそれをやられたら店にとってはたまったもんじゃないでしょうに・・・
今度はカレーを頼んで、堂々とお代わりしてみたいと思います(笑)。ご馳走様!


関連ランキング:とんかつ | 天満橋駅、北浜駅、なにわ橋駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
昨年の4月ぐらいに、天満橋付近に出来たとんかつチェーン店。
定食などはおよそ700~900円という価格帯なのですが、ソースカツ丼と味噌ネギカツ丼、塩ネギカツ丼だけはワンコインで提供されているのです。
で、結構迷ったのですが結局今回はソースカツ丼に。

カツには四万十豚と呼ばれるブランド豚肉を使っているそうで、その辺の激安店のトンカツとは違ってちゃんと肉と脂に旨みがありますね。厚みも大きさも、ワンコインにしては十分過ぎるボリュームです。
個人的に、ソースカツ丼はご飯に直接ソースがかかってしまうので出来れば別々に食べたい派なのですが、ここのソースはとんかつソースとドミグラスソースを混ぜたような味で、あまりどぎつくないのがいいですね。
味噌汁は豚汁でお得感がありますし、ワンコインとしてはかなりコストパフォーマンスが高い一品ではないでしょうか。是非次は味噌を試してみたいですな。どうもご馳走様~!


関連ランキング:とんかつ | 天満橋駅、北浜駅、なにわ橋駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
今日は冷凍庫に豚ヒレ肉が余っていたので、これまた冷蔵庫に保管してあった米パン粉を使ってヒレカツを揚げてみました。

米のパン粉というのは始めて聞いたのですが、触ってみると普通のパン粉に比べてザラメのようにサラサラしていて、フライの衣に使うとカリカリとした口当たりになって、非常にクリスピーな仕上がりになります。
粉の密度が高いせいか衣も油をあまり吸ってない感じなので、食べてみると油っぽさが少なくてたくさん食べても胃にもたれないところがいいですね。
もともとは子供のアレルギー対策として考えられた食材みたいですが、普通に使っても十分おいしくて楽しい一品に仕上がりますので、皆様も是非お試しを!

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ