カテゴリ: とんかつ、天ぷら、揚げ物

スポンサードリンク
たまたま仕事で神戸に行く用事があり、久々にすっかり神戸の超人気店と化した、カツ丼の吉兵衛で昼飯を食べる事にしました。
時間はまだ11時を回ったところにも関わらず、既に店の前には数人の行列が出来ています(驚)。しかも、カウンターのみの女子供はすっこんでろ!的なシチュエーションなのに、女性の一人客もちらほらいるのだから人気の程が伺えます。
私が最初に訪れたのは店が拡張される前の事でしたが、さすがに席の回転を考慮しなければならないためか、その時に比べると揚げたてのカツというわけには行きませんが、分厚い切り身のカツに厚く切られた食べ放題のたくあん、一味唐辛子、山椒の完全無欠のコンビは健在です。
改めて味をしっかり吟味して食べてみると、肉にほんのわずかの臭みがあるなとか、卵がもうちょっと半熟ならいいのになと思う部分はありますが、それでも120%満足致しました。
ここまで味とボリューム、値段のバランスが取れているカツ丼は、大阪の人間としては悔しいですが、大阪全体を見渡してみても吉兵衛に匹敵する店はありませんね。
たいへんご馳走様でした。

かつ丼 吉兵衛 (かつどん・よしべえ) (かつ丼・かつ重 / 三宮)
★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
今回は在庫処分でのアップです。
グリル・ロアは、あの兎我野町にある「まるい飯店」が入っているホテルの1階にある洋食店で、ボリュームのあるハンバーグが有名なところです。
しかしここはいつ行っても不思議な店で、店内も狭いのですが厨房はさらに狭く、その狭い中で3人の料理人が何となくリズムの合わないコンビで調理をしているのが丸見えで面白いです(笑)。
味もちょっとピントのぼけたところがあり、高級感が漂う店外の看板やメニューとミスマッチなのが不思議な魅力をかもし出している店ですね。
そして京橋の「とんかつの店ミヤコ」。
京橋とは言え、あの「もとや」よりもさらに商店街の奥にあるというアクセスの悪さですが、ランチタイムは近所の勤め人で一杯で、まさに地域に密着したとんかつ店という表現がぴったり来る店です。
料理の味やボリュームも、在庫処分としてアップするには失礼なクォリティがありますが、なんせ場所が場所だけに豊富なメニューを消化しきれず、ここらで一旦アップする事にしました。
いつかは、夜のお客さんの少ない時間帯に訪れて、ビールを飲みながらのんびりとと楽しみたい店ですね。
大阪・関西のB級グルメガイド
スポンサードリンク

スポンサードリンク
グルハギに参加する前に訪れた一軒。
カツ丼の吉兵衛は今や行列が途切れる事の無い超人気店として知られる存在となったが、実は同じ三宮センタープラザ西館にある天丼を出す吉兵衛があるという話を聞いて、にわかに興味を持った次第。
店構えはカウンター5席とこじんまりとしていて、天丼の上には海老2匹と大葉、海苔というシンプルな具、そして店の枯れた感じも「坂町の天丼」を彷彿とさせます。
しかし空手をやっておられるらしい店の主人は、坂町とは正反対の威勢の良さで、始終シャキシャキと手が動いています。
今回はこの店の名物といわれる、天丼の上にダシでとじた卵を載せた天玉丼600円をいただきましたが、やはりカツ丼のハイパーCPに比べるとちょっと物足らない部分はありますね。
まあ、この後に南インドのドカ飯を食べないといけなかったので、カツ丼のほうだとヘビーすぎたでしょうからちょうど良かったのかもしれませんが(笑)。
とは言え料理の出来自体はしごく真っ当で、会社の近所にあれば確実に昼メシローテーションに入る店なのは確かですね。
天丼 吉兵衛
住所:神戸市中央区三宮町2-11 三宮センタープラザ西館B1F
電話番号:078-332-3630
営業時間:11:00-16:30
定休日:無休
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ