カテゴリ: 大阪市浪速区

スポンサードリンク
日曜は、毎年恒例の湊町リバープレイスで開かれている「華友祭」に行って来ました。

IMG_3533

華友祭とは、よくあるタイフェスとかインディア・メーラーの中国版ですかね。

こういうイベントの飲食ってボッタクリ価格が多かったりするのですが、ここはテナント料が安いせいか多くの料理が100~300円のレンジにあるので割りと良心的です。

IMG_3534

ただ、残念なのは金券制になっていて販売単位が1000円になっている事。グループで来れば問題ないんでしょうが、個人で来たら1000円の使い道って結構困りますよね。

IMG_3535

子供向けのゲームが200円であったので2回やらせ、食べ物はいつもの太陽製麺所が出している300円のラーメンと豚足を買ったのみ。ラーメンはまあまあですが、豚足は意外と食べごたえがあってお値打ちでしたね。

この日も時間的に出遅れてしまい、会場が狭くて席の確保が難しいので、追加の金券は買いませんでした。昼飯としては全然足りなかったのでマクドナルドの100円マックを後から食べました。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
もともとは奈良にあったお店で、その当時は奈良へサイクリングに出かけたついでに食べていたりしたのですが、何年か後に大阪の支店ができた時には足繁く通ったものでした。

程なくして大阪にもラーメンブームが到来し、こちらもマスコミや雑誌等で有名になって常時長い表列が出来る店と化してしまい、私自身も年を食ってドロドロコッテリのラーメンにさほど魅力を感じなくなってしまったので、ここ何年かはすっかりご無沙汰しておりました。

しかし、この付近にある別の店に昼飯を食べに行った時に、平日のランチタイムであればそんなに行列が出来ていないのを確認したので、久々に味を確かめに参りました。

オーダーは「ニブンノイチウスカタメンマオ」で頼んでみたのですが、注文を取りに来た女性のかたが呪文を知らず、「タレが1/2でよろしいのでしょうか?」とか聞いてきたので、いちいち説明する羽目になってしまいました・・・でも調味料1/2とか言えないですよね(苦笑)。

IMG_2760

ちゃんと通ったのかどうか良くわからない状態で、予想以上に薄味で来ちゃったので自分でタレとにんにく醤油を追加して調節しました(笑)。後で別の店員さんが「味の方は大丈夫ですか?」とフォローに来ましたが・・・もう次来る時は呪文言うのやめよう。

スープの濃度は以前と変わらずドロドロで良い感じ。でも食べたあとはしばらくお腹がゴロゴロ言ってまして、やっぱり年齢的にこの手のラーメンはしんどくなって来ていることを痛感しました・・・また味を忘れた頃に来ま~す。



関連ランキング:ラーメン | 今宮戎駅、大国町駅、恵美須町駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
日本で唯一のさいぼし食べ比べブログへようこそ!
と言うのが恥ずかしいほど、最近はさいぼしを買ってなかったのですが、先日たまたま日本橋にあるC&Cエンドという業務スーパーに立ち寄ったところ、なんと食肉売り場にさいぼしとあぶらかすを売っているのを発見!
しかも、今まで見たことがないパッケージだったので、反射的に購入してしまいました(笑)。
種類は、ハラミの塊肉とカッパの薄切り肉がありましたが、カッパの方を購入。値段は200gで630円と比較的リーズナブルな部類ですね。

で、早速食べてみるとちょっとベーコンっぽい感じで、やや人工的な旨みを感じます。原材料を見ると、発色剤や保存料も使われているようで、美味しいことは美味しいんですが、素朴に塩のみで作られたさいぼしが好きな私にとっては、若干好みのベクトルが違う感じがします。

やはり個人的には、羽曳野の塚本商店(バラ)、松原の西野食品センター(カッパ)、矢田の住井商店(バラ)がさいぼしベスト3で揺るぎませんね!


スポンサードリンク

スポンサードリンク
昨日は、難波の湊町リバープレイスで行われていた中華イベント、第9回「華友祭」に行って来ました。
尖閣諸島問題以来、以前は心斎橋界隈に溢れていた中国人観光局も激減してしまい、何かとすきま風が吹く日中関係ですが、この日は雨天にも関わらず大勢の客で賑わっていました。
このイベントの良いところは、出店料が格安というのもあってか飲食関係のブースが充実している事で、長い行列地獄を食らう事がほとんどありません。料理も、中華以外にもミナミの飲食店がずらりと並んでバリエーション豊富です。
ただ、スペース自体が狭いのでテントのあるテーブル席に余裕が無く、後から来られた方は雨の中で立ち食いされていたのが気の毒でしたねえ・・・
飲食物販はチケット制で、会場の中にあるチケット売り場で1000円単位で販売されています。
私たちは、12時すぐの時間に来たのですが、テーブルはほぼ埋まっていたものの、何とか座る場所を確保しました。

これは、子供用に買った太陽製麺さんのラーメン。五香粉が入ったピリ辛のひき肉が入っているのが中華風な感じ。

日本コナモン協会が販売していた「道頓堀焼きそば」。何が道頓堀なのかイマイチ分かりませんが(笑)、太麺とコッテリと濃いソースがビールに合いました。でも300円という値段にしてはボリュームが物足りなかったかな。

最後は、イタリアンバール「pieno」さんが出していた、ビーフステーキ入りビーフシチュー。トマトが効いたグレイビーに50gぐらいのステーキ肉が入っていて、これで500円なら納得の金額でしたね。
もうちょっとのんびりと楽しみたかったのですが、ほっとくと子供らがどんどん縁日で金を使ってしまうし、雨は強いし、お客さんも増えてきていたので食事を終えたら退散しました。
来週はリュックサックマーケットだけど、予報では雨になってますね~。子供らは楽しみにしてるので、回復してくれることを願いたいですな。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
こってりラーメン好きにとっては、聖地とも呼べるラーメン店。
私も当然こってり好きのはしくれとして、ここは常に行きたい店ではあるのですが、微妙に場所が遠くて昼休みに行くとかなりギリギリの帰社を迫られる事もあって、最近はなかなか足を運べなかったのですが、ようやく再訪する事が出来ました。
大阪店が出来た当初は、奈良にあった頃に比べると行列なんか出来ていなくって、大阪でやって行けるのかと心配していましたが、今や推しも推されぬ人気店となって行列が当たり前の状況で一安心です。
ここは、「ロクヨンダブルウスチョイカタコテネギメンマオオメスープスクナメ」(豚骨6醤油4のダブルスープ、味薄め、麺ちょい固め、背油あり、ネギとメンマ増量、スープ少な目)といったような呪文でオプションを指定できる事でも有名なのですが、私は呪文はさすがに恥ずかしいので「味薄め・メンマ多目」と指定(笑)。
スープは相変わらず透明度0の茶色く濁ったコッテリ度合いで、テーブルにあるにんにく醤油と高菜をたっぷり入れてしっかり堪能しました。値段は700円とかなり高くなっちゃいましたが、やはりこのクォリティなら価値がありますね。ご馳走様でした。
無鉄砲 大阪店 (むてっぽう)
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ