カテゴリ: 守口市

スポンサードリンク

こちらは、尼崎・西宮・伊丹に店舗を展開しているチェーンの大阪店。
一番の売りは、濃厚な豚骨スープにバラ肉のチャーシューや海苔、味玉が載った盛りだくさんの「濃厚夢らーめん」ですが、正直言っておぢさん世代の私には、ギトギト過ぎてかなり重い・・・しかも、たっぷりの刻みチャーシューがスープの温度を冷やしてしまっていたので余計油っぽく感じました。
同じこってり豚骨ベースでは、写真の「背脂豚骨らーめん」のほうがバランス良く感じましたが、こちらはチャーシューのボリュームが少なくてメンマや海苔が無く、その割に夢ラーメンよりも値段が高いのが謎なんですよねえ・・・そんなに背脂の原価が高いんだろうか(笑)。
他にもあっさりスープの醤油味とかも食べてみましたが、個人的にはつけダレに柚子胡椒が利いたつけ麺が気に入りました。
ラーメンチェーンは、種類こそ多いものの判で押したように個性の薄いラインナップを並べる店が多いですが、ここはそれぞれが個性を持ったラーメンになっているので好感が持てます。
評価はこちら>>大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店
スポンサードリンク

スポンサードリンク
久々のたこ焼き屋レビューの追加です。
大阪B級グルメと称している割には、B級グルメの代表格であるたこ焼きの紹介が少ないのが大変申し訳ないのですが、どうもたこ焼きのような関西人にとってのソウルフードは、少し高いと食べる気が失せてしまうし、もともとそんなにバリエーションを楽しむ食べ物でもないので、店を知っててもなかなかレビューを書く意欲が湧いてこないんですよね。
しかも持ち帰って冷めたのを食べたのではおいしさが半減してしまうし、食事としても中途半端な量なので食べるタイミングが難しい食べ物なんですよ。
で、今回の蒲生たこ一ですが、価格やバリエーションが妙なベクトルに走りがちな繁華街のたこ焼きにあって、これでやって行けるのかというぐらいありふれたたこ焼きです。でも、個人的にはこういう何の変哲も無いたこ焼きが一番しっくり来ます。京橋のはしご飲みの合間に食べるには最適ですね。
そしてまたも讃岐うどん店の更新。
この「踊るうどん」も、大阪の本格さぬきうどん店としては古参の部類ですが、しっかり行列が出来る名店として根付いているのが嬉しいですね。
鶏肉やげその天ぷらがガツンと主張している中津のたけうちうどんに比べると、麺もトッピングも女性的な感じで、どんぶりの中でのまとまりはこちらのほうが好みかな。個人的には舞茸天と肉のコンビが好きですね。
ダシもほんのりと甘めで、子供や女性の方にも好まれるうどんだと思います。
大阪・関西のB級グルメガイド
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今日はGWの中休み。てな事とは全く関係が無く(笑)、今回の更新は順繰りで在庫処分の番です。
まずは肥後橋の名物とも言える、洋食店の「グリル・ピエロ」。
営業はランチタイムのみで、メニューは焼肉とハンバーグの2つしかなく、しかも客の9割がハンバーグを頼むという不思議な店です。
そのハンバーグですが、本編にも書いたようにどことなく味の焦点がボケていて、その割に値段が900円もするというのに、昼休みにはオヤジやOLで長い行列が出来るのですから、やはり皆このハンバーグの不思議な魅力にやられちゃっているのかもしれません。
もう一つの1000円する焼肉定食も食べてみましたが、こちらは塩味でニラもやしと肉が炒められたフツーの品で、やはりここはハンバーグを食べるに限りますよね(笑)。
そして守口市の西郷通商店街付近に復活したラーメンの「秀楽」。
ここのラーメンはこってりしていながらもシンプルで濃い目の塩味が特徴的で、最近の旨みを重層的に重ねるラーメンとは違い、どこか懐かしさを感じる味わいです。
値段はそれほど安くありませんが、こちらも熱狂的なファンが多くて、店はいつも賑わっています。昔ながらののんびりした雰囲気を持つ西郷通商店街も、ついでにぶらついてみてはどうでしょうか。
大阪・関西のB級グルメガイド
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ