カテゴリ: 立ち飲み

スポンサードリンク
先週に行った東京出張のしごとも無事終わり、新幹線で帰る前に立ち寄ったのがこちら。

IMG_3316

以前から名前はよく聞いていて、しかもアメ横界隈はアジア食材店が多くて何度も通っていたのに、両者がこんな近所だとは気づかなかったです(笑)。

この近辺は東京では珍しい昼酒地域で、近所にはカドクラやもつ焼きの大統領といった店が密集していて、どこも昼間っから混雑しています。

私はランチタイムに神谷町のニルワナムに行ってて腹があまり減っていなかったので、たきおかでは煮込みだけをいただきました。

IMG_3317

煮込みは関西とは違って豚の腸、豆腐、こんにゃくが入った味噌味で、意外とあっさりしていて美味しいです。これで160円は素晴らしく安い。

つい反射的に酒はビールを頼んでしまいましたが、せっかく東京で飲むのだからホッピーにすれば良かったですね。いつもメニューをざっと見て目についたものを頼んでしまうのが自分の悪い癖で、後からじっくり眺めると「しまった!こっちを頼むんだった!」という思いになるのが常なんですよねえ・・・

今回は1品のみだったので食べログのレビューはやめときます。どうもご馳走様!



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 京成上野駅上野御徒町駅御徒町駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
京阪門真市駅の南西にある本町・栄町近辺は大阪でも一二を争うド下町地域なのですが、そこに以前からあった安売り酒屋が、いつの間にか立ち飲み営業を始めていました。

kawabata4

システムはキャッシュ・オン・デリバリーで、カウンターの小皿にお金を入れておくと、注文の品が来る度に引かれていくようになっています。

酒の方は、ビール大ビン400円、ワインやチューハイが250円とまあまあ角打ち標準なお値段なのですが、こちらはとにかくアテの安さがものすごい。

kawabata

直径15cm程度のピザや揚げたこ焼き5個、揚げ焼売6個、ミンチカツ1個、エビマヨ、コロッケ2個、卵焼き、トマトなどが何と100円、それも出来合いだけじゃなくてナスの味噌炒め小鉢や白菜と厚揚げの煮物、ひじきの煮物、チヂミ半分といった手作りの惣菜も100円でいただけたりするのです。

kawabata3

kawabata2

100円で2本のエビフライは長さが15cmはあり、150円のゲソ唐揚げも15cmほどのぶっといゲソが3本、200円の唐揚げはモモ肉てんこ盛りと、ボリュームのほうも申し分ありません。

ただ、どのアテも売り切れ御免なので8時ぐらいに訪れると半数以上の品が無かったりする事もしばしば。営業時間も短いし、まあ本当に地元の人のための飲み屋という感じですなあ。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

かわばた立ち飲み居酒屋・バー / 門真市駅西三荘駅古川橋駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
写真を整理していたら、正月休みの日にぶらついていた時の写真があったので軽くまとめてアップ。

この日は確か某所にある懸案のラーメン店を食べに行った後、夕方まで時間があったので西成の様子を見に行ってたんですよね。

気分的には肉を食べたかったのですが、萩之茶屋商店街からはホルモン道場が消えて久しいですし、酒のもりたも天王寺に移転したので選択肢がほとんど無くなって寂しいですね。

やまきやキラクというディープホルモンという気分でもなかったので、久々にマルフクへ。一時期道頓堀に支店っぽいものが出来ていましたが、当然のように撤退してましたね(笑)。

本店はいつもどおりの賑い、ホルモンも120円と値段は変わらないですが、アカと呼ばれたアサヒのスタイニー発泡酒が無くなっているのは寂しいです。

IMG_2469IMG_2468

今回は220円の牛ロースにニンニクをどっさり載せて、煮玉子もいただきました。

IMG_2467

その後は子供の土産に、青のりと白蜜のみたらしが特徴の亀屋グループ(?)の福屋@萩之茶屋できなこ団子を購入。こちらは千林と寺田町に比べて1本50円と10円値段が高いんですよね。

IMG_2470

最後に締めとして布施の「酒処ひらた」で大根のおでんと焼酎お湯割り。巨大な大根がとろけるように柔らかく・・・って個人的にはちょっと歯ごたえが無さ過ぎて大根を食べてる気がしなかった(笑)。でもあったまりましたよ。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
先日、本サイトに情報を登録したばかりの西成「竹ちゃん」に再び訪れました。

だいたい、いつも店を評価するために最低3回ぐらいは店に通うので、登録した直後に再訪ってのはなかなか無いのですが、この時は目当ての店が臨時休業だったので消去法で行って来たというわけです。

通っている時はなるべくいろんなメニューを頼むようにしてますが、今回はそういう縛りがないので好きなものだけをオーダー(笑)。

IMG_2151

カツオのたたきにするか迷ったけど、ここはガッツリとハマチの刺し身280円。この値段で分厚い切り身が8枚も並んでいるのは圧巻です。

IMG_2152

そしてもういっちょゲソの醤油焼き。イカ2杯分のゲソが積まれてこれで180円ですよ。やっぱここの海鮮は安くでボリュームがありますね。

これで淡麗大瓶1本でしめて840円。安定のせんべろでご馳走様~!



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 今池駅、動物園前駅、萩ノ茶屋駅




スポンサードリンク

スポンサードリンク
十年一日のごとく変わらないように見える釜ヶ崎・あいりん・萩ノ茶屋界隈ですが、商店街の顔だったホルモン道場が閉店し、酒のもりたは天王寺に完全移転、ごはん屋ほまれは大幅値上げと、ここ最近の移り変わりは天満やミナミかというぐらいの激しさになって来ました。

そして新しい店もポコポコ出来てはいつの間にか消えゆく中で、天遊というこれまた寿命が短かったホルモン店の後釜として入った「竹ちゃん」は、しっかり常連客を確保して安定飛行に入った感じがしますね。

takechan

豊富なメニューの中には出来合いや冷凍物も多いですが、トンテキや野菜炒め、卵焼きといった焼き物は手作りが多いし、豚汁は具だくさん、イカゲソやアサリの酒蒸しなどの海鮮ものも値段からすると量がたっぷりあったりして、さすがに激安度合いでは難波屋に負けますが、どれもだいたい300円以内という値段が嬉しいです。

単純なCPもさることながら、いかつい見た目に似合わない(笑)マスターの物腰が柔らかくて親切な客あしらいは、とても西成らしくないホスピタリティだと思いますよ。

詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

呑処竹ちゃん立ち飲み居酒屋・バー / 今池駅、動物園前駅、萩ノ茶屋駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ