カテゴリ: ワンコインランチ

スポンサードリンク
この日は、冷たい雨が降ったりやんだりという微妙な天気だったので、近くの松屋で昼食にしました。
夜は休肝日の予定で、昼はガッツリ目に行っておきたかったので、牛丼ではなく新メニューの「牛すき焼き御膳」を行ってみました。

生卵と味噌汁がついてワンコイン以下という値段の割に内容は豪華で、牛肉は皿のほぼ半分を占めるぐらいの量があり、豆腐・長ネギ・しらたき・タケノコ・玉ねぎ・しいたけ・エノキと脇役も盛りだくさん。
タレは比較的薄味ですし、具材への味の染み込み具合もちょっと弱い感じで、ご飯ワシワシというパッションにはなりませんでしたが、この値段ですき焼き気分を味わえるのは嬉しいですよね。ご馳走様!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
クリスマス料理や正月食材の買い出しで、連休中は天満や鶴橋あたりをウロウロ。
その時、ちょうど京橋周辺でお昼時だったので、どこで食べるか思案した末に、先日初訪問した「ぎょうざの満洲」へ行く事にしました。
前回のエントリーでは、王将に比べてCP的にどうかな~と懸念する部分はあったのですが、子供連れというシチュエーションに置かれてしまうと、雰囲気的に殺伐とした京橋駅前の王将よりは、のんびり食べていても文句は来なさそうなこちらの利用価値が意外と高い事に気が付きました。
しかも、ラーメンとゼリー、ジュースがついて格安のお子様セットがあるので、子供に何を頼むか悩まなくても済むのが嬉しいです。もっとも、最近は食欲が凄くなったうちの子では、もはやセットだけで足りないようになってしまったんですけどね・・・(笑)

そして親父は、来るべき年末年始に備えて昼酒は封印。「やみつき丼」なるワンコインメニューをいただきました。
これは、麻婆丼と中華丼を足して2で割ったような料理で、野菜と豆腐主体でヘルシー。ラーメンも子供のをちょっとつまみ食いしましたが、野菜のダシ主体でこちらもごくあっさりした物。
やはり餃子同様に、他のメニューも王将に比べると全体的におとなしい感じですが、酒抜きの子供連れなら気になりませんね。いずれまた、行く機会はあると思います。ご馳走様!


関連ランキング:餃子 | 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
以前に、ノーマルな松屋の焼き牛めしを初めて食べてガッカリした事がありましたが、その後の情報で厚切りの方なら大分マシとの話を聞いたので、とりあえずリベンジをしてみる事にしました。

ノーマルの方は、かつて松屋のメニューにあった牛カルビ丼と同じ値段なのに、ずいぶん内容がしょぼくなっていたのですが、厚切りの方はほとんど遜色が無いというか、同じレベルの品になっています。
やはり焼いて美味しく食べるにはこれぐらいの肉の厚みは最低限必要ですよね。そして、厚切りの方にだけかけられるネギが地味に良い仕事をしています。
つーか、薄切りの方はいらないんじゃね?というのが率直な感想なんですが・・・そんで、こっちを380円にしてくれれば非常に嬉しいんですけどねえ(笑)。
まあ、厚切りのほうに関して言えば、吉野家よりも松屋のほうが優勢なのは間違いないでしょう。
もう一つのムーブメントである、最近日本橋に出来た「東京チカラめし」はまだ行列が続いているようなので、そっちはしばらく試せそうになりのが残念です。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
来年1月に開催するグルコバの予約をしに、土曜日は尼崎の会場まで出向いておりました。
尼崎に来ればどっかでランチと酒と行くのが定番なのですが、最近ちょっと節制中なので昼酒は自粛。尼崎中央商店街店に三和店と、何故か同じアーケード内に2軒あるうどん店、「こんぴらさん」に行きました。
野田の店には何度か行って、本サイトにレビューを載せていますがこちらでは初めて。

天ぷらもんが食べたかったので海老天うどんにしましたが、後でテーブルの上に天カス入れがあったのに気づき、かやくご飯も食べるのだから天カスで良かったのにとちょっと後悔しました(笑)。
うどんは手打ちですが、ちょっと茹で置き時間があったのか柔らかめ。でも、関西風の天然出汁とソフトなうどんの食感があって美味しくいただけました。どうもご馳走様!


関連ランキング:うどん | 尼崎駅(阪神)出屋敷駅大物駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
一時期、東京方面で話題を独占していた「東京チカラめし」に対抗してなのか、吉野家に続いて松屋、そしてすき家にまで「焼き」メニューの波が押し寄せてきてますね。
その中で、ちょっと前に牛カルビ丼を「肉が硬い」という苦情が出てメニューから取り下げていた松屋が、今度は焼き牛めしという形でリベンジしてきたメニューを食べてみました。
肉の厚みで、ノーマルと厚切りの2種類があり、ノーマルは380円で厚切りが480円。そして何故か厚切りの方にだけ刻みネギが載せてあります。当然、私のオーダーは安い方(笑)。

で、出て来た品を見ると、正直言って肉のボリュームは寂しいです。吉野家は玉ねぎで嵩上げしてますが、松屋は肉だけの分、かなり損をしていますね。
肉の厚みについても、本当に牛丼用の肉を焼いたような感じで食べ応えはありません。ちゃんと肉を食った、という実感が欲しい人は厚切りの方にするべきですね。
ただ、味という面では意外と健闘しています。もともとのタレは普通の甘辛でご飯にも味は染みてないのですが、卓上にある定食用のタレで補完すると良い感じ。牛丼にそれらのタレは合いませんが、焼き牛めしの肉なら十分行けます。
タレがバーベキューとカルビソース、ポン酢ベースの3種類あって、気分と好みに応じて使い分けられるのは松屋の強みですね。
ただ、380円という値段は吉野家と比べるとおかずのボリュームでは価格相当の差かと思いますが、以前の牛カルビ丼に比べると内容的には相当寂しいです・・・
サラダと食べてやっと1人前という感じなので、実質480円であることを考えたら、ヘルシーではありますが吉野家とCP的にはトントンで、再オーダーは微妙なところですかね~。

松屋 南森町駅前店牛丼 / 大阪天満宮駅南森町駅扇町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ