カテゴリ: サンディエゴ

スポンサードリンク
アメリカの物価高に耐えられなくなった貴方、サンディエゴならばメキシコに行くと言う逃げ道があります(笑)。
サンディエゴのダウンタウンからブルーラインのトロリーに乗ればわずか片道40分、運賃$2.75で国境の町、サンイシドロに着く事が出来ます。
サンイシドロのトロリーステーションを降りればメキシコ国境はすぐ目の前。螺旋階段をぐるぐる上って橋を渡ればパスポートチェックも無しにメキシコのティファナに降り立ちます。ゲートを出たすぐのところにはインフォメーションがあるので、地図をもらっておくと便利です。
国境沿いのビバ・ティファナから街の中心であるレボルシオン通りまで約1kmの道沿いには、多数の土産物屋やアメリカよりも安くで処方箋無しに「バイ○グラ」なんかが手に入るらしい薬局、そしてタコスを売る店が建ち並んでいます。
ここらあたりだと、小さ目のチキン・ビーフ・ポークのタコスが3つで1ドル、コロナビールが1本1ドルと、その辺のバーで飲むだけでもビール1本で500円以上は取られるアメリカを思えば天国のような値段です(笑)。タコスには必ずサルサとライム、ラディッシュがセットで添えられてくるので、タコスに入れるなりかじるなりして楽しみます。
レボルシオン通りに入ってもやっぱり土産物屋が目立ちますが、1つ西側に位置するコンスティテューション通りには現地の人向けのショップや食べ物屋が建ち並んでおり、豚の皮を煮込んだものやソーセージを細かく刻んで炒めたもの、ライスや豆の煮込みといったものを挟んで食べる調理タコスの店には地元の人が詰め掛けています。こちらは値段こそ$2強ですがタコスの大きさが大きく、2個も食べると腹が一杯になります。
ただし地元向けの店やスーパーでは、ドルではなくてメキシコペソで値段が表示されている場合が多く、しかもレートがドルの1/10程度なのに表記がドルと同じ「$」なので、最初はぼったくられているのかとギョッとしますが、ちゃんとドルで支払う時には換算してくれるので大丈夫です。まあ、硬貨の釣りがペソになっちゃう場合は多々ありますがね(笑)。
アメリカに再入国する場合はパスポートを見せるだけでOKですが、行列が長くて1時間ほど待たされる事があるので早めにメキシコを出たほうがいいと思います。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今回は経済事情により(笑)、ファストフードの店を選ぶ機会が多かったのですが、その中で印象に残ったのがサンディエゴを中心としてカリフォルニアにチェーンを広げつつあるRubio'sです。
この店の目玉であるフィッシュタコスは、肉の代わりに白身魚のフライとたっぷりの生野菜をタコスに包んだもので、マヨネーズベースの白いソースとスモークされたチポトレのサルサが良く合い、アメリカのファストフードらしからぬさっぱりとしたおいしさが感じられます。
当然ながらヘルシー指向の女性に大人気で、ダウンタウンからトロリーで30分のところにあるファッションバレーというショッピングモールのフードコートの中でも一番人気の行列でした。
サンディエゴ空港の中にも店舗があるので、日本からの行き帰りで余裕の時間があれば、是非訪れてみてください。
Rubio's FASHION VALLEY
7007 Friars Road San Diego, CA 92108
公式サイト

[map:7007 Friars Road San Diego, CA 92108]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
夜は1品が$10以上するここらで一番の格式を誇るインド料理店ですが、平日の昼ならランチブッフェが$12で食べられてお得です。
この日出てきた品は以下のとおり。ここはシェフがパンジャブ地方出身だそうで、北インドのノンベジ料理ラインナップです。
レタスのサラダ
ひよこ豆のサラダ
タンドリーチキン
プレーンライタ(ヨーグルト)
チリ・チャットニー
グリーン・チャットニー
レモン・チャットニー
マンゴー・チャットニー
タマリンドのピックル
ナン
スパイス・ライス
チキン・コルマ(ココナツベースのカレー)
ベジタブル・コルマ
ラム・キーマ(ラムひき肉のカレー)
チャナ・マサラ(ひよこ豆のカレー)
ココナツミルクとライスのデザート
オレンジ
この中では、ラム肉のワイルドな味がガツンと来るラムキーマと、酸味がしっかり効いたチャナマサラ、スパイス控えめで骨付き肉の味を生かしたタンドリーチキンが絶品でした。また、チャットニー類が非常に豊富で味に変化を付けられるのも嬉しいところですね。
Royal India
329 Market Street, San diego, CA 92101
公式サイト

[map:329 Market Street, San diego, CA 92101]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サンディエゴは、普通のレストランでもペールエールやギネスの生が置いてあったりするぐらい、ビールの種類が豊富なビールシティなのですが、ここはさらにアンバーラガーやダークブラウンエール、白ビールのハフェヴァイツェンなど8種類もの地ビールを店で醸造しているブリューパブです。
新鮮なビールがうまいのは当然ですが、私が頼んだBBQハンバーガーなんかは、ボリューム満点のパティの肉質が良いのはもちろんですが、添えられたポテトフライも皮付きでカラリと揚げられ、ビアパブにしては珍しく料理の細部にまで丁寧さが感じられます。
ビールも料理も比較的リーズナブルで店の雰囲気も落ち着いており、呑み助でなくてもお薦めできるレストランだと思います。
Karl Strauss Brewing Company
1157 Columbia Street San Diego, CA 92101
公式サイト

[map:1157 Columbia Street San Diego, CA 92101]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
サンディエゴ・ダウンタウンの繁華街、ガスランプクォーターにあるステーキ屋。
ここの特徴は、何と言ってもステーキを自分で焼く事が出来る点で、テーブルにラップに包まれた肉が渡され、それを店内に3箇所こさえられたグリルで塩やミックススパイスを振りかけて焼きます。
肉を自分で焼くのは焼肉で慣れている日本人であっても、400g近くある分厚いニューヨークストリップの肉を焼くのはさすがに加減がわからず、とりあえず生肉のぶよぶよした感触が消えるまで遠火でじっくり焼いてみたのですが、案外うまくミディアムレアっぽく焼くことが出来ました。
店内はろくに料理が見えないぐらいに薄暗く、ウェイトレスのお姉ちゃんも網タイツをはいているような店ですが、肉質は悪くないしエイジングもしっかりされており、これでサラダとガーリックトーストがついていて$19.95ですから、コストパフォーマンスとしてはなかなかなものだと思います。
Gaslamp Strip Club
340 5th Ave San Diego, CA 92101, USA
公式サイト

[map:340 5th Ave San Diego, CA 92101, USA]


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ