カテゴリ: 大東市

スポンサードリンク
日曜は朝から嫁さんのイベントで運転手を勤め、さて昼はどうしようかと思案しながらの帰り道。
土曜は回転寿司を食べたのでラーメンにしようかと思ったのですが、近場で駐車場がありそうな店はどこもいまいちピンと来ず。で、ふと思いだしたのが住道にあるラーメン荘。
店自体に駐車場は無いのですが、店が入っているポップタウン住道に飲食すると2時間無料になる駐車場があるんですよね。
ポップタウンのオペラパークのゲーセンでちょっと時間を潰して、11時過ぎに入店しました。
ここは、車でも電車でも行きやすいという二郎系ラーメン店の中でも稀有なアクセスの良さなのに、大東市という土地に皆馴染みがないのか、ピーク時を外せばそれほど混んでおらず、オープンキッチンの居抜きなので二郎系特有の殺伐とした雰囲気が無くて家族連れの姿も結構見かけます。

私は開店当初にニ度ほど訪れたきりで結構久々だったのですが、ラーメン自体はかなりレベルが安定して来た様子ですね。
スープは相変わらず微乳化ですがコクは十分でゼラチンがきっちり煮出されています。麺はかなりネジレが入ったギザギザ麺でゴワッとした食感が楽しいです。そして塩気はやや強めですが豚もホロホロとほぐれて絶品です。
いや、ほとんど文句が無い出来なのですが、強いて言えば野菜がかなり少なかったのが残念。なので、野菜増しコールは必須ですな。どうもご馳走様!


関連ランキング:ラーメン | 住道駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
今や、ラーメン店と同様に大阪のあちこちに讃岐風うどんの店が出現していて、とても追いきれなくなってしまっているわけですが、ここは何とか家の比較的近所という事で通わせて頂きました。

店主さんは、あの丸亀にある白川うどんで修行されたそうですが、ダシはイリコじゃなくて鰹主体の関西風で行っておられるようです。
でも、温かい出汁はガッシリとした旨みの無骨な印象がしますし、ぶっかけも甘辛はっきり系で、やっぱり関西ルーツの店とはちょっと毛色が違う感じがするのが面白いですよね。
麺は、関西で流行りの熟成グミタイプじゃなく、コシや伸びがほどほどに効いた、日常使用の讃岐麺という感じで、肩の力が抜けたようなしみじみしとしたおいしさです。
ここの美点は、ランチタイムのセットメニューが豊富で安いことで、肉と天ぷらが積み重なるように載った天肉丼に、ほぼフルサイズのうどんがついて780円だったり、各種うどんに200円で肉丼がついたりします。

肉釜玉も、うどんたっぷり肉たっぷりで食べ応えは満点です。
圧巻は、メニューが毎日変わる600円の日替わりセット(平日)で、肉や天ぷらなどが付く種物やカレーうどんに、キムチご飯や卵かけごはん、鶏飯、ちらし寿司といったご飯物までつく素晴らしい内容。
以前は、誰でも日替わりサービスを食べられたのですが、今は会員限定になっているようですね・・・Mixiのコミュに入れば会員になれるそうなので、皆さんも是非ご検討を!
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

大阪さぬきうどん 瀬戸内製麺710 (うどん / 住道駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
家の近所に、奈良で有名な彩華ラーメンが出来たという情報は前から聞いていたのですが、ようやく訪れる機会ができました。

彩華ラーメンと言えば、大阪では昔から上本町に支店があって、かなり以前に一度訪れたことがあるのですが、正直言ってあんまり印象が残ってないんですよね。
この日頼んだのはノーマルな彩華ラーメン(小)700円。
透明でピリ辛のスープにはたくさんの白菜に豚肉がちょっぴり(笑)浮かんでおり、神座と同系統のラーメンですよね。つーか、神座が彩華からインスパイアしたんだと思いますが。
私はまずまずおいしく食べましたが、娘にはちょっとピリ辛がきつかったようで、ご飯を別に頼んでしまいました。
味のレベルはともかくとして、この店の近くに神座の大きな店舗があるのですが、あちらはさらにチャーシューが載っていて値段が安いので、家族連れにはそっちのほうが使いやすいような気がしますね。
でも、大阪では数少ない天理ラーメンの店なので頑張って欲しいです。


関連ランキング:ラーメン | 住道駅、鴻池新田駅、門真南駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週末は、1人で晩飯を食う機会がポンと与えられてしまったので、気になる萱島の立ち飲みにでも行こうかと思ったのですが、夜から雨が強くなるということで断念。
じゃあ、家族連れではなかなか行けない店をと言うことで、住道にある「ラーメン荘・おもしろい方へ」とやって来ました。

以前、夜に来たときはあまりお客さんがいなくて大丈夫なのかなと心配しましたが、6時台でお客さんはほぼ満員、たまに日曜の昼に通りがかったりすると人が並んでいたりで、徐々に人気が高まっているようですね。
つーか、場所的にこのあたりは昼の集客のほうが多いと思うのですが、何で昼営業は日曜だけなんでしょうね。ラーメン荘の決まりなんでしょうか?
さて、私が頼んだ小ラーメンですが、スープは非乳化ながら唇がべとつくほどに濃厚で、たくさん浮いている背脂もフワフワトロトロで、スープの出来は関西で食べた二郎系では最高クラスの出来でしたよ♪
ただ、麺が平打ち気味のペラペラしたタイプで、もっとゴワッとした食感の麺が好きな私としてはいまいちでした・・・麺はいいけどスープにブレが多いマッチョとはちょうど正反対ですよね(笑)。
豚は巻きタイプのバラ肉が2枚。厚みは以前に食べた時より薄かったかな・・・と言うか、二郎系ではウデ肉のホロホロしたのが好きなんですが、どこに行っちゃってるんだろう? そして野菜も小にしたせいか少な目。でもマシコールをしなかったのだから文句は言えませんけどね。
スープが非常に良かっただけに、その他の部分がかえって物足りなく思ってしまいましたね~。特に麺は、あんまり二郎という感じじゃなかったので、これがブレの範疇であればいいのですが・・・
でもまたチャンスがあれば来ますね。どうもご馳走様!

ラーメン荘 おもしろい方へ (ラーメン / 住道駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
昨日のエントリーで、「ラーメン荘 おもしろい方へ」の名前をつけて笑福のレポートを書いたら、検索でやって来た方が結構いらっしゃいました。
・・・すいません、分かっててあえて釣ってみました。で、いつまでもその状態ではサイトの信用問題(そんなものあったのか?)に関わるので、昨晩にちゃんと実際に行ってきましたよ。

場所はJR住道駅近くにある商業雑居ビルの「ポップタウン住道」の中、府道八尾枚方線に面した1階にあります。すぐ東隣にはポップタウンオペラパークという真新しいショッピングモールがありますが、そちらとは違う建物なので注意。
以前は「どさん子」というラーメン店の場所だったようで、店内は広々としたコの字型をした低めのカウンター席で、中の厨房が丸見えなのは、二郎系列の店としてはかなり珍しいタイプですよね。
店に来た時間が8時前ぐらいだったせいか、店内は7割程度の入りで余裕がありました。ここも、いずれ「歴史を刻め」のように行列が当たり前になってしまうんでしょうか。
メニューは、650円のラーメンと、850円の豚ラーメン、1000円の豚ダブルがあり、麺量は400gの大と300gの並、推定200gの小で全部同じ値段です。それを考えるとちょっともったいないですが(笑)、私の注文は小の200gで。
麺はかなり太めの縮れが入った平打ち麺で、ホギホギとした食感は二郎そのもの。ただし、麺の茹で方がまだ安定してないのか、ところどころで2~3本固まって生煮えだったりする部分があったので、そこがちょっと残念かな。
スープは微乳化でしっかりカネシが立った甘み少なめの関東風。コクはやや浅めですが、トロトロの背脂が旨みを補っていて水準は高いです。
豚はほぐれ気味のウデ肉とバラ肉が1枚、そして珍しいことにモモ肉が1枚載ってました。モモ肉は長時間煮こむと出し殻になって崩れてしまうので、二郎系には合わないと思っていたのですが、それを知ってあえて出しているのでしょうか。
そのモモ肉を食べてみると、案の定かなり崩れる食感でしたが、醤油味が良く染みているせいかギリギリ出し殻感からは免れていた感じ。これからもモモ肉を出すのであれば、もうちょっと煮込みを浅くしたほうがいいですかね~。
野菜は全体的にシャキシャキ感があって、盛りも良くて良かったです。
とまあ、細かいところでいろいろ文句はありますが、全体としては良くまとまった、まさに関東の二郎はこんなんだったなあと思い起こさせるような、非常にバランスのとれた一杯でした。
でも、行きにくくなるので個人的にはあんまり人気にならないで欲しいなあと(笑)。どうもご馳走様!


関連ランキング:ラーメン | 住道駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ