カテゴリ: 門真市

スポンサードリンク
もう今週から小中学校の2学期が始まり、先週末は最後の夏休み休日という事でイベントがいろいろありました。

土曜日は、地区の子供会で行われた地蔵盆。子供らはゲームやら当てものやらでお年玉の残りを散財しておりました。

IMG_3243

後半はかなり本格的なマジックショーがあるなど、結構凝った出し物があってビックリしました。

IMG_3246

次女は幼稚園以来の浴衣を着せてもらっていましたが、昔はダボダボで帯の部分でたくし上げないといけなかったのが、今では裾がつんつるてんになってしまっていて、ずいぶん大きくなってしまったんだなと感慨深かったです。

日曜日は守口門真青年会議所が主催した、門真市民プラザで行われた夏祭り。

IMG_3250

目的としては、地元の飲食店などに屋台を出店して盛り上げようという意図があったのだと思いますが、場所に対して出店数は少なめでちょっと寂しかったですね。

せめて、グランドの真ん中に参加者が座って飲食できる場所でもあれば良かったのですが、椅子はグランド脇の長椅子しか無かったので家族連れには食事がしにくかったのではないかと思います。

ネットで検索しても情報がほとんど出てこないですし、私がこのイベントを知ったのはたまたま子供映画上映会の会場で見たチラシからで、あまり周知されているように見えません。

IMG_3248

それでもしっかり焼きそばやからあげ、発泡酒をいただき、子供はまたゲームで軽く散財。

IMG_3251

どこの店かは忘れてしまいましたが、このハンバーグドッグは結構当たりでした。たっぷりキャベツとマヨネーズがデミグラスソースと良く合って、地味にパセリの香りが効いてました。

今年の夏は天気が悪い週末が多くて、あまりプールとかに連れて行けなかったのが残念でした。でも広島の土砂水害などの事を思うと、毎年元気で過ごせているだけで幸せと思わないといけませんね。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
しかし最近の大阪市内における新店ラッシュは凄いものがありますね~。

私の仕事場がある堺筋本町界隈は、ちょっと前まではラーメン不毛地帯と呼ばれていたのが、つけ麺井手や麺屋きょうすけが出来たあたりから店がボコボコ出来始め、以前なら大阪市内の新店をとても追い切れないと書いていたのに、今や近所の店すら追うことを断念しましたよ(笑)。

そしてこちらも、店が出来てからしばらくはスルーしていたのですが、安定して評判が良さそうだし牛肉ベースのラーメンという目先が変わった内容だったので、通ってみることにしました。

ラーメンは店が狭い割にはなかなか種類が豊富で、牛塩と牛醤油、旨そば、濃厚、つけ麺と揃ってますが、濃厚とつけ麺は夜営業のみらしいです。

kunpu

店の看板メニューである牛メニューは、醤油はすき焼き、塩はコムタンを思わせるようなスープで、食べていると割りにあっさりしているんですが、食後に口の周りで漂う牛感が凄いです。具もブリスケっぽい赤身のチャーシュー、スジ肉の煮込みが載っかって徹底的に牛づくし。

kunpu3

それに比べると、鶏ガラ豚骨魚介の旨そばはチャーシューも豚だしごくごくオーソドックスな内容ですね。

kunpu2

濃厚つけ麺もドロドロの濃さがすさまじいですが、味のベースはあくまで豚骨魚介ですからね。

総じてクォリティは高いと思いますが、集客を考えるとランチタイムがラーメンだけというのは、あまり昼休みはサラリーマンが密集していないこの近辺の立地は厳しいかも。店員の雰囲気が関東風に慇懃なのも少し引っかかるところです。

ベースのレベルが高いだけに、何とか人気店になって長続きして欲しいところですけどね~。

嵐風ラーメン / 北浜駅なにわ橋駅天満橋駅

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
火曜日は、長女が小学校の卒業式で、私も1日休みを取っておりました。

育ち盛りでむちゃくちゃ食べる長女の希望で、最初はランチを焼肉食べ放題にする予定だったのですが、何かと出し物が長くて終わったら1時を過ぎており、焼肉食べ放題の値段が上がってしまうために断念。第二候補として、もとフレンドリーだった場所に出来たハッピーコングというステーキファミレスに行きました。

こちらの売りは、カレーやデザート、パン、スープまで付いている充実したサラダバーが全てのメイン料理についている事で、入り口には何と作り放題のわたあめマシンまであったりします。

IMG_2667

とりあえずサラダバーの第一弾を盛ってパチリ。カレーはまあ普通の業務用って感じですが、ちゃんと福神漬けまであるのが親切ですね。サラダのアイテムの品数も多くて不満はありません。

IMG_2668

自分のステーキは、塊肉では一番安い肩ロースのステーキ150g(980円)をオーダー。ちょっと肉と脂身の間にある筋が切れずに往生しましたが、肉は厚みの割にそれほど固くなくて思ったより食べやすかったです。

逆に、薄切りのキッズステーキのほうが硬くてまだ乳歯がほとんどの次女には食べにくそうでした。が、彼女らはデザートとわたがし、ジュースがあればご満悦なのでいいんですけどね。

サラダバーやご飯は2度ほどおかわりして晩御飯がアテだけで十分なほど腹一杯になりました。これで980円というのはやっぱお得ですよねえ・・・肉の原価っていくらなんだろうか(笑)。

ハッピーコング 巣本店ステーキ / 萱島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
鄙びた雰囲気が漂う京阪門真市駅西側の門真銀座商店街にあって、夕方となれば次々に買い物客が訪れるテイクアウトの揚げ物店があります。

ichifuji2

メニューは非常に幅広く、コロッケ、トンカツ、ミンチカツ、ハムカツといった定番から、エビフライやビフカツ、野菜の天ぷら、春巻き、揚げ物じゃないハンバーグやポテサラ、スパゲティサラダまであったりと、ここ1軒で家族の晩御飯がまかなえるぐらいです。

ichifuji

値段はショウガ天の40円、野菜天が50円、イワシフライが80円と激安。70円の自家製コロッケは、大ぶりな上に不自然な甘さが無くてしっかり肉の旨味が感じられ、ご飯にも良く合う美味しさ。海老が入っていながらもたった80円のよせあげ、タコ天のタコなんて1個5cm角ぐらいの大きさが刺さって150円ですからね。

あと、意外に侮れないのがハンバーグ。見た目通りの肉々しさと粗めに切られた玉ねぎの甘さが絶妙で、160円なのにヘタな洋食店よりも美味しいですよ!

詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

一藤コロッケ・フライ / 門真市駅西三荘駅古川橋駅

昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
守口~寝屋川に至る京阪沿線は大阪でも屈指の庶民街で、天満や京橋、西成といった一部の特殊なエリアを除いた中では比較的立ち飲み屋が多い地域なのですが、最近はさらにその数を増しているようで、この店もその新興店の中の1軒です。
とは言え、もともと商圏が大きくない地元客が中心の地域でもあるので、昔からの酒屋の角打ち以外の店は椅子を置いて座り飲みにしてしまっているところが多いですね。そんな中でも、こちらはあくまで立ち飲み営業で勝負されてます。
メニューの中心は鶏肉の串焼き。炭火じゃなくて鉄板で押さえつけながら焼く「くわ焼き」の手法で調理されています。

1本120円からという値段で、肉はやや小ぶりではありますが大山どりを使っていて味は良好。その他、刺し身やミンチカツなど簡単なアテがいくつか。
あまり料理に凝ったものは無いですが、クリアアサヒの中ジョッキが150円、生中とチューハイが230円、大瓶が390円で飲めたりと酒が安いのが嬉しいですね。
場所は京阪門真市駅南側にあるイズミヤに面した角。門真の店としては珍しく分かりやすい場所にあるのも相まって、門真立ち飲みのランドマークと呼べるお店ですね。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

立呑屋さん立ち飲み居酒屋・バー / 門真市駅古川橋駅西三荘駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ