カテゴリ: 門真市

スポンサードリンク
最近の天候不順で、仕事場近辺でのランチ店の更新が続いたので、たまにはディープな店を連発してみます(笑)。

門真団地近辺は、中国人及び中国残留孤児の住人比率が多い地域としてつとに知られていますが、その割には中華料理店は昔ながらの店が多くて、少し離れた横堤にある純太楼以外はそれほど現地仕様の店は見かけなかったんですよね。
その門真団地のすぐそばに、昨年秋に出現したのがこの「宇洋軒」さん。
鶴見で日曜日に行われている中国朝市の内容を見ても、やはり残留孤児の皆さんが育った中国・東北地方、いわゆる満州地方の物産が多かったりするのですが、ここも炭火の串焼きを始めとして羊肉のメニューが充実していて、油と香辛料がふんだんに使われたこってり味が多く、神戸に多い広東料理とは性格が全く違うタイプの品が多いです。
例えば上の写真にある水煮肉片なんかは、ホールのチリと花椒を煮立たせた油が、豚肉と青梗菜が詰まったラーメン丼にたっぷり注がれていて豪快そのもの。

炭火で焼かれる羊の串焼きは、北京とかで食べるものはタレに漬け込んだような味付けだったりしますが、ここのはシンプルにクミンホールとチリ、塩だけで焼かれており、私が大好きなウイグルの「カワプ」を思わせる味付けで大変気に入りました。
もちろんそんなマニアックな品だけじゃなく、チャーハンやから揚げ、ラーメンといった日本人向けのメニューも揃ってますのでご安心を。
これだけ本格的な味が楽しめながら、串焼きは1本100円均一、ボリュームのある一品料理はほとんどが1000円以内、ご飯お代わり自由の定食が600~700円、チャーハンもてんこ盛りで450円と、王将とさほど変わらない値段で食べられるのは嬉しいですよね。
もう一つ特筆すべきなのは、ネイティブの経営の割りに従業員の愛想がとてもいい事。20年ほど前に中国本土を旅した経験がある人間からすると、それはそれは凄まじいギャップです(笑)。東北地方の人って根が親切なんでしょうかねえ・・・?
駐車場は無いしアクセスはかなり悪いですが、定食は一日中食べられますし、そもそも串焼きが夜しかやってないので、是非ディナーで訪れて、中国人たちと共にビールや白酒で宴会を楽しんでください。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

宇洋軒 (中華料理 / 大和田、萱島)
★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
私が緑橋にある「得一」を本サイトに掲載した頃は、まだ千林と土居にしか店が無くて、ほとんどネット上に情報が無い知る人ぞ知る店だったのですが、今や扇町店を筆頭として、全国に名を知られる存在にまでなってしまいましたね。

でも、その得一グループに座り飲みの形態を持つ店がある事は、まだ知っている人は少ないのではないでしょうか。それが、古川橋商店街の西端にある、この「得助」さんです。
確かこの得助の支店が西三荘にあったのですが、そこが立ち飲みの得一に変更されたと思ったら、あっという間に閉店してしまったので、おそらく得助と名が付けられているのはこの店だけでしょう。

得一得意の海鮮系のアテは、グループ特有の(活)とかが丸で囲んで書かれているおなじみの手書きメニューに書き込まれており、値段も200円台からあって非常にお安いです。
でも、それ以外の串カツや焼きそばといった居酒屋メニューは、およそ300~400円台といったものが多くて、海鮮に比べてかなり高め・・・酒もビール中ビンが350円で、得一に比べると全体的に少しずつ高いですなあ。ま、座り飲みだから仕方ないか。
個人的なこの店ならではのお薦めは、上の写真にある鯛や鶏、山菜などの具が揃った「釜飯」。固形燃料を使って客席で炊かれるので、アツアツをフーフー言いながら味わう事が出来ます。1人前で値段は580円(山菜のみ480円)ですが、お茶碗に2杯以上取れるボリュームだから、複数の人数で行けばお得に楽しめますよ。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

得助 (居酒屋 / 古川橋、門真市)
★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
門真市にある公園に隣接した民家の一部を使った、よくあるキャベツ焼きの店なんですが、ここのユニークなところは「せんべいもの」が充実しているところなんですよね。

たこ焼き屋で、たこ焼きを醤油味のせんべいではさんだ「たこせん」という品を見かけた人は多いと思いますが、こちらははさむのではなくて載せているタイプなのです。

バリエーションも、玉子焼きに細かく切った焼きそば、チーズなどがあって、それらを組み合わせて、100円~200円までの種類が作られています。
その中で驚いたのは「キャベツせん」で、何と普通のキャベツ焼きがせんべいに挟まれていてビックリしました。無理にせんべいに合わせる必要ないんじゃないの?(笑)
せんべいシリーズ以外にも、フランクフルトや普通の焼きそば、オムそばなんかもありますよ。
味はまあ想像通りのもんですが、安くて気軽なおやつとして公園に遊びに来る子供たちにとても人気がありますね。いつもご馳走様!
粉安
住所:大阪府門真市下馬伏216
定休日:木曜、雨の土日祝

[map:大阪府門真市下馬伏216]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
かなり以前から、古川橋駅前のダイエー南裏にあるこの店のボリュームが凄い、という噂は聞いていたのですが、これだけ凄いとはさすがに予想外でした。

何せ、料理は直径30cm近くはある皿にどれもどっさり乗っかり、付け合せには5~6個載った野菜のフライやサラダが敷き詰められ、皿の上には空いたスペースがほとんど見つかりません。しかもこれに、皿にビッシリと敷き詰められたご飯、野菜スープが付くのですからねえ・・・

アメリカの食堂では、料理の載せた皿にスペースがあると、客からクレームが来るという話を聞いたことがありますが、当然ここはアメリカじゃありませんからね(笑)。
味のほうは、やはり若干大味で、デミグラスなどの塩気もぼやけた感じがありますが、このボリュームで塩味がバッチリ効いていると、それはそれできついものがあるので、それなりにバランスが取れているのかもしれませんけどね。
一人で行くのは大食いでもない限りはしんどいかもしれませんが、ランチタイムなら定食が780円からいただく事が出来、子供と一緒に行って分けると大変安くついてお得な店ですよね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

ぷてぃあう”ぃにょん (洋食 / 古川橋、門真市)
★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
ダイエー古川橋駅前店の南隣にあるこの店の前は、それこそ今まで数え切れないぐらい通っているのですが、平日の昼は閉まっているし土日もなんか開いてるような開いてないような感じだったので、何となく訪れる気分にはなれませんでした。

が、最近ふとこのあたりを通りがかったときに、ちょうどタイミング良く焼肉の気分になったので、ランチメニューをやってなければ軽く2皿ぐらいつまむつもりで行ってみました。
店を入ったレジのところにもランチメニューが無くて一瞬後悔しましたが、席に着くとちゃんとランチメニューが置かれていて一安心(笑)。
ランチは熟成ハラミランチの680円からありますが、まずは一番無難そうな焼肉カルビランチの肉1.5倍(980円)にしてみました。
肉は思ったよりもちゃんとサシが入っていて柔らかくて味があり、これに焼き野菜ともやしナムル、チシャ菜、石鍋に入ったスープがついて980円とはかなりい~んじゃないですか? 少なくとも、肉質については近所の食べ放題店であるワ○カルビとは比較にならないと思いました(笑)。
これから、このあたりで土日に昼飯を食べるときには選択肢が広がりますね♪

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ