カテゴリ: 東大阪市

スポンサードリンク
この日は摩耶山リュックサックマーケットで使うクスクスを買いに、東大阪のやまやまでお出かけ。

それにしても、クスクスはちょっと前までイオン東大阪がカルフール時代から取り扱ってくれていたのに消えちゃったし、やまやでも箱入りの在庫が2つだけだったので焦りました。一応カルディでも売ってるけど高いし、やまやの入荷が無くなると厳しいですなあ・・・

そのついでの昼食は、久々に近大前のマッチョ本店に行きました。最近は野菜不足だったのでオーダーは並の野菜マシで。

店内の張り紙に、最近は野菜高騰なので大の野菜マシで残した人には金をいただく可能性がある、みたいな事が書いてあって心配しましたが、その言葉が嘘のようなてんこ盛りが出て来てビックリ。しかもキャベツ多めなのが嬉しいですね。

IMG_3452

でも野菜は良いんだけど、この日はスープの濃度が薄くて醤油ラーメンみたいになっていたのでガックリ。まあこれだけの量でコッテリだと結果的にキツかったかもしれませんが、最近の千日前店がそこそこ濃度があっただけに意外な落差でしたねえ・・・

まあ場所的にも当分再訪は無さそうな感じでしょうか。ごちそうさん。



関連ランキング:ラーメン | 長瀬駅

スポンサードリンク

スポンサードリンク
巷で流行の創作系ラーメンにはついて行けませんが、相変わらず二郎系と家系ラーメンには目のない私・・・(笑)

最近はやたらとラーメン店が増殖しつつある近大前商店街に、家系のラーメン屋が出来たと聞いてから随分日にちが経ってしまいましたが、ようやくデータをアップする事が出来ました。

東京の中野にある「武蔵家」が手がけている店だそうで、関大前にも同じ系列の店があるそうですね。

kyoudouya

ほうれん草と海苔、肩ロースのチャーシュー、麺の硬さ、鶏脂の多さ、タレの量を指定できるシステム、ゴマ、酢、豆板醤のトッピングはまさしく家系王道です。

スープの味は本場の家系に比べると幾分ライトで、油の量も少なめ。チャーシューとほうれん草は柔らかくて美味しいですね。

値段は1杯600円と安いですが、その分麺の量はちょい少なめかな・・・ただし、学生街にあるので大中小サイズあるライスが無料で、きゅうりの漬物も完備してあるのが嬉しいです。

kyoudouya2

700円のつけ麺は、麺と具はそのまんまで、スープを濃い目にして酢を若干加えただけなのであんまりラーメンと代わり映えがしません。値段を考慮するとラーメンで十分ですね。

クーポンでトッピングが1つサービスだったりするので、海苔を増量してご飯にまぶして食べるのがオススメ。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

教道家ラーメン / 長瀬駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
鴻池新田駅から歩いて10分、駐車場も店の前に2台程度とアクセスがそれほど良くないにも関わらず、休日のランチタイムには常時行列が出来る人気のうどん屋さん。

持ち帰り店を併設しているので、何となく関西風のふにゃふにゃ麺を出しそうなイメージがあるのですが、モチモチした食感と粘る腰が特徴的な手延べうどんを提供されています。今や大阪は讃岐風うどん全盛の時代ですが、それとはまた違う手延べタイプは非常に珍しいですよね。

rinori

うどんの真ん中は普通の平打サイズですが、端っこになると横幅が3cmはある幅広になっていて、いかにも手でびよーんと伸ばしましたという変化が楽しいです。逆にそばは細身でシュッとしており、香りもなかなかのもの。

rinori3

天ぷらうどんは大きな海老天がどーん、そしてうどんの入れ物も囲炉裏鍋になっていてこれまた巨大。

rinori2

もう1つの売りは丼もののボリューム。特にカツ丼は、大ぶりなどんぶりに厚さ1cmはあるカツがびっしりと敷き詰められ、大人男性でも持て余す巨大さ。ダシは濃い目の甘辛、玉子もたっぷりで後半は飽きが来るぐらい。

カレーうどんのルーもこってり甘辛で牛肉たっぷりと、こちらも若者や男性を中心に人気が高いです。

麺類とどんぶりのセットが非常に充実しているのも特徴で、値段が同じなら料理を入れ替えたりも出来るみたいなので、メニューをじっくり眺めて熟考しましょう!

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

利乃利そば・うどん・麺類(その他) / 鴻池新田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
近鉄布施駅からは南北に大きな商店街が伸びていますが、ちょうど南のどんつきのところに小さな立ち飲み屋があります。まだ食べログ未掲載の超マイナー店。

takara

おそらくご主人1人でやっているようで、アテはあまり手の込んでない簡単なものが多いのですが、何しろ値段がどれも激安!

takara2

クラッカーやチーズ、ゆでたまごが50円、ハムがゴロゴロ入ったポテサラや4個入った揚げ焼売なんかがたったの100円で、足半本分の豚足に、きのこたっぷりのホイル焼き、スモークサーモンにブルーチーズなどが200円ですからね。

酒もまた激安で、ビール大瓶が380円なのを始めとして、チューハイやウイスキーが200円、焼酎は200円より、カチワリワインも250円と酒屋もびっくりなお値段。

ボリュームだけで言うと、前回に紹介した門真のかわばた酒店のほうが上ですが、酒の値段はこちらのほうが若干安く、まあ商売っけのない店であることには変わりありません。

のれんに屋号が無くて提灯だけが目印、客は常連がほとんどを占める店ですが、新参者にも比較的入りやすい雰囲気だと思います。布施のはしご酒でぱっと寄ってぱっと引っ掛けて帰るのに適した店ですね。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html


大阪府東大阪市足代南1-3-2
水曜
17:00-22:00
スポンサードリンク

スポンサードリンク
先日、スーパーマルナカへ煮干しを買いに行ったついでに、近大前まで足を伸ばして大阪における二郎系ラーメンの草分け、「マッチョ」の本店に行って来ました。

この日は土曜日だったのですが、開店すぐに入ったにも関わらず店内は学生さんであっという間に満員。最初はガラガラでゆっくり食べられたのですが、安定した人気になりましたね~。

私のオーダーは釜玉(600円)。難波の店には無いメニューで、玉子の黄身と醤油ダレ、ほぐしチャーシュー、刻みタマネギであえて食べる品です。あんまり二郎系っぽくは無いメニューなんですが、シンプルながらバランスが良くてお気に入りです。

でも、以前来た時は値段がワンコインだったと思うのですが、いつの間にか値上がりしてしまいましたね。

デフォルトだと野菜が乗らないので、50円アップで野菜オプションを付けました。で、せっかくお金を払ったので野菜マシで頼んだらこの通り・・・

IMG_2761

下の麺も具も何も見えないので、全然料理の紹介になってませんね・・・(^_^;) 当然ながら死ぬほど腹一杯になって晩御飯はほとんどいらずに済みました(笑)。

しかしまた最近新しいラーメン店が出来たみたいですし、すっかり近大前商店街はラーメン激戦区になっちゃいましたね~。老舗のマンサクラーメンとか生き残って行けるんでしょうか?



関連ランキング:ラーメン | 長瀬駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ