カテゴリ: 東大阪市

スポンサードリンク
この店を最初に掲載したときは、ちょうど塩タンの提供がストップしていた時期で、その後掲示板などで塩タンが復活したとの情報をもらってはいたのですが、なかなか再訪が出来ていませんでした。
で、ようやく杉ホルモンの塩タンを堪能してきました!

その塩タンのお値段は750円で、平均して厚さ3mmはある生のタンが皿にずらりと並べられています。すき家の牛丼並に薄くペラペラに切った切り身をうやうやしく並べて4桁取っている店が珍しくないことを考えれば、これは破格のコストパフォーマンスですよね。
肉質的にはちょっと固い部分もあったので、塩タン単体のコストパフォーマンスとしては大寅食堂に少し分があるかなと思いますが、それでも素晴らしいことには変わりありません。
この日は他に行く店があったので、塩タンと焼きにんにく、ビールだけのオーダーでしたが、キャベツとタレが無料で付いて来るので、合計1400円ぐらいで結構お腹が膨れましたよ。
店はいつもどおりの煙モクモク客燻製状態で、近大生がバカ盛り飯と肉を掻っ込んでいる姿も全く変わっていません。
いつまでも頑張って営業してもらいたいB級グルメの至宝ですな!

杉ホルモン (焼肉 / 長瀬駅、JR長瀬駅、弥刀駅)

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
駅前の商店街に数多くの店がある、東大阪屈指の立ち飲みエリア布施の中でも、最も早起きなお店と思われるのがこちら。

客層は、近所のご隠居さんと思われる年配の方がほとんどで、皆さん朝や昼にふらりと訪れては、「焼酎ダブル、じゃがいも」のように酒とアテ1品だけで、さっと帰って行く粋な方が多いです。
私も将来はそんな暮らしをしてみたいなと思ってしまいますが、そのためにはまず引越しをしないといけないという現実が(笑)。
アテの小鉢類は量少なめで、天ぷらは揚げ置き、おでんは何の変哲もない鰹ダシでそれほど個性はありません。酒も大瓶が410円、焼酎が250円からとごくごく標準的なお値段。
でも何か、店と客が醸しだす雰囲気がすごく心地良くて、ついつい立ち寄ってしまう魅力があるお店だと思います。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

小西酒店 (立ち飲み居酒屋・バー / 布施駅、小路駅(大阪市営)、新深江駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
最近はもっぱら千日前店しか行ってなかったマッチョですが、この連休に珍しく一人になれる時間が出来たので、久々に本店の味を確かめに行ってきました。
近大はちょうど卒業式だったようで、晴れ着の学生さんがたくさん来ていて華やかでしたね。

そんな青春とはすっかり縁遠い年になってしまったなあと、ひとりごちながら店の表を見ると、なにやら「釜玉チャーシュー」なるワンコインメニューが出来ているようで、せっかくなのでそれを試してみることにしました。
店員に内容を尋ねてみると、茹で上げた麺に甘辛いタレとほぐしたチャーシューが載ったものらしく、デフォルトではニンニクと野菜が載らないそうです。でも、マッチョまで来て野菜とニンニク無しというのも寂しいので、50円追加して野菜をプラスする事にしました。
そうなると、パッと見はほとんど混ぜそばと変わりませんな(笑)。
味の方は、意外とあのぼそっとした二郎麺と卵、ほぐしチャーシューの食感がマッチしていておいしいです。背脂が入ってないので、食べた後に胃がもたれるような事も無いのがいいですね。
ただ、野菜を追加したせいで水が出て最後は味が薄くなってしまったのが残念。このメニューに関しては、カラメにするか野菜なしのほうがいいかもしれませんなあ。
新しく出来た道頓堀店では、つけそばなる新メニューが出されるそうですが、釜玉チャーシューが本店だけというのもちょっともったいない気がしますね。ご馳走様!

マッチョ (ラーメン / 長瀬駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
東大阪市役所やカルフールがある、近畿自動車道と阪神高速が交差する北東の角エリアに、JAグリーン大阪という施設があります。

その中に、木曜を除いた毎日9時半から15時半まで、フレッシュ・クラブという朝市、実際には道の駅の野菜直売所のような屋内施設があり、そこで格安の野菜や地元の物産品を買うことが出来るようになっています。
以前にここで紹介した星鶴醸造の醤油やソース、珍しい馬肉のすじ肉なんかも売ってたりするのですが、中でもおっと思ったのがこの品。

これを見てピンと来た方は、相当なインド料理マニアと見て間違いありません(笑)。
見た目も材料も、ソヤ・チャンクス、ベジミートと呼ばれるインドの菜食料理に使われる食材そのものですよ! 日本でも自然食品の店に行くと売っているという話ですが、ここなら安く手軽に買えますよね♪
ソヤ・チャンクス自体は既に私の家に在庫があるのでこの時は買いませんでしたが、次のグルコバでそれを消費する予定なので、またその後に買ってみたいと思います。

大きな地図で見る
スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は、年末恒例となっている、鶴橋市場への正月食材の買出しに出かけました。

今年は、買い物ついでに「すしぎん」でおいしい寿司をつまむ予定だったのですが、いざ出かけてみるとどうにも体調が宜しくない・・・
とりあえず、何か温かいもので少しお腹を満たしたくなったので、朝から営業している高井田系ラーメンの元祖として知られる、「住吉」に立ち寄りました。
まだ時間的には10時を回ったところだったのですが、結構お店にはお客さんが入っていて、中には一家揃って来られている方もいて、持ち帰り用にスープを酒の瓶にそのまま豪快に詰めてもらってましたよ(笑)。
久々の住吉のラーメンは、以前に比べると醤油濃さが薄くなったような気がしますが、榮大號の極太麺にあっさり鶏がらスープ、酸味を感じるメンマ、シンプルに作られた意外と柔らかいチャーシュー、そしてぶつ切りのネギが入ったラーメンは、値段もワンコインだし朝方に食べるにはちょうどいい軽さですよね。
さて、少し元気が出たところで鶴橋市場へと向かいますか!


関連ランキング:ラーメン | 布施駅、新深江駅、小路駅(大阪市営)


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ