カテゴリ: 東大阪市

スポンサードリンク
二郎インスパイア系のラーメンを出していた近大前のマッチョさんで、新しくまぜそばがメニューに加わったとの事で食べに行って見ました。

ここには土曜にしか来た事が無く、大学が休みだとは言え、昼時にしてはちょっと客入りが寂しいかなあと思っていたのですが、この日はほぼ満席になっていて少し安心しました。まあ、今や行列が当たり前の「麺や紡」も最初はガラガラでしたから、これからマスコミなどで取り上げられ始めると一気にブレイクするかもしれませんしね。
まぜそばの値段は、並が700円で、中・大と50円ずつアップしていきます。
そのまぜそばですが、並用の丼から溢れんばかりに麺・野菜・刻みチャーシュー・ニンニク・ガーリックチップが乗っていて迫力満点です。卵の黄身も入ってるんだけど、具に埋もれて見えません(笑)。麺の量は明らかにラーメンの並よりも多いですよ。
丼の底には少量のスープが入っており、完全な汁なしでは無いタイプですね。コショウも最初からタレに加えられているようです。野菜の量も多いですが、最後まで味が水っぽくなる事はありませんでした。
ただ、まぜそばに加えられているカレー風味については微妙・・・これが好きな人もいるかもしれませんが、個人的にはどうしても違和感を感じてしまいましたね。あと、脂がストレートに口まで来るだけに、最後のほうはちょっとしつこかったです。
その部分を除けば、値段の割りにボリュームも内容も豪華ですし、今大阪で最もお薦めできる合え麺系の品だと思いますね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
今や梅田や難波にまで店を出すようになった高井田系ラーメンのチェーン店ですが、いつの間にか中環沿いの若江岩田付近にも店が出来ていました。

この店の少し北には、長浜ラーメン夢街道という店があったのですが、いつの間にかそこの店長が独立されたようで、兆良という名に変わってましたね。メニューを見る限りはラーメンは以前と同じ豚骨風ラーメンという感じでしたが。
さて7.5Hzさんのほうですが、メニューはラーメン、チャーシュー麺、塩ラーメン、おにぎりとシンプルな構成で、ラーメン小は450円と安いですね。店も6人座ればいっぱいという狭さです。
ラーメンはキリッと立った醤油味で、若干酸味を感じるところが高井田系ならではという感じですね。チャーシューが意外とトロトロでおいしかったので、次はチャーシュー麺を食べてみたいですな。
600円の中とビールで十分腹が膨れました。ご馳走様!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
以前は、スープの上には分離した油の層がたっぷり載っていたマッチョのラーメンでしたが、乳化がされるようになったという噂を聞きつけ、確かめに行って見ました。

油の層はまだ多少残っていますが、噂の通りに乳化がきっちりされており、少しほっておくとゼラチンの層がスープの上に作られたので、豚皮の分量を増やした効果で乳化が進むようになったのではないかと思われます。ただ、スープのコクは前回のほうがあったかな?
そして固かった豚ウデ肉のチャーシューは、良く煮込まれてホロホロと崩れるようになっていました。量もデフォルトで6切れぐらい入っていて食べ応え十分。ただ、柔らかくなった分、タレを吸い込むスピードがアップしたのか、かなり塩辛くて1切れ残してしまいました・・・スープを辛めにしたのもまずかったかも。
野菜は相変わらずデフォルトでは少なめ。シャキシャキモヤシが入ったのは嬉しいですが、個人的には豚の量を減らして野菜をアップして欲しいかな~。まあ、野菜増しにすればいいんでしょうが、もし物凄い量が来て食べきれなくなってしまうのが怖くて、まだ頼んだ事がないのです(笑)。
でも、この短期間で別物といって言い位の進化を遂げましたね。スタッフの努力に感謝です。
これから別の場所に支店を出すという噂がありますが、是非市内のアクセスの良い場所を期待したいですよね~。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
オープンした直後に一度訪れたときは、正直言ってまだ完成度が低いなと思っていた近大前の二郎系ラーメン「マッチョ」ですが、そろそろ出来も安定するようになったかなと思い、再訪してみる事にしました。

以前は酸味とコクの無さが気になったスープのほうは、今回はカラメにしたせいかショウガっぽい酸味はあまり気にならず、前回よりは豚肉のコクが良く出ていておいしいです。ただ、相変わらず液体油が過剰なので、乳化させるか量を減らして欲しいところではあります。
ウデ肉と思われる豚はやっぱり固めでみっしりとした歯ごたえがあり、ボリューム的には十分。でも個人的にはもう1~2時間ほど長く煮込んで柔らかくして欲しいところですねえ。もしくは夢や地球のようにバラ肉も使うか。
そして、既に前からなかなか良かった麺ですが、この日はちゃんと固めの太麺でありながら堅すぎる事は無く、スープに溶け出すことも無くて素晴らしい出来。これで麺に関しては、関西の二郎ではトップクラスになったのは確かでしょう。
野菜については、以前に比べるとクタクタキャベツが減ってモヤシが増えたのはいいのですが、写真の通りデフォルトでは野菜が少なめ。最近のキャベツ高騰の影響で一時的な対処かもしれませんが、野菜マシのコールでどれくらい増えてくれるんでしょうか? あと出来れば、モヤシを太モヤシのほうにして欲しいかな。
などと、いろいろ文句を書いてはいますが、それだけこの店のポテンシャルを高く買っている証拠でもあります。関西の二郎系はそれなりに増えては来ましたが、笑福や角ふじ系はやっぱり直系の方向性とは違うものなので、マッチョさんには直系ど真ん中のスタイルで高いレベルを実現してもらいたいところですよね!
と言うわけで、今回から本サイトに掲載する事にしました。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

スポンサードリンク

スポンサードリンク
時の移ろいは早いもので、ついこの間まで大阪にも二郎系が欲しいなあと思っていたのに、笑福は西本町に2店目を出すわ、近大前に直系の流れを汲む店が出来るわでビックリですわ。

その近大前に出来たほうが、マッチョといういかにもな店名の店で、東京の二郎で7年ほど修行されていたらしく、直系っぽくメニューはラーメン一本のみで、あとは発泡酒などのドリンクがあるだけのシンプルさです。
サイズは並・中・大とあり、並は200g、中が300gで、大の麺量は不明ですが、大を頼んでいた方の丼を見ると、かなり巨大だったので400g以上ある事は確実だと思います。
店の表にある製麺室で作られた麺は、二郎標準のオーションという小麦粉を使用していますが、本家に比べるとやや加水率が高めの細身の麺で、ゴワッというよりはブリッとした印象ですね。
野菜はほとんどがキャベツで、大ぶりに切られたものがクタクタになるまで茹でられていて、野菜マシにしなくてもかなりの量が入っています。個人的には、もうちょっとシャッキリ茹でている方が好きかな~。
豚はノーマルで大ぶりの塊が2個で食べ応えがあります。歯ごたえは固めで、こっちは野菜とは逆にもっとトロトロになって欲しいところ。
スープはかなり多めの液体油が浮いていますが、塩気は東京よりも抑えられており、若干の酸味を感じます。私が食べたときはスープのコクはいまいちでしたが、ネットでは逆に評判がいいので、出来がブレた時に当たってしまったんでしょうね。
直系ゆかりという事で期待が大きすぎた部分もあるでしょうが、これならまだ門真の太陽軒のほうが豚を除けば二郎らしいワイルドさがあるかなあ・・・
とにかく、この日の出来だけで評価を決めるとあんまり良くはならないので(笑)、当たりの日の評価もしてから本サイトに載せようと思います。てか次は当たってくれないと困る。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ