カテゴリ: 東大阪市

スポンサードリンク
半世紀も前から新世界で串カツ店を営業していた老舗が、突然2年前に八戸ノ里に移転したというので、その当時は結構びっくりした覚えがありましたね。

その「ちとせ」は、新世界にあった頃から、周りがどんどんと資本の波に飲まれていく中で、古きよき家族経営の串カツ店として地元民には知られていたお店でしたが、そこがとうとう新世界を離れたという事で、一つの時代が終わったように感じたものでした。
今回久しぶりに、移転後では初のちとせさんに訪れましたが、新世界の頃よりも店内は明るく活気があり、かえって現在の人間臭さが全く感じられなくなった新世界で無理に営業してなくて良かったように思いましたね。
まあ、質と値段を比べたコストパフォーマンス的には八戸ノ里ローカルではなくて新世界レベルではありますが(笑)、清潔で明るい雰囲気・テーブル席完備で、老若男女が等しく新世界スタイルの串カツを楽しめるという点では、非常に価値の高いお店だと思いますね!
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

ちとせ (串揚げ・串かつ / 八戸ノ里、河内小阪)
★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
もう既にこの店は本サイトのほうで載せてしまってますが、ブログの記事に写真を載せていなかったので改めてエントリー。

住道には、週末は持ち帰りの予約があっという間に埋まってしまう「丸正」という餃子の有名店がありますが、「としや」さんはそこから独立された方のようで、ほぼ同じクォリティの餃子が待ち無しでいただけます。
しかも、個人的には本家より生姜が効いていて好みですし、しかもこちらで餃子を買うと、生野のチャンピオンのように、ラー油の沈殿物を一緒につけてくれるサービスがあるのだから嬉しい限り。
極薄の皮と、野菜がたっぷり入った柔らかい具のコンビネーションは相変わらず絶妙で、酢醤油+唐辛子沈殿物をつけて食べるとビールがぐいぐい進みます。
店に駐車場は無いですが、目の前にスーパーとコンビニがあるので・・・以下自粛(笑)
住道の南には天華という、そこも丸正から独立された餃子&ラーメン店があるようなので、一度そちらにも行ってみないといけませんね。

餃子専門店としや (餃子 / 石切)
★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
不定期絶賛連載中(嘘)の中華カツ丼行脚。

今回は、旧外環状線と国道308号の交差点付近にある「福聚軒」さん。
東大阪近辺は、若江岩田の天秀とか明洋軒とか、何気に中華カツ丼をメニューに置いてある店が多い激戦区(?)なんですよね~。
ここは以前に掲示板で情報をもらっていたお店で、自宅からは結構遠いし店に駐車場が無いのでなかなか行けなかったのですが、カレーリーフを取りに行った帰り際のついでに寄って見ました。
店はまさに田舎の食堂(枚岡が田舎という意味じゃないですよ)といった雰囲気で、座敷もあって広々としており、客もそれほど多くなくてのんびりとした空気が流れています。
料理はだいたい600円~700円以上とちと高め。でもチャーハンや一品料理には(小)というオプションがあるのでボリュームは多いのかもしれません。
そしてお目当ての中華カツ丼(800円)は、中華用丼じゃなくて楕円形のカレー皿にご飯とあんかけにしたとんかつが載っており、とんかつは肉質・火の通し具合ともに中華のそれとしては悪くなく、サイズはかなり大きめで食べ応え十分。餡のボリュームも多いので全部食べるとかなり腹いっぱいになります。
ただ、あんかけは私の好きな甘辛じゃなくて、中華丼風の味付けでした・・・これはこれで悪くないんですけどね。後から来た客が頼んでいたとんかつ定食もおいしそうでした。
本当ならもっと通って本サイトに載せてから紹介したいところなのですが、ちょっと場所が辺鄙すぎて何度も来れそうにないからな~。でももし次行く機会があれば、カレー丼も食べてみないとね♪
福聚軒
大阪府東大阪市南荘町9-37
072-987-0533

[map:大阪府東大阪市南荘町9-37]


スポンサードリンク

スポンサードリンク

さらにガッツリ店のアップを行きますよ!(笑)
次は東大阪の川田にある、精肉店を併設したステーキや焼肉などの肉料理全般を提供するレストラン「助春」のランチ。
ここは関西一と呼ばれるミンチカツが非常に有名で、ランチなら単品でたったの200円で食べられるという事で、超ど辺鄙な場所にも関わらず、ランチタイムには多くの客が詰め掛ける店です。
人気は何と言っても100gサイコロステーキとミンチカツがセットになったメニューで、ご飯の大盛りが無料で890円という値付けはバーゲンもいいところですね。
売りのミンチカツは、ソースが水っぽいカクテル風のケチャップソースなのが損をしてますが、関西一とは言い過ぎなまでもさすがのジューシーさで、ステーキもこの値段ならまずまず合格の肉質でしょう。
あと意外といけるのがポークカツで、上の写真のヒレカツ定食なんかは薄手ながらも手のひらサイズの柔らかいヒレカツが4個も付いて840円はなかなかの満足度。
巷が誉めそやすほどCPや味がものすごいというわけではないですが、料理屋に乏しいこのあたりでは白眉のお店なのは間違いありませんね。
評価はこちら>>大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店

和牛処 助春 (ワギュウドコロ スケハル) (ステーキ / 吉田)
★★★★ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク

地魚屋台とっつぁんや中津まぐろや、赤羽トロ函といった屋台風のしつらえに豪快系の海鮮を出す居酒屋が流行ですが、その先駆けになった店と言えばここでしょう。もっとも、イメージ的なルーツとしては京橋の「とよ」からの発想かなとは思いますが。
ここも開店以来順調に商売は繁盛しているようで、布施の本店を皮切りに周辺に3つの店を出し、今や鶴橋やなんばCITYにまで店を出すなど、どんどんと営業を拡大しつつあります。
特徴的なのは料理のボリュームで、写真の刺身盛り合わせを筆頭として、揚げ物や焼き物などは軽く2人前はあり、一人だと3品も頼めば腹がいっぱいになってしまいます。
カウンターがあるので一人酒でもOKですが、じっくりと酒とアテを楽しむには大味過ぎるきらいがあるので、どちらかと言うと皆で宴会をやるのに向いた店でしょうね。
評価はこちら>>大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店

岩山海 布施本店 (居酒屋 / 布施)
★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ