カテゴリ: 新世界

スポンサードリンク
もう数年前から串カツテーマパークと化してしまった大阪新世界。

今でもぎふや食堂のような古い店が潰れたスペースに、どんどん串カツ店を開いたりしているようですが、あべのハルカスなどの大型商業施設に話題を取られたのか、何となく最近は客足が止まりつつある気がしますね。

でも金太郎飴串カツ店が無くなったとしても、それで昔の味わいが復活するわけでもないので、地元の人間にとってはどっちに転んでも良いことでは無いんですがね・・・

そんな流転の新世界の中で、酒の穴や半田屋、ぜにや、縄のれん田中屋といった渋い店が頑張っておられるのは心強い限りなのですが、こちらもそんな昔ながらの空気を今に伝える一軒です。

寿司屋ですが寿司自体のメニューは少なめですし、他にはアテがメニューや黒板に数種類とぱっと見は地味ですが、それぞれに丁寧な仕事が感じられて心が温まります。

yakkozushi

湯豆腐には香り高いダシ、三つ葉、鱧が入っており、土瓶蒸しの器に入っていて割烹で出て来てもおかしくないしつらえ。

yakkozushi2

スルメの天ぷらは例のもじゃもじゃ状態ではなくあきまで端正に形よくふんわり揚げられています。どて焼きはトロトロ、ハマグリの酒蒸しはぷりぷり、海老のサラダもウサギさんのりんご付き(笑)。

yakkozushi3

名物のバッテラは脂の乗った鯖と酢飯に挟まれた大葉のコンビが抜群で、マグロはしっかり鉄分が感じられるし、ゲソはレアな仕上げでごきげん。玉子は何と1貫ずつがが小さく焼かれて出てくるという芸の細かさ。

近所の縄のれん田中屋もそうですが、かつて労働者の町だったジャンジャン横丁でこんな丁寧な仕事が生き残っているというのは実に不思議ですよねえ。

今から新しく出来る店では絶対に見られないであろう、値段を度外視した実直な仕事が見られる貴重なお店。末永く営業を続けていただきたいと願うばかりです。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

奴ずし 居酒屋 / 動物園前駅、南霞町駅、新今宮駅)

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
こちらは、以前からマニアックなB級グルメ店としてその筋には知られていたところでして、でも夜のみの営業かつ1品で腹にこたえる中華という事で短期的に回数をこなせず、気がつけばだいたいのメニューを調べるのに結局2年近くの時間がかかってしまいました。
で、気がつけば食べログにも多数のレビューが載ったいっぱしの有名店になっておりました・・・まあ流行りものを追っているわけじゃないのでいいんですけどね。

この店を有名たらしめているのはチャーハンですが、海老と焼豚はたっぷりだけど、玉ねぎや人参が入っていて油多めでしっとりとしていて、いかにもプロ!じゃなくて意外と庶民的な味わいです。
ビーフンも、油はしっかりだけどキャベツたっぷりでやはり良い意味で垢抜けてなく、豚肉料理は塊肉から切り出すところから始まり、蒸し鶏は1枚まるまるもも肉を注文から茹で上げられるなど、丁寧に作られた家庭的でボリュームたっぷりの料理というところに価値があるような気がしますね。
店主さんは釣りがご趣味のようで、時々釣った魚で作った料理が振舞われる時もあって、それもまたローカルな空気で楽しいですよね。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

香港中華料理 / 恵美須町駅、南霞町駅、新今宮駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
今や、串かつテーマパークを目当てに観光客がたむろするスポットになってしまった新世界。
しかしそこの人達をよくよく観察してみると、通天閣と串かつを目当てに来る観光客と、現在では淘汰されつつありますが「あいりん地区」から流れてくる労働者、そしてそれとは別に比較的落ち着いた感じの年配客が存在している事が分かります。
しかも何故か、それぞれの客層がほとんど交わること無く、店によってきっぱり分かれているのだから不思議ですよね。
その3番目に当たる人たちが訪れているのが、こちらの「半田屋」。営業時間は、かつて朝が早い労働者が酒やパチンコ、将棋といった娯楽を求めて集まる街であった新世界の伝統を踏まえて朝10時から夜8時までの朝方営業です。
店は大きなコの字型のカウンターになっていて、雰囲気はやや殺風景ながらも明るく清潔で、昼間からご隠居さんがお酒を楽しんでおられます。

メニューは通し揚げの天ぷらやフライが中心で、刺身や鍋、一品料理なども揃っています。
アジフライや穴子天はホクホクアツアツで、野菜天なども白く上品に揚げられています。どて焼きも濃い見た目に反してさっぱりとした味わいで、丁寧な仕事ぶりが感じられます。
冬場の名物である寄せ鍋は、海老・魚・鶏肉・シュウマイと具がぎっしりで見た目も美しいですよね。
「縄のれん田中屋」、「平野屋」と並んで、偏見を抜きにして酒飲みには是非とも訪れて欲しいお店ですな。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

酒房 半田屋 新世界店 (その他 / 南霞町駅、動物園前駅、新今宮駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
いや、店自体は全然隠れているわけじゃないのですが、この前は何百回と通っている私でさえ、つい最近までその存在に気づいておりませんでした(笑)。

店自体に看板は無く、目印は表にかかっている縄のれんのみ、しかも今や派手な看板がずらりと並んでいるジャン横の中では、エアポケットのように視点の死角になってしまっているんですよね。
しかし、中身はこの界隈では珍しい真っ当な居酒屋で、おでんや巨大なだし巻きに使われているダシは滋味深く、刺身の魚はエッジがピンと立っていて極めて新鮮、ガッチョやアカシタという珍しい品が並ぶ魚のから揚げなど、どこを取っても外れがありません。
値段はそれほど激安というわけではありませんが、きれいな鯖の刺し身やヒラメの昆布締めが500円、盛り沢山の天ぷら盛り合わせが600円と、質を考えたらCPはかなり高いと言えますね。
観光客は皆無ですが、常に常連で賑わっていて地元の人に愛されている良店だと思いますね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

縄のれん田中屋 (居酒屋 / 南霞町駅、動物園前駅、新今宮駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
今や新世界と言えば串かつ屋と再開発未満の穴ぼこだらけの街になってしまいましたが、その中で大興、佐兵衛といった寿司店もなかなか頑張っています。
その中でも個人的にイチオシなのが「佐兵衛寿司 本店」。場所はジャンジャン横丁の最南端ですから分かりやすいですよね。

何せ、立派なゲタに載せられた8貫の寿司と赤だし(3時まで)がついてたったの500円という安さ。しかも、100円回転寿司のようなペラペラのネタではなく、分厚くて結構新鮮なネタが載ってのこの値段は驚きでしかありません。

それ以外の寿司も、3貫で200円程度のネタが多くてリーズナブル。ご飯の代わりに薄焼き卵で太巻きの具を巻いた、名物の「あのね~巻き」も意外に甘さが日本酒に合っていて楽しいです。
一つ難を言えば、店が狭くてカウンター席だけなのにも関わらず、場所柄か常連の皆さんが気兼ねなくスパスパとおやりになる事(笑)。タバコが耐えられない人は避けたほうがいいのは確かでしょうなあ・・・
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

佐兵衛すし 本店 (寿司 / 南霞町駅、動物園前駅、新今宮駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ