カテゴリ: 新世界

スポンサードリンク
ジャンジャン横丁に私が初めて訪れた25年以上も前から、天ぷらとめしだけを提供し続けてきた店が、最近はずっと店を閉めたままになっていたのでこのまま廃業かと思ってました。

ところが、今年の秋に突然内装をリニューアルして再オープンし、大将も息子さんと思われる若い人と一緒に厨房に立つようになってました。古くからの個人店が、こういう形で休業から復活するのは極めて珍しいパターンで、最近は個人的に慣れ親しんだ店の閉店が相次いでいたので、この店が復活しているのを見た時には非常に嬉しかったですね。
以前は酒は置いてなくて、あらかじめ揚げ置きされたものを適当に頼んで飯と一緒に食べるという、西成&新世界では珍しい純粋な食事の店だったのですが、新店はビールなど酒類を置くようにして、2本セットで通し揚げするシステムに変わってました。なお、ビール大瓶は500円とやや高め。
ただし天ぷらの味付けは以前と変わらぬ関西伝統のウスターソースと、塩・醤油のみで、ツユをかける天丼があるくせに何故か単品の天ぷらには天ツユを添えないところは、店のポリシーなんでしょうか。でも酒のアテならいいけど、ご飯にはツユで食べたいような気も(笑)。
天ぷらの衣は薄手ですが固めの仕上がりでサイズも大きく、ウスターソースとの相性はさすがに良好ですね。逆に、天丼のようにツユが浸った状態になるとフニャッとしてやや物足りない食感になってしまいます。

でも天丼はエビ天が2本ある上に、チクワやナス、レンコン、玉ねぎ、青唐なんかも載ってて味噌汁付きでワンコインと格安なので、これはこれで頼む価値は十分ありますよ。
これから代替わりが徐々に進行する中で、いったいどんな店になって行くのか楽しみですなあ。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

かめや (天ぷら / 南霞町駅、動物園前駅、新今宮駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週の中ごろからひいてしまった風邪をまた引きずってまして、なかなか外食の開拓が進んでません。今週は更新のネタがまだ残ってますが、来週はお休みするかも・・・

さて、再開発で軒並み飲食店が休みに入ってしまった阿倍野と違って、こちらは一向に再開発が進まないジャンジャン横丁。
通りの東側には殺風景なトタンが張られてままになってますが、西側にはまだ昔ながらの飲食店が固まってまして、ここもそんな中の一軒です。
おでんとどて焼き、他に一品ものというのは、このあたりの立ち飲み店に共通のスタイルですが、はたから見るともうちょっと各店が差別化して競争してもいいんじゃないかと思ったりするのですが、おそらくそれぞれ決まった常連が付いていて、あえて彼らのために変わらないでいるのかもしれませんね。
ここのどて焼きは、普通は多少筋肉に混ざっている赤身の部分がほとんど無く、メンブレンと呼ばれるゼラチン質のところだけが煮込まれているのがユニークです。
メンブレンは長時間煮ないと柔らかくなってくれなくて、店によっては固いものがあったりするのですが、このどて焼きはその点では合格です。
カツオだしが効いたおでんは、調味料の効きが強めで後味はいまいちですが、それぞれボリュームがあって食べ応えがあります。
酒の値段もこのあたりにしては比較的安めで、手軽に酒とアテで腹を膨らませたい、観光よりも労働者の街だった、以前の新世界らしさを残しているお店ですな。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

のんきや (立ち飲み居酒屋・バー / 南霞町駅、動物園前駅、新今宮駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
10月末でとうとう明治屋が移転のために閉店し、淡路屋はおそらくこのまま復活せず、名門酒蔵も移転準備で一時閉店と、阿倍野周辺は一気に火が消えたようになってしまいましたね・・・

しかし新世界のほうは、串カツテーマパークブームがひと段落し、天ぷらのかめやが密かに復活していたり、豚骨ラーメンの山田家乃ごん太がジャンジャン横丁にオープンしていたりと、地味に串カツ以外の動きが出ているのが嬉しいですよね。
そんな中で、相変わらずオールドな常連でいつも一杯なのが平野屋さん。
新世界の喧騒にありながら、中は静けさと心地よい緊張感が流れているところは、どことなくかつての明治屋に通ずるものがあるように思いますね。
キュウリ+蒲焼と呼んで差し支えないぐらいに大振りの鰻が乗ったこのうざくは、実にたったの200円です!
ハートランドビールを置いてる立ち飲みってのも滅多にありませんよね~。これが370円で鰻と足しても570円の贅沢です♪
他にも大ぶりのかぼちゃ煮が100円だったり、ワケギのぬたは150円、カツオのたたきなど季節の刺身が400円だったりと、コストパフォーマンスは相変わらず一級品で、酒もスコッチが220円から、日本酒は天理の白堤が250円、大瓶が390円という値段で言う事ありません。
明治屋のように有名ではありませんが、いつまでも健在でいて欲しい大阪を代表する名店ですよね。


関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 南霞町駅、動物園前駅、新今宮駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
大阪にはいろいろロケーションが独特な店があるでしょうが、ここはその中でも5本の指に入るほどユニークな場所にあると思われるお店です。

何しろ、場所が通天閣へと上がるエレベータータワーにくっついたプレハブ小屋ですからね。小屋の壁に書かれているイラストもいい味を出しています(笑)。通天閣の軒下には餃子の王将もありますが、怪しさではこの三吉には全くかないませんなあ。

でも中身はごくごく正統派の立ち食いうどんで、かけが170円からと大変リーズナブル。おにぎりも110円とは思えないボリュームがあり、うどんとおにぎりで昼ごはんとしては十分ですよ。きつねは50円、天ぷらはしっかりエビの身があるもので90円と安いので、具に凝っても全く懐は痛みません。
今や新世界は観光客でごった返すテーマパークになってしまいましたが、この店の中は昔ながらの新世界がまだ残っているようで嬉しいですね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html
スポンサードリンク

スポンサードリンク
新世界と言えば、今や串カツ店でなければ飲食店にあらず、といった状況になってしまっている昨今ですが、だるまや八重勝といった有名店は行列が酷くて串カツ以外のメニューが少ないし、資本系大バコ店はサービスや質がいまいち、という感じでグループ客や動物園帰りの家族連れにとっては意外と選択肢が無いんですよね。

そんな中で、新世界では旧世代に属する居酒屋グループの「やまと屋」ならば、メニューは串カツから鮨、鍋に至るまで100種類以上のメニューを誇っているし、不慣れなアルバイトを人件費をケチって雇っているような店とは違って客さばきも手馴れたものだしで、どんなシチュエーションで行っても外れを引かない安心感があります。
上の写真は、家族と来たときに撮ったので他の料理を待ちきれずに、先に来た出し巻きに醤油をかけちゃってて見た目が悪くて店に申し訳ないですが・・・(笑)
味のほうは特にこれだ!という点はありませんが、串カツも一品物も値段の割りにボリュームがあり、焼きそばなんかはこれとポテサラでも頼めば軽く一食分になっちゃいますよ。
寿司や刺身といった海鮮ものは高めですが、日替わりやタイムサービスで割安になったりするので、まずは串カツや軽い一品を頼んでから、じっくりメニュープランを立てるのがお薦めです。
酒のほうも、やまと屋の代名詞である生中を2杯頼むと生小1杯、酒2合で1合がもらえるサービスや、1500円でドリンク飲み放題のセットもあったりするので、上手く組み合わせて利用しましょう(笑)。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

新世界 やまと屋 (串揚げ・串かつ / 動物園前、南霞町、新今宮)
★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ