カテゴリ: インド料理食事会グルコバ

スポンサードリンク
カラピンチャご夫妻や、オアシスカフェのオーナー様、最近よくいらしてくださるレストラン・アランフェスのシェフ様など、プロの方の参加があって結構緊張した第37回グルコバ。

off140727

買い物を忘れたり、作ってない料理があって慌てたり、果てはミルサーのスイッチになっているカバーの爪が折れたりとアクシデントが多くてバタバタした姿をお見せしてしまってすいません・・・暑さで頭がぼけていたんでしょうかね。ってそれはいつもの事と自分でツッコミ。

今回は真夏恒例のアーンドラ・プラデーシュ州の料理がテーマ。アーンドラ・プラデーシュ料理は日本人的には濃すぎて馴染みにくいレシピが多く、味わいを崩さずマイルドにするのがなかなか骨の折れるところだったりするのですが、何とか料理は好評のようで良かったです。

では料理の解説を。

off140727s

A.トマト・パプ
アーンドラ・プラデーシュ料理独特の、トゥールダルを使った豆カレー。サンバルパウダーを使っているのでサンバル的な味。

B.バガラ・ベイガン
これもアーンドラ料理を代表する、ピーナツとゴマのペーストで煮込んだナスのカレー。本当は小茄子を使うんだけど、無かったので普通のナスで制作。

C.オニオン・パチャデ
テンパリングをしない、あっさりしたレシピのヨーグルトサラダ。ビリヤニに添えて食べます。

D.チャール
トゥールダルを入れない、アーンドラ式ラッサム。スパイシーさが際立つレシピ。

E.セミヤ・パヤサム
作り忘れて急いで冷凍庫で冷やしたので、固まってハルワになっちゃいましたが、何故か味は好評(笑)。

F.レタスのピーナツサラダ
会場があまりクーラーが効かないので揚げ物は止めてサラダを制作。ピーナツドレッシングが印度風。

G.ゴーヤのアーンドラ風フライ
アーンドラ風にタマリンドの酸味を効かせたゴーヤの炒め煮。

H.かぼちゃのマスタード風味
マスタードを加えたペーストとかぼちゃを和えた料理。

I.パロタ
薄く伸ばした生地をたたんで焼いた、パイ風のパン。

J.ウップマ
スジと呼ばれる粗びきセモリナ粉を蒸し煮した南インドの朝食アイテム。

K.オニオン・チャットニー
玉ねぎとタマリンドを使ったディップ。

L.グリーンチリ・チャットニー
青唐辛子とピーナツを使った辛いディップ。

M.サバのワルワル
サバにスパイスペーストをまぶして焼いたもの。

N.ジャスミンライス
湯取り法で炊いたご飯。

O.マトン・カッチ・ビリヤーニ
カレーの王子、あれっくすさん渾身のビリヤーニ。生のマトンとマサラをバスマティライスと共に炊き上げるカッチ法で制作。

P.エッグロースト
ゆで卵をギーとスパイスで焼き付けたもの。

今回は全部で16品。でもやっぱビリヤーニの存在感は圧倒的ですよね~。

次回は9/21(日)開催予定。予約は1ヶ月前から開始します。多分ケララ料理で行く予定なので、また皆さんよろしくお願いします。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
真夏恒例、アーンドラ・プラデーシュ州の料理がテーマのグルコバ。当然ながら、州都のハイデラバード名物ビリヤーニをメイン料理に据えての開催です!

あと、申し訳ないですが消費税アップのために参加費用を100円値上げさせていただきました。その分、料理の出来で頑張らせていただきますので、よろしくお願いします。

off130331

日時:

2014年7月27日(日) 13時00分調理開始、18時ごろ食事開始予定

調理に先立ち、12時より野菜の買い出しに行きます。買い物を手伝っても良いという方は連絡をお願いします。なお、会場予約の都合上、部屋には13時まで入ることが出来ませんので注意してください。

大きな地図で見る

場所:
「サンシビック尼崎」内中央地区会館 2F調理室
住所:兵庫県尼崎市西御園町93-2
電話:06-6413-8171
徒歩でのアクセス:
阪神尼崎駅西口下車、西方向へ徒歩5分

会費:1700円

募集人数:約26名(料理がいらない子供を除く)現在満席です。

参加者リストは、随時Googleドキュメント[https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AlnZhSRXQ0T_dG5xY1cyTjNUWTBGajNIM09naTh2Q3c#gid=0]で更新していきます。

調理をお手伝いしてくれる方は、調理から、食事のみの方は食事からと指定して申し込みをお願いします。

調理予定:

夏野菜をふんだんに使ったアーンドラ・プラデーシュ州の料理が中心で、マトンビリヤーニも作ります。

今までに作った品については、
拙ブログのグルコバカテゴリhttps://gourmet.gazfootball.com/blog/archives/category/gurukoba
をご覧ください。

参加方法:

こちらから申し込みをお願いします。

キャンセル料はいただきませんが、仕入れの都合上、なるべく早く、最悪2~3日前までにキャンセルの連絡をお願いします。

持ち物:

エプロン、手ぬぐい、頭巾は出来るだけ持って来るようにしてください。
筆記用具やカメラ、持ち帰り用タッパーなどはご自由に。

注意事項:

この会は、あくまで調理隊は調理のお手伝いをしてもらう会なので、質問には出来るだけお答えしますが、基本的に詳しい講習は行いません。

レシピはどなたでも差し上げてますので、必要があればFacebookやブログコメント等で、PCメールアドレスを教えていただければ後日送付させていただきます。

飲み物は各自で用意をお願いします。近くに大きな商店街・スーパーがありますので、どこでも何でも買えます。

ただし、会場ではゴミの処分を行っておりませんので、ご自分で買われた飲み物の瓶や缶は、各自で持ち帰っていただくようお願いします。

飲み物の種類の制限は特にありませんが、あくまで公共施設での開催ですので、飲酒をされる場合はくれぐれも他の方に迷惑の掛からないようお願いいたします。

お子様連れでの参加も歓迎ですが、子供が食べられる料理は少ないので、お子様の食事は各自で用意をお願いします。お子様の分の椅子は用意してありませんので、必要であれば折り畳み椅子などのご用意をお願いします。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今回のグルコバは久々にスリランカ料理がテーマでした。

off140525

例年であれば3月はスリランカ料理にしていたのですが、スリランカマスターことmyblackmamaさんが多忙で参加できにくくなり、アウトドアで栽培している私のカレーリーフはこの時期には調達できないので、3月は北テーマでスリランカは5月まで伸びてしまいました。

しかし大御所のカルータラやカラピンチャ、ロッダグループ、ラサハラなどスリランカ料理店の活躍が目立つ昨今を反映してか、今回の募集はわずか半日で予約が埋まってしまって参加者の管理が大変でした。でも意外と初参加の方が多くて、なかなか新鮮な感じでの調理となりましたね。

前回は嫁さんの用事と重なっていろいろポカが多かったのですが、今回は割りと順調だったかな。でもところどころレシピに不備があって怪人Uさんのフォローに助けていただきました。

つーか、Uさんはインドから戻ったばかりとあって刺激で燃えておられるようで、この盛り付けも直々に布の引き方まで指導が入るという熱血ぶりで圧倒されました。ほとんどグルコバの総料理長と化しております(笑)。

では料理の解説です。

off140525s

A.そら豆のテルダーラ
そら豆とフライドオニオンをモルジブフィッシュで和えた品。

B.ヨコワのアンブルティヤル
ゴラカという梅干しのような食材で煮込んだスリランカ式魚の佃煮。

C.春キャベツのマッルン
キャベツをさっと茹ででココナツと和えた品。

D.なすのモージュ
揚げなすをビネガーとココナツミルクで炒め煮した人気のスリランカ料理。

E.トマトのサンボル
フレッシュトマトをたっぷり使った炒め煮料理。

F.ズッキーニチャットニー
ズッキーニとトマトを使ったディップ。

G.コキス
スリランカの正月によく食べられるココナツミルクを使った軽い塩味の揚げ菓子。

H.ポル・サンボール
スリランカの定番、ココナツとモルジブフィッシュを使ったふりかけ。

I.カットレット
魚のフレークとじゃがいもを具にしたコロッケ。今回は鮭のアラを使用。

J.キリバト
ココナツミルクを使ったスリランカのおこわ。

K.ゴダンバ・ロティ
薄い生地をたたんで焼いたパン。

L.ジャスミンライス
今回は湯取り法で炊いてみました。

M.せりのサンボル
せりを刻んでココナツと和えた料理。

N.ストリング・ホッパー
インディアッパとも呼ばれる米粉のビーフン。

O.アラ・ウェンジャナ
じゃがいもをココナツミルクで煮込んだカレー。

P.ククルマス・ウェンジャナ
スリランカのチキンカレー。今回はココナツミルクを使わないタイプ。

Q.パリップ
レンズ豆を使ったカレー。豆をあまり煮崩さないのがスリランカ流。

今回は17品となりました。こうして見るとちょっと汁気のカレーが少なかったかな。

次回は7/27日曜日開催予定。今度はビリヤーニをやりますので、また1ヶ月前の募集をお待ちください!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
もうこの間桜が咲いたと思ったら、もうゴールデンウィークは目の前。初夏のグルコバも募集開始の時期です。

ようやくカレーリーフも芽が出始め、おそらく5月には若葉かもしれませんが料理に使える予定。今回は久々にスリランカ料理で行きます。

off130331

日時:

2014年5月25日(日) 13時00分調理開始、18時ごろ食事開始予定

調理に先立ち、12時より野菜の買い出しに行きます。買い物を手伝っても良いという方は連絡をお願いします。なお、会場予約の都合上、部屋には13時まで入ることが出来ませんので注意してください。

大きな地図で見る

場所:
「サンシビック尼崎」内中央地区会館 2F調理室
住所:兵庫県尼崎市西御園町93-2
電話:06-6413-8171
徒歩でのアクセス:
阪神尼崎駅西口下車、西方向へ徒歩5分

会費:1600円

募集人数:約26名(料理がいらない子供を除く)満席となりました!

参加者リストは、随時Googleドキュメント[https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AlnZhSRXQ0T_dG5xY1cyTjNUWTBGajNIM09naTh2Q3c#gid=0]で更新していきます。

調理をお手伝いしてくれる方は、調理から、食事のみの方は食事からと指定して申し込みをお願いします。

調理予定:

スリランカ料理、全15品程度を予定。今回はスリランカの揚げ菓子、コキスも皆で作ります。

IMG_2777 コキス

今までに作った品については、
拙ブログのグルコバカテゴリhttps://gourmet.gazfootball.com/blog/archives/category/gurukoba
をご覧ください。

参加方法:

こちらから申し込みをお願いします。

キャンセル料はいただきませんが、仕入れの都合上、なるべく早く、最悪2~3日前までにキャンセルの連絡をお願いします。

持ち物:

エプロン、手ぬぐい、頭巾は出来るだけ持って来るようにしてください。
筆記用具やカメラ、持ち帰り用タッパーなどはご自由に。

注意事項:

この会は、あくまで調理隊は調理のお手伝いをしてもらう会なので、質問には出来るだけお答えしますが、基本的に詳しい講習は行いません。

レシピはどなたでも差し上げてますので、必要があればFacebookやブログコメント等で、PCメールアドレスを教えていただければ後日送付させていただきます。

飲み物は各自で用意をお願いします。近くに大きな商店街・スーパーがありますので、どこでも何でも買えます。

ただし、会場ではゴミの処分を行っておりませんので、ご自分で買われた飲み物の瓶や缶は、各自で持ち帰っていただくようお願いします。

飲み物の種類の制限は特にありませんが、あくまで公共施設での開催ですので、飲酒をされる場合はくれぐれも他の方に迷惑の掛からないようお願いいたします。

お子様連れでの参加も歓迎ですが、子供が食べられる料理は少ないので、お子様の食事は各自で用意をお願いします。お子様の分の椅子は用意してありませんので、必要であれば折り畳み椅子などのご用意をお願いします。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今年は厳冬で、しかも冬場に剪定をしたおかげで室外栽培のカレーリーフはやっとこさ芽吹いたかなという程度。他にカレーリーフを栽培されている方の参加も無さそうなので、2回連続の北インド料理となりました。

off140330

前回好評だったチャートは継続するとしても、あまり同じような料理を出すのもアレなので、今回は特別に今話題の鹿肉を調達してローガンジョシュカレーをメインに据えました。

最近は鹿による農作物被害が増えているようで、割りと害獣駆除による鹿肉が出まわる機会が増えているそうですが、高タンパク低脂肪という事で栄養学的な面も含めて非常に注目を集めている食材です。

一度試しに自分でカレーを作ってみましたが、肉そのものは優しく淡白な味わいで、ただし血は加熱すると獣臭さが出ていたので、グルコバでは入念な血抜きをして作ってみたところほとんど臭いが出ずに参加者の方にも好評でした。

ただ、カトゥリやインド綿、青唐辛子、浸水させていた黄えんどう豆を忘れてきたりと相当ボケていたのは反省・・・金曜日に大量のキャンセルが出て参加者の方々にいろいろお願いに回ってアタフタしてましたし、嫁さんが宅飲み料理会をやっていたので冷蔵庫や台所がごった返していたというのもありますが、まあ不注意には変わりありません。

もちろん料理の出来栄えについては、カレプリさんのイスラム仕込みの調理技術や、怪人Uさんの的確な指導もあってちゃんとしたものになったと思います。いつもいつもありがとうございます。

では恒例の料理解説。

off140330s

A.パニプリ
小さく作ったプリを油で揚げて膨らませ、中の空洞にジャルジーラというミントジュース、じゃがいも、豆などを入れて食べるスナック。

B.ベルプリ
ライスパフの上に、じゃがいもやトマト、豆、セブという短い揚げ麺、ヨーグルト、ミントチャットニー、レッドチリチャットニー、タマリンドチャットニーをかけて食べるスナック。

C.パプリ・チャート
パプリと呼ばれる小麦粉を揚げたクラッカーの上に、ベルプリと同じような具を載せて食べるスナック。

D.ガジャル・ハルワ
ニンジンを甘くバターと牛乳で煮込んだデザート。

E.ミックス・ダール
5種類の豆を使って作った北インド式豆カレー。

F.鹿肉のローガン・ジョシュ
カレプリ氏所有のカシミーリチリを使用した、鮮やかなオイルの赤色が美しいトマトとヨーグルトで煮込んだカレー。

G.ベジタブル・カレー
れんこんやカリフラワー、アスパラ等季節の野菜をトマトベースのマサラで煮込んだカレー。

H.チャパティ
インドの主食、全粒粉を伸ばして焼いた薄焼きパン。

I.カチュンバル
きゅうりやトマト、赤たまねぎをミントやレモン汁で和えたサラダ。

J.マンゴーピックル
未熟な青マンゴーの漬物。市販品。

K.アルー・マタル、キャベツのサブジ
北インド料理の超定番であるじゃがいもとえんどう豆、キャベツの各炒め煮。

L.ベジタブル・プラオ
バスマティライスとマッシュルーム、いんげん、ニンジンを鍋で炊き込んだ香り高い品。

M.ジャスミンライス

N.オニオン・パコラ
玉ねぎをベスン粉の衣で揚げたかき揚げ。

今回は全部で15品。品数自体は少ないですが、チャート用のパプリやプリ、チャットニー類があるので純粋な品数はもっと多いですね。忘れ物が多くて買いに行ったりしたので結構ドタバタしました・・・

次回は5/25(日曜)開催予定。長らくやってないので、そろそろスリランカテーマでやりたいと思います。また1ヶ月前ぐらいから予約を開始しますので、よろしくお願いします!
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ