カテゴリ: インド料理食事会グルコバ

スポンサードリンク
日曜は記念すべき30回目のグルコバ!

と言っても別に何も祝うわけでもなく、前日に自転車でこけてしまったせいで左腕に力が入らず、いつも以上にと言うかいつも通りに(笑)怪人Uさんや名古屋グルテシ主催者てっしーさん率いる名古屋軍団を筆頭とする、ベテラン調理隊の皆さんに頑張っていただいたという情けない次第です。
おまけに、今回は炊飯器のトラブルで食事開始の時間になってもご飯が炊かれていないという驚愕のトラブルが発生し、急遽普通の鍋で炊飯という体たらくで反省しきりです・・・しかもそんなつもりは無かったのにスパイスペーストを使う料理が多く、ミルサー待ちの時間を強いてしまいました。
まあ、それでも皆さん和気藹々と楽しんでいただいたようで、参加者各位の懐の深さに感謝するばかりでありました。
では、恒例のメニュー解説です。今回はケララ料理。ライスはこの写真の時点で炊けていません。(^_^;)

A.ケララ風ポークスペアリブのカレー
ココナツペーストを後から入れるちょっと変わったタイプのレシピで制作。
B.カダラ・カレー
カラチャナと呼ぶ殻付きひよこ豆を使ったカレー。
C.ベジタブル・イストゥ
野菜をココナツミルクで煮込んだ、アングロインディアン(印欧折衷)料理のシチュー。
D.マイソール・ラッサム
トゥールダルとギーを使った、ちょっと濃厚タイプのラッサム。
E.パイナップル・パチャディ
パイナップルを使ったヨーグルトサラダ。
F.トゥールダルのお汁粉
参加者のあきこさんが余ったココナツミルクとトゥールダルを使って即興で作られたお汁粉。
G.ケララ・パロタ
カレープリンスさんによる、生地を薄く伸ばしてたたんで焼いたパイ風のパン。
H.イディヤパン
米粉を練って麺状にして蒸した、南インドの朝食定番の主食。
I.カツオのロースト
カツオをトマトベースのマサラで炒めた、汁気の無いカレー。
J.メドゥ・ワダ
ウラドダールをすりつぶして揚げた甘くないドーナツ。
K.インゲン、ナス、じゃがいものポリヤル
スパイス少なめであっさり仕上げた南インド風炒めもの。
L.オニオン・パコラ
玉ねぎと青唐辛子、ショウガ、ピーナツで作ったかき揚げ。
M.小松菜のトーレン
小松菜を炒めてココナツペーストで和えた料理。
N.インジ・プリ
ショウガを唐辛子と砂糖で煮込んだ甘辛激辛なケララ特有の料理。
O.グリーンチャットニー
香菜とミント、ヨーグルトを使ったディップ。
P.ココナツチャットニー
ココナツを使った南インド風ディップ。
あと、Chaiさんからいただいたコリアンダーペーストなんかもありました。
と言う訳で、今回は全部で18品でした~。
次回は7/28(日)開催予定です。真夏恒例のアーンドラ・プラデーシュ料理で、おそらくマトンビリヤニをやりますので乞うご期待!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
ようやく寒い日も終了して、これから気候の良い初夏がやって来ますね。野菜が美味しくなる時期なので、フレッシュな土の恵みを活かしたケララ料理で楽しみます。

日時:
2013年5月26日(日) 13時00分調理開始、18時ごろ食事開始予定
調理に先立ち、12時より野菜の買い出しに行きます。買い物を手伝っても良いという方は連絡をお願いします。なお、会場予約の都合上、部屋には13時まで入ることが出来ませんので注意してください。

大きな地図で見る
場所:
「サンシビック尼崎」内中央地区会館 2F調理室
 住所:兵庫県尼崎市西御園町93-2
 電話:06-6413-8171
徒歩でのアクセス:
阪神尼崎駅西口下車、西方向へ徒歩5分
会費:1500円
募集人数:約25名(料理がいらない子供を除く)
現在満席です。
参加者リストは、随時Googleドキュメント[https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AlnZhSRXQ0T_dG5xY1cyTjNUWTBGajNIM09naTh2Q3c#gid=0]で更新していきます。
調理をお手伝いしてくれる方は、調理から、食事のみの方は食事からと指定して申し込みをお願いします。
調理予定:
今回はケララ料理がテーマです。あっさり日本人好みなケララの味をお楽しみください。サクサクのパロタも焼きますよ~。
今までに作った品については、
拙ブログのグルコバカテゴリ https://gourmet.gazfootball.com/blog/archives/cat25/index.php
をご覧ください。

持ち物:
エプロン、手ぬぐい、頭巾は出来るだけ持って来るようにしてください。
筆記用具やカメラ、持ち帰り用タッパーなどはご自由に。
注意事項:
この会は、あくまで調理隊は調理のお手伝いをしてもらう会なので、質問には出来るだけお答えしますが、基本的に詳しい講習は行いません。
レシピはどなたでも差し上げてますので、必要があればMixiメッセージやブログコメント等で、PCメールアドレスを教えていただければ後日送付させていただきます。
飲み物は各自で用意をお願いします。近くに大きな商店街・スーパーがありますので、どこでも何でも買えます。
ただし、会場ではゴミの処分を行っておりませんので、ご自分で買われた飲み物の瓶や缶は、各自で持ち帰っていただくようお願いします。
飲み物の種類の制限は特にありませんが、あくまで公共施設での開催ですので、飲酒をされる場合はくれぐれも他の方に迷惑の掛からないようお願いいたします。
お子様連れでの参加も歓迎ですが、子供が食べられる料理は少ないので、お子様の食事は各自で用意をお願いします。お子様の分の椅子は用意してありませんので、必要であれば折り畳み椅子などのご用意をお願いします。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
2012年度最終日の日曜に行われたグルコバ。もちろん、今年度も引き続いて開催して行きますので、皆さんよろしくお願いします!

さて今回はスリランカがテーマだったのですが、いつものスリランカマスターが家族旅行に行ってしまったために、レシピはほぼ私の方で調達。
モルジブフィッシュや生ランペというスリランカ料理独特の食材も、4月から富山に転勤になってしまうカレー魔神のHさんにお分けいただき、何とか準備をこなしました。
が、調理の方は「怪人U氏」や「カレーのプリンス」といったベテラン調理隊がおられたので私自身はほぼおまかせ状態。最初から最後まで1人で作ったのはラッサムとポルサンボールぐらいですかね~。
もちろん出来の方は皆さんさすがの腕前で安定したもの。調理の後半でミルサーが壊れたり、一部レシピが謎なものがあったりしたのですが、何だかんだで時間には余裕がありましたね。もう自分がいなくてもいいのではと思ったり(笑)。
では恒例のメニュー解説です。

A.スリランカ・ビーフカレー
奮発して国内産の牛肉を使用。おかげで臭みの少ないリッチなカレーに仕上がりました。
B.マイソール・ラッサム
ココナツを使ったダル多めのサンバルっぽいラッサム。
C.パリップ
モルジブフィッシュとココナツミルクを効かせたスリランカの豆カレー。
D.アラ・ウェンジャナ
じゃがいもをココナツミルクで煮込んだ優しいカレー。
E.イカのデビル
スルメイカとピーマンを使ったスリランカ風の炒めもの。
F.ナスのモージュ
揚げたナスを、ココナツミルクとビネガーであえた料理。
G.ココナツ・チャットニー
ココナツを使った南インド風ディップ。
H.マサラワダ
チャナダルを砕いてミントを混ぜ込んで揚げたスナック。
I.キリバト
ココナツミルクで炊いたスリランカのおこわ。
J.スリランカ・カットレット
サバとじゃがいもを使ったスリランカ風コロッケ。
K.パパド
Hさんのお土産で枚数は少なかったのですが、飾ってみました。
L.春キャベツのマッルン
春キャベツを蒸してココナツ、モルジブフィッシュで和えた料理。
M.セリのサンボール
ゴトゥコラの代わりにセリを使った和え物。
N.ココナツ・ロティ
ココナツ、玉ねぎ、青唐辛子を練りこんだパン。
O.シーニ・サンボル
玉ねぎを甘辛く煮込んだ激辛おかず。
P.ジャスミンライス
Q.プロウン・サンボール
干しエビを炒って作ったふりかけ。
R.ポル・サンボール
ココナツとモルジブフィッシュを練って作ったスリランカを代表するふりかけ。
今回は18品と品数的には揃ってましたが、ご飯にプラスして食べるおかずが多かったので、ご飯が早めに売り切れてしまい申し訳なかったです。
次回は5/26(日)開催予定。テーマはおそらくケララで行くと思いますので、また宜しくお願いしま~す。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
まだまだ肌寒い昨今ですが、スリランカの春の息吹を食事会でいっぱい堪能しませんか? と言う事で、グルコバ開催のご案内です。

日時:
2013年3月31日(日) 13時00分調理開始、18時ごろ食事開始予定
調理に先立ち、12時より野菜の買い出しに行きます。買い物を手伝っても良いという方は連絡をお願いします。なお、会場予約の都合上、部屋には13時まで入ることが出来ませんので注意してください。

大きな地図で見る
場所:
「サンシビック尼崎」内中央地区会館 2F調理室
 住所:兵庫県尼崎市西御園町93-2
 電話:06-6413-8171
徒歩でのアクセス:
阪神尼崎駅西口下車、西方向へ徒歩5分
会費:1500円
募集人数:約25名(料理がいらない子供を除く)
現在満席です。
参加者リストは、随時Googleドキュメント[https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AlnZhSRXQ0T_dG5xY1cyTjNUWTBGajNIM09naTh2Q3c#gid=0]で更新していきます。
調理をお手伝いしてくれる方は、調理から、食事のみの方は食事からと指定して申し込みをお願いします。
調理予定:
今回は久々のスリランカ料理がテーマです。もちろん、某スリランカ料理マスターも参戦予定です(笑)。
今までに作った品については、
拙ブログのグルコバカテゴリ https://gourmet.gazfootball.com/blog/archives/cat25/index.php
をご覧ください。

キャンセル料はいただきませんが、仕入れの都合上、なるべく早く、最悪2~3日前までにキャンセルの連絡をお願いします。
持ち物:
エプロン、手ぬぐい、頭巾は出来るだけ持って来るようにしてください。
筆記用具やカメラ、持ち帰り用タッパーなどはご自由に。
注意事項:
この会は、あくまで調理隊は調理のお手伝いをしてもらう会なので、質問には出来るだけお答えしますが、基本的に詳しい講習は行いません。
レシピはどなたでも差し上げてますので、必要があればMixiメッセージやブログコメント等で、PCメールアドレスを教えていただければ後日送付させていただきます。
飲み物は各自で用意をお願いします。近くに大きな商店街・スーパーがありますので、どこでも何でも買えます。
ただし、会場ではゴミの処分を行っておりませんので、ご自分で買われた飲み物の瓶や缶は、各自で持ち帰っていただくようお願いします。
飲み物の種類の制限は特にありませんが、あくまで公共施設での開催ですので、飲酒をされる場合はくれぐれも他の方に迷惑の掛からないようお願いいたします。
お子様連れでの参加も歓迎ですが、子供が食べられる料理は少ないので、お子様の食事は各自で用意をお願いします。お子様の分の椅子は用意してありませんので、必要であれば折り畳み椅子などのご用意をお願いします。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
カレーリーフの木が枯れてフレッシュな葉っぱが手に入らないこの時期は、恒例で南インド以外の料理を作る回になってるわけですが、今回はバターチキンをメインとするベタベタな北インド料理で行ってみました。
ベタの極めつけは「バターチキン」。あまりに有名かつキャッチーな味のカレーだけに、インドカレーというとこれを連想する一般人があまりに多く、日本の南インド料理を専門店にしている店でさえ、要望が高すぎてこれをメニューに載せざるを得ないぐらいに、カレーマニアにとっては害悪視されている不憫な料理です。でも、やっぱり美味しいよねw

いつもダラダラと人が集まってくるグルコバにしては珍しく、早い時間から調理隊が揃って作業はスムーズに・・・と言うはずだったのですが、初っ端から塩を買い忘れたり、ベテラン調理隊の怪人U氏がポピーシードを焦がすという「上手の手から水が漏る」アクシデントがあったり、パニールの水切りが緩くて固まらなかったり、サモサの皮作りが2つ同時に走ってしまって1つをパロタに転用したりと、段取りでいろいろトラブルが頻発しました。一応、味はちゃんと出来たつもりではありますが・・・
調理スペースが狭くて調理を段取り良くやる必要があるグルハギなどでは、きちんと調理隊を班分けしたりしているようですが、うちは緩さがある意味売りではあるので、あんまり軍隊調で行きたくないですし、そもそも最初から何人来るかも分からないので、班分けのしようがありませんからね。まあ、そういうのも許せる太っ腹な方のみ参加をお勧めする次第であります(笑)。
では恒例のメニュー解説です。

A.ベンガル風魚のカレー
ベンガル式にサッパリ風味で仕上げた魚のカレー。myblackmamaさん作。
B.トマトカレー
東馬場農園産の生トマトをふんだんに使ったカレー。myblackmamaさん作。
C.パラク・パニール
牛乳から手作りしたパニールを使って、手切りのほうれん草と合わせたカレー。
D.ダール・タルカ
レンズ豆のカレー。
E.アルー・ポシュト
芥子の実の代わりに胡麻を使った香ばしいじゃがいもカレー。
F.バター・チキン
トマトとナッツ、生クリームのベースにチキンティッカを浮かべたカレー。
G.ケララ・ポロタ
薄く伸ばした生地を畳んで作るパイ風のパン。あれっくすさん作。
H.オニオン・プラオ
フライドオニオンを混ぜ込んで炊いたバスマティライス。
I.ポテト・マサラ
ポテトの香味炒め。つーか、サモサの具が余ったもの。
J.インゲン、レンコン、京芋のパコラ
野菜のフリッター風天ぷら。
K.チャパティ
全粒粉を薄く伸ばして焼いたパン。
L.ジャスミンライス
M.タンドリー・チキン
手羽元をマサラに漬け込んで焼いたもの。
N.グリンピースのサブジ
グリンピースが余ったので即興で作ったおかず。怪人U氏作。
O.かぼちゃのサブジ
かぼちゃをフェンネルを効かせて炒め煮したもの。
P.ニンジンのピックル
ニンジンの酸っぱい即席漬け。
Q.ポテト・ロースト
余りのじゃがいもでU氏が作った、これのみ南インド風の炒めもの。
R.ベジタブル・サモサ
インド全土でお馴染みのスナック。皮から手作り。
S.トマト・チャットニー
ベンガル風にパンチホロンを効かせたトマトのディップ。
T.グリーン・チャットニー
香菜とミント、ヨーグルトで作ったディップ。
写真なし ミックス・ライタ
トマトとキュウリ、玉ねぎのヨーグルトサラダ。
てなわけで全部で21品。本当はもっと少ないはずだったのに、余り物を使った料理のおかげで随分増えてしまいました(笑)。
次回の開催は、ちょうど期末の区切りとなる3/31(日)。場所は同じところ、テーマはスリランカ料理で行くつもりです。また1ヶ月前になりましたら募集を開始しますので、それまでお待ちください!
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ