カテゴリ: 百姓の日々

スポンサードリンク
今年の春でようやく芽を出してから2年半経った我が家のカレーリーフですが、3鉢のうち2鉢に花が咲きました! とは言え、コリアンダーのような可憐さはあんまり無い、かな~り地味な花ですけどね。

ついこの間までは、その辺の雑草と変わらないひょろひょろのチビッ子だったと思ったら、いつの間にか一人前の木になっていたんですねえ・・・そりゃウチの娘達も大きくなるわけだ(笑)。
ただ、一番成長が遅くて冬も枯れ落ち葉が多かった次男は、まだ一生懸命葉っぱを生やしている最中です・・・一回り大き目の鉢に植えた末っ子が、もう背丈で兄2人を追い越してしまったのを見ると、やはり成長の早さは鉢の大きさに比例するのだなと思わされますね。
まだ3鉢ともそんなに枝の数が多くないし、花が咲いて実がなるとその間は枝葉の成長が止まるそうで、料理用に栽培している人の場合、花が咲いても切り落としてしまう人がいるようです。
当然ながら、グルコバ用に葉っぱを必要としている私にとっては痛し痒しなのですが、やっぱり私にとってのかわいい初孫(?)をバッサリ切り落とす事は出来ませんよね~(笑)。
でも、コリアンダーは半月ぐらいはずっと同じ花が咲き続けているのに、カレーリーフの花は2~3日でもうしおれてしまっているのですが、そんなもんなんでしょうかね? ちょっと心配・・・
また実が成熟したら希望者の方に差し上げますので、育ててみたいという方はコメントにメールを添えて書き込んでいただければ、送らせてもらいますよ!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
簡易温室入りとは言え、2年目にして早くも屋外での越冬というスパルタ教育を施している我が家のカレーリーフ。
うちはいたずら盛りの子供を抱えているし、嫁さんの仕事の都合もあって他のブリーダーさんみたいに室内で越冬が出来ませんからね~。

それでも何とか2株は、冬の寒さにも葉をほとんど落とさず、先週には元気良く新芽を出してくれたのですが、残りの1株は1/3ぐらいの葉っぱや枝が枯れ落ちてしまい、新芽もなかなか出る気配が無くて心配したのですが、ここに来てようやく枝の先っぽが膨らんできてくれました。
3/21のグルコバに使う分については、去年から残った葉っぱを使う事になるでしょうが、その次には今年の葉っぱが必要になるでしょうから、これからしっかり伸びて行って欲しいですな。
それと、もう鉢の土は根っこが詰まっているような感触になってるし、来年にはそろそろ植え替えも考えなきゃな・・・でも土を残したままで、あまり大きさが変わらない鉢に植えるのだとあんまり植え替えの意味が無さそうだしなあ。みんなどうやってるんだろ。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
そろそろ冷え込みを感じる日が多くなってきたので、今年は屋外で越冬させる予定のカレーリーフに冬支度をさせました。

夏の間はグングンと成長していたカレーリーフも、最近は葉っぱがだらりと力なく垂れ下がり、嫌が応にも季節が変わったことを知らせてくれます。
今年は昨年購入した温室に加え、鉢にエアキャップとアルミシートを巻いて、そのうち土の表面にはウッドチップを敷くか不繊布を敷く予定でいます。
来年あたりは実がなってくれると嬉しいなあ・・・
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今回のグルコバは順調に参加者が集まっており、もう募集の残りが11人となりました。迷っている方はお早めにどうぞ!
さて今年は、昨年と比べると秋の訪れが早いようで、種をまいてから3日と経たないうちにもう芽が出てきました♪

この夏、せっかく昨年育てたコリアンダーの種を収穫したのに、阿呆な事にそれをどこかに失くしてしまって、結局去年と同様にスパイスをそのまま撒かざるを得ず、初期の生育がちと不安ではありますが、昨年の経験から元気の良い苗が10本も残ればOKだと分かっているので、そういう意味では気が楽ですね。
ぶっちゃけ、栽培にかかる時間とか手間を考えれば、トータルでのコスト的には鶴見の中国朝市で地物の香菜をひと束100円で買ったほうがずっと安いんでしょうが、いちいちアイスキューブの形で冷凍して解凍するのがさらに面倒くさいんですよね(笑)。
やはり必要なときに、ベランダからブチッと葉っぱを千切ればいい利便性に勝るものはありません。
今年は去年とは違ってカレーリーフのほうがお兄さんになりましたが、すぐにグングン伸びて行って背丈を追い越して欲しいものですな!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今回は集まりが悪くてどうなる事かと思われたグルコバですが、ようやく無事満席になってくれました。

そして、やや西向きで光を透過しない柵になっているベランダという悪条件で、一時は葉っぱがチリチリに枯れたり葉ダニにたかられるトラブルもありましたが、何とかうちのカレーリーフもまずまず成長してくれて、グルコバでのデビューが可能なところまで来てくれたように思います。
これでようやく、グルコバも南インド料理食事会と胸を張って名乗れるようになりましたよ(笑)。
思い起こせば、彼らの種をまいたのが1年前のちょうど今頃なので、それを考えると万感の思いがありますなあ。
また次のグルコバもあるのであまり多くはむしれないでしょうが、各鉢から2枝ずつぐらいは持って行こうと思ってます。
とか言って、当日忘れたらシャレになりませんがね(笑)。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ