カテゴリ: 百姓の日々

スポンサードリンク
血迷ってコリアンダーとカレーリーフを植えてしまった我が家のベランダの状況ですが・・・

コリアンダーのプランターははこんな感じ。
やはり実が生ってから相当の時間が経過しているスパイス用の種を使ったせいか、いまいち苗に元気が無くてヒョロヒョロしており、水をかけると水の重みで倒れてしまうぐらいだったので、早速ハイポネックスでドーピングしてみたら、茎が倒れたままでワサワサと葉が茂ってきました(笑)。
普通、ハーブ野菜売り場で見るようなコリアンダーは、もっと茎がスッキリ伸びていたはずなんだけどなあ・・・こんなに蔦のように地面を這うような伸ばし方でいいのだろうか・・・本にはある程度育ってきたら生長の悪い苗を間引けと書いてあったんだけど、悪いっちゃあ全部悪いし(笑)。うーん、どうしたものか。

そして2鉢植えたカレーリーフですが、お兄さんの辛辛が順調に成長して小さな葉っぱをつけるまでになっている一方、弟の哩哩は成長が完全に止まってしまい、茎も茶色く枯れてしまってます。
種を実から出したときに、哩哩のほうはお兄さんよりも一回り小さくて種が成熟しきれてないように見えただけに、芽が出たときは喜んだのですが、やはり残念ながらここまでだったようです・・・
これでカレーリーフの鉢が1個になってしまい、これではグルコバで南インド料理をやるのは不定期になってしまう可能性が高いなあ・・・と思いつつふと下を見ると、何故か小さな紙鉢が4個あったりして(笑)。

実は、先日ケララの風に訪問したときに、店の壁に「カレーリーフの苗と種を差し上げます」という張り紙を見つけ、怪しいおぢさん直々に店の前に置いてあったカレーリーフから種を摘んでいただいたんですよね~。
時期的に芽が出たかどうかというところで越冬期に入ることになるので、このまま彼らが無事成長できるかどうかは分かりませんが、二代目哩哩やさらなる弟たちがグルコバで活躍してくれる事を期待したいです。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

以前Mixi経由でいただいて発芽の気配も無いとエントリーに書いていた、カレーリーフがとうとう発芽してしまったので急遽植木鉢を購入して、紙ポットをそのまま移し変えました。
カレー好きならば「・・・してしまった」と書かずに躍り上がって喜ぶべきなんでしょうが、いかんせんうちの家は狭くて小さな子供がいるので、室内での越冬対策が悩みの種なんですよねえ・・・(苦笑)
鉢の大きさは7号と小さめですが、うちの窓際で邪魔にならないように置くためにはこのあたりの大きさが限界です。高さが普通の鉢より深いので、それで何とか根に頑張ってもらうしかありません。
一応、葉っぱが生え始めているお兄さんのほうを「辛辛(シンシン)」、小さい弟を「哩哩(リーリー)」と命名。
さて、来週あたりは発砲スチロールの板を買って囲いを作るとするか・・・
スポンサードリンク

スポンサードリンク

グルコバでこれから働いてもらうために、先々週末に植えたコリアンダーのプランターからポツポツと芽が出てきました♪
しかし普段、普通に煎って摺ってとカレー作りに使用しているスパイスを、そのまんま土に植えたら芽が出てくるってのはなんとも不思議な気分と言うか、生命の神秘を感じさせますよね(笑)。
まだ芽はひょろっとしていて、水をやると水の重みでくたっとなってしまうぐらいですが、これからたくましく育ってくれるんだろうか。

一方、同じ時期に植えたMixi経由でいただいたカレーリーフのほうはさっぱり音信不通・・・果たして、グルコバが南インド料理食事会にステップアップする日が来るのでしょうか(笑)。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ