カテゴリ: 八尾市

スポンサードリンク
グルコバ仲間である某氏のツイートで、東大阪八尾Walkerグルメフェスティバル「地元のええ店うまい店」という催事が西武八尾店で行われていて、そこに八尾の名店、讃岐屋雅次郎が出店しているという情報をキャッチしておりました。

それも普通の出店ではなくて、何と通常であれば840円の値が付いている「海老と揚げ餅のぶっかけ」や、「旨味肉つけめん」といったメニューがたったの税込525円で食べられるというのだから驚きです!
普通の催事であれば、店で食べるよりも高い値段が付けられているのが普通なのに、それよりも4割近く安いというのが到底信じられません。しかも催事の間は店を閉めているというのだから、いったい西武にどんな弱みを握られているのかとさえ勘ぐってしまいます(笑)。
つけめんの出汁には肉厚の豚バラ肉が入っており、つけめんと呼ぶには出汁が薄目でうどんと一緒にすするとちょうど良い感じですが、コクと甘辛さのバランスが良くて麺がスイスイ消えますね。

「海老と揚げ餅のぶっかけ」はプリプリの海老がいつも通りにたっぷりで、いやはやこれがワンコインとは到底信じられません。サイドメニューの肉巻きおにぎりも、カリッと甘辛く焼かれた牛肉が隙間なく巻かれており、通販などで売っている他の肉巻きおにぎりの値段の半額という大盤振る舞いです。
梅田や難波の繁華街とは違って、土曜日の11時頃に訪れたにも関わらず席にはかなり余裕がありました。同じ催事で、あの助春のミンチカツなど東大阪の有名グルメが多数出店しているので、皆さんも是非訪れてみてはどうでしょうか?

大きな地図で見る
スポンサードリンク

スポンサードリンク
大阪の激安寿司激戦区といえば、まず春駒や寿司政、奴寿司がある天満が有名でしょうが、梅田のお初天神界隈にも、寿司屋が軒を並べる地域があります。
その中でも最も定評があるお店がこちら。

独特な三角形のカウンターの中では、3人の職人さんが忙しく寿司を握っておられ、非常に活気があります。梅田という場所柄か、関西弁じゃない出張と思しきビジネスマンの客も多いようですね。
回らない寿司屋の場合は、勘定が気になってしまうものですが、こちらは2貫200円からと下手な回転寿司顔負けの値段で、注文はプラスチックの板を客の前にある棒に通していくので安心です。

変な寿司屋で食べるとただ酸っぱいだけだったりするようなコハダも脂の乗りと締め具合のバランスが絶妙だったりと、ネタにハズレはなくてどれも新鮮、サイズも大きめなのでコストパフォーマンスは非常に良好です。
そしてサイドメニューの茶碗蒸しもアツアツで出汁の香り高い逸品で、まさに寿司界のトヨタ80点主義であり、どんなお客さんを連れていっても満足してもらえるお店だと思いますね。
夜は7時までに入れば、小ビールか赤だしがついてくるサービスがあるので、是非早い時間に訪れたいところです。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

縄寿司 (寿司 / 東梅田駅、梅田駅(阪神)、梅田駅(大阪市営))

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
比較的新しい店なのに、関西讃岐うどん界のドンである三ツ島真打のさらボン父さんのブログでも、何度と無く絶賛されているお店がこちら。

場所は中央環状線佐堂町交差点を少し北に上がったところで、八尾というよりも東大阪にあるという方が合っている立地にあります。建物は典型的なロードサイド物件という感じで、天井が高くて黒を基調としたしつらえがオシャレですな。
麺はグミ感とコシ、伸びが秀逸な国産小麦の熟成麺で、同系統の三ツ島真打と太さはそれほど変わらないものの、どことなくこちらのほうがしなやかで女性的な感じがするのが面白いところ。
うどんは注文の度に茹でられるのでタイミングによっては時間がかかりますが、常に茹でたてのレベルが保証されているのは安心感がありますね。
おでんやぶっかけのダシは甘めの関西風、暖かいうどんやカレーうどんのベースはイリコとカツオをガッツリ効かせた讃岐・関西折衷のタイプで、どちらも香りとキレが良く、さすがはマスターが割烹出身だけの事はあるレベルの高さです。

から揚げ、チキンカツ、天ぷらといった種物メニューも充実しており、チキンカツ定食なんかは柔らかくサックリ揚げられた鶏もも肉のカツと、小鉢や漬物、半人前以上はあるうどんがついて830円と、ボリュームと味を考えたら超が付く激安ですな。
おでんや天ぷら、から揚げ、フライといった単品も1個単位で頼めるなど、きめの細かいサービスが行き届いてますね。
この店で一つ、注文があるとすればカレーうどんの出来で、スパイス感がカレー粉由来のものだけなので少し単調な感じ。ダシが効いているので水っぽさは感じないですが、単品で790円と決して安くない値段だけに、もう一工夫欲しいところですな。
でも、総じて何を頼んでも外れがない、平均的なレベルが非常に高い名店だと思います。三ツ島真打が改装によって、どちらかと言うとうどん好きのためのストイックな空間になってしまったので、お年寄りや女性はこちらのほうが雰囲気的に落ち着くかもしれませんね。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

讃岐屋 雅次郎 (うどん / 弥刀、久宝寺口)
★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
調理隊に経験者が多数参加してくれるという事で、性懲りも無くデザートを作るという余計な手間を加えてしまったおかげでいつも通りのアタフタぶりでしたが、何とかかんとか皆さんのおかげで無事料理が仕上がりました。

しかも、myblackmamaさんにフレッシュカレーリーフを持って来ていただいたので、久々にあの南インドならではの芳香が立ち込めました。
ただ、今回は隣の部屋をキープできたので今回は35人体制の量を作りましたが、さすがにこの人数ではメインのポークカレーやワダの仕込み量が足りない気味になってしまって申し訳なかったです。次は1.5倍ぐらいの仕込み量で考えないとなあ・・・
では、恒例の料理の解説を。

A.ポル・ロティ
ココナツと青唐辛子を練りこんだスリランカ風の薄焼きパン。
B.パパド
パリパリに焼いた豆粉せんべい。
C.フレッシュココナツとタピオカのプディング
D.スリランカ風ポークカレー
前回のマトンよりもサラリとしたグレイビーでポークの淡白さを生かした仕上がりに。
E.大根のサンバル
Haggie氏渾身の、南インド定番の野菜と豆のカレー。さすがの安定感。
F.パリップ
ムングダルをココナツミルクで煮込んだスリランカ風の豆カレー。
G.かぼちゃのエリセリ
かぼちゃの焦がしココナツ風味煮込み。
H.アラ・ウェンジャナ
スリランカ風じゃがいもカレー。これはmyblackmamaさんにおまかせしてしまいました。
I.ベジタブル・パンチ
角切り野菜のレモン風味サラダ by Haggie氏
J.かぼちゃのポリヤル
かぼちゃが余ったので急遽Haggie氏に作っていただいた南インド風炒め物。
K.ワダ
ウラド豆をすりつぶして揚げた甘くないドーナツ。
L.グリーン・チャットニーとトマト・チャットニー
それぞれコリアンダーとトマトを使ったディップ。
M.ハバネロ・アチャール
myblackmamaさんに持って来ていただいたハバネロをパプリカと混ぜて即席漬けに。意外と辛くなかった?
N.芹と三つ葉のサンボール
ココナツやモルジブフィッシュを加えたスリランカ風の和え物。
O.シンハラ・アチャール
カリフラワーやニンジンなどをワインビネガーとマスタードで漬け込んだアチャール。
P.ハールマッソー
スリランカ風煮干のスパイス炒め。
Q.トマト・ライス
トマトのソースを混ぜ込んだライス。
R.ジャスミンライス
S.ナスのアチャール
いつもお馴染みナスの古漬け。
T.パロタ
パイ状に生地を織り込んだパン。(写真なし)
あと、途中でおやつとしてマサラワダを作り、ナオ♪さんにスリランカ土産のチャイをいただきました。
今回は19品かあ・・・相変わらず品数だけは豊富な枯れ木の山も賑わい状態ですな(笑)。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
今週のサイト更新は「知られざる支店」シリーズで行きます。
つい最近このあたりをふらふらしていた時に見つけたお店で、店名を見て「これはあの黒門市場にあるマグロ料理を出す店と同じじゃないか?」と思って近づいてみると、全くその通りでした。
まだネット上のどこにも内淡路店の情報は載っていないので、隠し玉として密かにネタを温存していたのですが、つい先日魔法のレストランに出てしまったようです。でも繁華街じゃない地味なオフィス街なのでその後もあまり人出は変わってないですが(笑)。
通常、個人経営に近い店が支店を開く場合、人材や材料の融通の面などで本店から近い場所に支店を開くパターンが多いのですが、ここはなんでいきなりこんなオフィス街の外れに支店を出したんでしょうかね?
メニューは本店の名物であるマグロカレーは無くて、ハンバーグやミンチカツ、カツ丼、鉄火丼というラインナップです。最近はまぐろや黒銀の名前は百貨店の惣菜コーナーでも良く見ますが、ミンチカツやハンバーグはどこかで下ごしらえをしたものをこちらまで運んでいるのかもしれませんね。
ちなみに、魔法のレストラン企画で今月末まで20食限定で1時からマグロカレーが提供されているようですが、あのあたりで1時を過ぎてからだったら20食も多分出ないでしょうな(笑)。
ハンバーグとミンチカツについてはあまりマグロの個性は感じられないので、マグロらしさを味わうなら鉄火丼とカツ丼を選ぶといいでしょう。
評価はこちら>>大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ