カテゴリ: 千林大宮

スポンサードリンク
千林商店街と言えば、例のテーマソングの次に衣料品の安さで有名なところですが、食料品についても規模は小さめながら激安店が揃っている場所でもあるのです。

そんな土地なので、地味ながらもコストパフォーマンスに優れた飲食店が立ち並んでいるわけですが、寿司については持ち帰りの店はたくさんあるのに、回転寿司についてはこの店だけが生き残っているのが不思議です。
当然、そういう店のクォリティが高いのは当然で、ここは1皿105円均一という大手チェーンと同一の価格帯ながら、寿司は職人さんによって握られ、ネタの質についてもボリュームについてもなかなかのものを出してきます。馬刺しや白子といった珍しいネタも豊富で飽きさせません。
そういう意味では、最近ここで紹介した大和田の回転寿司「一心」に非常に良く似ていると思いますね。ネタの質ではやや一心の優勢勝ちかなと思いますが、ボリュームでは若干こちらが勝っているような感じで、どちらも甲乙付け難いです。
座敷やテーブルは無くてカウンターのみですが、子供には寿司を半分に切って出してくれたりしますし、家族で訪れても気持ちよく食事が出来るお店ですよ!
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

すし倶楽部 千林エール店 (回転寿司 / 千林、千林大宮、滝井)
★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
本格的に梅雨が来てかなり蒸し暑くなりましたが、まだまだラーメン行きますよ!
最近は大阪でもラーメンブームの高まりが激しくて新店もどんどん出来ている状態ですが、サイドメニューの王道であるチャーハンを置いているところが少なくてちと寂しい気がしますね。

そんなラーメン屋のチャーハンフリークに一押しなのがこのお店。ネットで調べてみると、池田にある「らーめん日本」でチャーハン担当として働いていた方が独立して構えた店のようで、まさしくチャーハンのテクニックは折り紙つきですね!
そのチャーハンは、あらかじめ作り置きしている店が多い中で、ここは注文ごとに細かく鍋を振る技を駆使して作られており、空気を含んだパラリとした食感と少し焦げ目が付いた炒め方が特徴で、醤油ダレの香ばしさが生きていて噂どおりにおいしいです。
この時は、先にラーメンが来ちゃったので肝心のチャーハンの写真を撮り忘れてしまいましたが・・・まあ、ネット上に写真はいっぱいあるのでそちらをご参考にと言う事で(笑)。
ラーメンのほうも、あっさり目の豚骨醤油に「トロこつ」と呼ばれる圧力釜で煮込んだ豚軟骨が乗っかる「花丸軒」を思い起こさせるタイプで、味に派手さは無いですが地味に旨いです。そういや、日本橋にもこの豚軟骨入りラーメンを出してくれる店があったのですが、いつの間にか無くなっちゃいましたね・・・
ニンニクに刻み生ニンニクと揚げニンニクの2種類が置いてあるので、スタミナをつけたい向きにもお薦めのお店ですよ(笑)。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

らー麺大勝 (ラーメン / 千林、滝井、千林大宮)
★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ