カテゴリ: 摩耶山リュックサックマーケット

スポンサードリンク
先週の木曜日ぐらいまで天気予報が悪くて、開催が危ぶまれた5月のリュックサックマーケット。
しかし蓋を開けてみれば当日は快晴のドピーカン。少し木陰がかかる場所に店を据えて帽子をかぶって自衛していたにも関わらず、帰ってみれば顔と首筋がガッツリ日焼けしているぐらいにキツイ日差しでした・・・
今年から、昨年実験的に運営されていた「坂バス」が正式運用されており、行きしなは王子公園から乗りました。これで、かなり大阪側からのアクセスが楽になりますね~。

停留所も立派なものが据え付けれられていて、いかにも正式運用って感じですな。

そしてこちらが、4月にリニューアルされたまやビューライン夢散歩の摩耶ケーブル。車体は架線が無くなって窓が大きくなってます。そのおかげで、トンネル内では電灯がつかずにちょっと怖いですが(笑)、景色が良く見えるようになりましたね。

木曜の発注では取り寄せが間に合わなくて、カリーヴルストはホットドッグにできず、代わりとして食パンを添える形にしたのですが、逆に貧相な見た目になってしまって失敗しました・・・
事前の天気予報が悪かったのと、この日は神戸まつりやらタイ・フェスティバルやらで他に多くのイベントがあった影響でお客さんが少なく、子供らもおもちゃや絵本を持って行って頑張って売ってたのですが、買い手がなかなかいなくてちょっと可哀想でした。
親父の方も、タンドリーチキンは売り切れたのですがソーセージは半分余ってしまい、午後からは半額セールにして何とか売りきるなど、商売としては苦戦した1日になりました。
帰りに晩御飯を食べようとした店に入ってみると、予約で満席だと断られたりして、今回はいろいろ歯車が噛み合わないお出かけになってしまいました。まあ、楽しみましたけどね~。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
3~11月の毎月第3土曜日に開催されている摩耶山リュックサックマーケット。
11月は、あいにくの雨になって残念ながら中止。しかし、車体の新造が行われるために4月までケーブルカーが休止するということで、お別れ会も兼ねた臨時リュックサックマーケットが24日に行われました。
ただし開催場所は、山頂ではなくてケーブルカーとロープウェイの中継点となる「虹の駅」周辺で。

今の時期は紅葉も綺麗です。ケーブルカーも含め、写真を撮っている人がとても多かったですね。
翌日のグルコバに来たお客さんの中に、摩耶山リュックサックマーケット参加経験者の方がいたのですが、今回の延期開催の事を知らなかったようで、意外と皆に知れ渡っていなかったようでした。

そのせいか、出店者もお客さんもかなり少なめ。ハイカーの人は結構たくさん居ましたが、ハイクの途中でそんなに買い食いしてくれませんから、売れ行きはかなり低調。結局、ソーセージは1/4ぐらい売れ残り、ホットワインは半分ぐらい常連のメンバーに原価で押し付けてしまいました。
まあ、でも昔のリュックののんびりした雰囲気が味わえ、個人的には結構楽しめました。皆さん寒い寒いと震えておられましたが、炭火を炊いていたので自分は寒くなかったですしね(笑)。

ちなみに今回は、現在実験運営されている灘区のコミュニティバス「坂バス」に乗って、王子公園前駅から摩耶ケーブル駅まで行きましたよ。これに乗りたかったのもあって、今回参加したようなものですからね。
ピタパが使えないのは痛いですが、三宮からのバスより時間が早いですし、運行本数も多くて便利なので、何とか運用を続けて欲しいですよねえ。
来月は恒例の忘年会があるみたいですが、さすがに真冬の山頂に子供連れでは行けないので、リュックサックマーケットは来年4月までおあずけ。今度は新しいケーブルカーに乗ってレッツゴーですな!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
夏までは必ずといっていいほど第3土曜日は荒れた天気になって、なかなかまともに開催できなかった摩耶山リュックサックマーケットですが、10月は台風も無事過ぎ去り、早くから晴れ当確マークがついていました。
おかげで出店者は大盛況で、展望デッキの東側にまで店があふれている状態で、飲食をやっているところも非常に多く、何とドネルケバブの機材を持ち込んで焼いている人がいたのには驚きました。(@_@;)

そういう激戦ではありましたが、2時ぐらいにはカリーヴルスト・ホットドッグ、鶏肉のウイグル風串焼きカワプも何とか完売で店じまい。

最後にカラピンチャさんのところで、ワインとバーター交換でアーッパとルヌミリスをいただきました。
これで良かった良かったと言いたいところなのですが、今回は下手をすると1つも売れなかったかもしれなかったんですよね~。
実は、炭が嵩張るので今回はダイソーで買った豆炭を持っていったのですが、これが粘土を固めて色を塗ったんじゃないかというぐらいに燃えない代物で、発火剤代わりの早く火がつく炭も炎すら出してくれず、完全にお手上げ状態になったのです。
でもどこからか見知らぬ救世主が現れ、手持ちのバーナーを貸してくれて、それで予備に持って来ていた普通の炭に火をつけられたから良かったのですが、その炭もちょうど料理が売れ終わる頃に燃え尽きてしまい、まさに綱渡り状態での営業になってしまいました。
飲食は売れないと材料費の分がまるまる赤字になるので、非常に危なかったです。その時は必死であまり深刻に考えていませんでしたが、今から思い出すとよく乗りきれたなと冷や汗が出てきます(笑)。キャンプ用品は100均で買うもんじゃないですね・・・
そして止めは尼崎での乗り換え時に、居眠りしてて急に停車に気づいたために、大きい方のリュックを電車に忘れて翌日取りに行くはめに・・・疲れているところにさらなる追い打ちがかかってしまったのでありました。いろいろと反省。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
もう明日になってしまいましたが、摩耶山掬星台(まやビューライン星の駅下車)で行われる、摩耶山リュックサックマーケットに出店します。
メニューは、前回同様にカリーヴルスト・ホットドック、そして今回はウイグル風鶏の串焼き、カワプを炭火焼でお出しします。

前回のカリーヴルストはかなりケチャップが強いタイプだったのですが、今回はトマトとスパイスを効かせた大人の味にしようと思っています。
リュックサックマーケットには、京阪神のカレー好きの話題を一心に集めている「カラピンチャ」さんも出店するそうなので、間違いなく来て損はしませんよ!(笑)
天気も気持ちよさそうですし、みなさんも是非摩耶山にいらしてください! ただし、料理が売り切れないうちに・・・(笑)
スポンサードリンク

スポンサードリンク
去年に引き続き、どうも第3土曜日は天候にたたられることが多いようで、7月や8月の開催も中止の憂き目にあったリュックサックマーケットですが、9月はようやく万全の状態で開かれる事ができました。
ただ、3連休の初日という事と、まだ厳しい暑さが残る天候のせいもあってか、お客さんの人出はかなり厳し目・・・行きの三宮10時7分発バスも、いつもであればギチギチに詰まっているはずなんですが、今回は座席も満席にならずにずっと空いた状態が最後まで続くという状況でした。

今回は、カレー粉を混ぜたマサラケチャップを添えた「カリー・ヴルスト・ホットドッグ」と、いつものタンドリーチキンを用意して行きましたが、ホットドッグの最初は恐ろしい勢いで売れたものの、1時を過ぎるとお客さんがピタリと止まってしまい、最後の2本とタンドリーチキン6個は半分知り合いに押し付けるようにして無理やり完売を達成しました。(^_^;)
その中の1品は、カラピンチャさんが出店していたピッタラアーッパと物々交換のダシに使われたわけですが、そのピッタラアーッパは優しい味わいで大変美味しゅうございました。私のブースにまで奥さんがわざわざ届けていただいた心遣いも非常に嬉しかったです。

リュックサックマーケットで一生懸命物販しても、結局は材料費や交通費、お出かけの飲食代、子供たちの買い物三昧でいろいろ出費が多いですし、トータルで見ると割があるイベントではないのですが、この独特な空気感は何物にも代えがたい楽しさがありますね~。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ