カテゴリ: ニューオーリンズ

スポンサードリンク
いつもどおりダラダラとやって来たアメリカ話もこれでようやくおしまいです。
今回のニューオリンズ食日記の最後を飾るのは、やはりお登りさんらしくニューオリンズで最も有名な飲食店で。

もっとも、今では日本でもチェーン展開しているので、日本ではこの店がニューオリンズ発祥だと知っている人のほうが少ないかもしれません。そしてニューオリンズでもスタバ並みに市内のあちこちで支店を見かけるようになりました。
日本でチコリカフェオレ+ベニエの超定番セットを食べると600円はかかりますが、こちらではたったの$3強。今は円高なので為替手数料を含めても実質300円ってところでしょうか。
このほろ苦いチコリコーヒーの香りを嗅ぐと、いつもコーヒーとゴロワーズタバコの混ざった甘苦い匂いがしていた、かつて訪れたパリのカフェの風景をどことなく思い出してしまいます。
ベニエにはどっさり粉砂糖がかかってますが、生地には意外としっかりした塩味がついており、見た目ほどのベタ甘では無くて私のような辛党でもおいしく食べられます。ただし、食後に溶けた砂糖が指にくっついてベタベタするのが難点ですが(笑)。
このベニエが家庭で作れるミックス粉やコーヒー缶が、ニューオリンズのあちこちで売られていますが、必ずカフェ・デュモンド本店の近くにある公式ショップで買いましょう。なんせ、下手をすると公式ショップの倍の値段で売られてたりしますから、くれぐれもご注意の事。
Cafe Du Monde

http://www.cafedumonde.com/
スポンサードリンク

スポンサードリンク
ハリケーン以前は、バーボンストリートと言うと、どの飲食店からも常にジャズの生演奏が聞こえて来たものだったのですが、今は残念ながらかなりロックやカラオケ(!)ミュージックが増えてしまっている状態です。

バーボン通りがあるフレンチクォーターの一帯は、まだ洪水による被害は少なかったようですが、それでもニューオーリンズに来る観光客が完全にストップしたおかげで、多くの老齢ジャズミュージシャンがこの場所を離れるか、引退を強いられてしまったと言われています。
そんな中で、客が全く居ない日でも演奏を続けていたと言われるライブハウスが、こちらの「Maison Bourbon(メゾン・バーボン)」。
ここに来て値段の事を言うのも野暮ですが(笑)、生演奏なのにチャージ料が無くてドリンク代だけで楽しめるのがまたB級的に嬉しいところ。
ニューヨークのイースト・ビレッジなんかもそうだったのですが、アメリカではハイソな芸術はとことん高いけど、お金が無くてもいくらでも文化を楽しめるという点が日本とは違って凄いですよね。
洪水時のエピソードが無くても、いかにも商売じゃなくてジャズそのものを楽しんでいるんだな~という雰囲気が、彼らの演奏からもひしひしと感じられました。これからもジャズの灯を消さずに頑張ってほしいです。
Maison Bourbon
641 Bourbon St New Orleans, LA 70130

[map:641 Bourbon St New Orleans, LA 70130]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
フレンチクォーターの南側、いわゆるCBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)と呼ばれる地域は、ハリケーンの被害前は殺風景で荒れていた地域だったのですが、再開発でこぎれいな建物が増えてきつつあるようです。

そんなエリアの中で、アルゼンチンスタイルのステーキが旨いということで評判になっているのがこのお店。
何がアルゼンチンなのかは実際に行ったことがないので分かりませんが、メニューを見ると、アメリカで普通見るようなニューヨークカットだとかリブアイとかの他に、スカートやフランク、ハンガーといった聞きなれない部位のメニューが並んでいます。
そしてパンにはバターではなくオリーブオイルが添えて出され、ステーキのソースとして、白いガーリックソースとコリアンダーが効いた赤いチリソース、そしてオゼイユ(スカンポ)っぽい酸味のある緑のソースが容器に入って出されます。
私は店一番のお薦めであるCENTRO DE ENTRANA、つまりハンガーステーキをオーダー。ハンガーとはハンバーグみたいに聞こえますが、日本で言うところのサガリと呼ばれるハラミの一種なんですよね。
見た目こそ写真のようにあまりパッとしないのですが、食べてみるとこれがとんでもなく激ウマ!!
脂肪がほとんど無い赤身なのに抵抗無くナイフで切れるほど柔らかく、赤身の肉の味も非常に濃厚で、いつもなら途中で飽きてしまう事が多いアメリカのステーキなのに、最後までソースすら付けずに旨い旨いと連発しながら、14oz(約400g)の肉をあっという間に平らげてしまいました。
世界一と評判の高い、ニューヨークのPeter Lugarこそ訪れたことはありませんが、The PalmやRuth's Chris、Lawry's、Morton's、LA Primeといろいろアメリカのステーキを食べてきた中では、この店のこのメニューが最も旨いと断言できます!
また、付けあわせで頼んだフレンチフライも、アメリカ式にぶっといのではなくて、細くカラリと揚げたものにガーリックがかけられ、赤身の肉によく合ってました。
残念ながら、この店はチェーンではないのでおそらく他の都市で同じものを食べることは出来ませんが、アルゼンチンスタイルのステーキハウスはアメリカでも流行りつつあるようなので、アメリカンスタイルとはまた違ったおいしさを楽しんでみてはどうでしょうか。
La Boca Restaurant
857 Fulton Street New Orleans, LA

[map:857 Fulton Street New Orleans, LA]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
フレンチクォーターはいわばニューオリンズのへそであり、狭いエリアの中に歴史的史跡&建築・ショッピング・レストラン・ライブハウス・ストリップ小屋と、ほぼ全ての観光資源が集中しているという、何事にもエリアが分散しがちなアメリカでは極めて珍しい形態をした区域です。

当然、食べるところも観光客向けの店が多いのですが、その中で地元の人たちが普段着で食べに来たりテイクアウトしている姿が頻繁に見られるのがこのお店。
店名どおり、大半の人がオーダーするのがポーボーイ、つまりフランスパンで具をはさんだサンドイッチなのですが、そのパン自体の大きさが、日本で言うところのバタールぐらいのサイズで、ポーボーイ1個でマクドナルドのクォーターパウンダー4個分はあろうかというボリュームなのです。
他の人が頼んでいるボリュームに恐れをなして、私はポーボーイではなく、以前から気になっていたソウルフードメニューであるカントリーフライドステーキのプレートを頼んだのですが、写真を見ても分かるとおり、付け合せには大量のサラダとマッシュポテト、三度豆の煮込み、とどめにガーリックバターが塗られたパンが小山の上に鎮座ましまし、ポーボーイ以上にハードなものが来てしまいました(涙)。
カントリーフライドステーキは、いわばミンチカツを極端に平べったくしたもので、いかにもソウルな、しょっぱくてドロリとしたグレイビーをかけ、付けあわせと一緒にガシガシ食べると、とってもアメリカ的にジャンクな気分になれます。これで$7.95という値段なのだから場所を考えれば十二分にリーズナブルですよね。

まさしく、ニューオリンズ庶民の味の典型が楽しめる良い店だと思います。
Jonny's
511 St. Louis St. New Orleans

[map:511 St. Louis St. New Orleans, LA]


スポンサードリンク

スポンサードリンク
所要で、空港からほど近いKennerというところを訪れていた時に入ったシーフードレストラン。同じ建物の隣の扉はシーフードを売る店になっていて、そこの直営店という位置づけなんでしょうな。

シーフードレストランとは言え、店の中はカジュアルな街食堂という感じで値段も安く、昼時だったので地元のお客さんで店はほぼ満員の状況です。

私が頼んだのは、シーフードポーボーイ1/2サイズ(フランスパンを使ったサンドイッチ)とシーフードガンボスープ・カップサイズのセット。これで値段はたったの$7.95ですよ。しかもビールのジョッキサイズが$1.5で飲めるってのだから凄いです。フレンチクォーターではあり得ない値段ですよね。
味のほうも文句無しのレベルで、ここのシーフードガンボは濃厚で塩辛い従来のガンボ観をくつがえす、あっさりとしながらもシーフードの旨みが染み出た逸品で、ポーボーイのカキや海老のフライもカリッと揚がっていて大変香ばしいです。
ニューオリンズ市街から徒歩でたどり着くのは大変ですが、空港からレンタカーを借りるような時だとアクセスがしやすいので、チャンスがあれば皆さんも訪れてみてください。
Harbor Seafood & Oyster Bar
3203 Williams Blvd Kenner, LA 70065-4506

[map:3203 Williams Blvd Kenner, LA 70065-4506]


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ