カテゴリ: 家系ラーメン

スポンサードリンク
グルコバ前日の買い出しで食べた昼ごはんは、鶏肉購入のため千林に寄ったのでラーメンの「そらの星」に行きました。

実は、天満でアジを買ってしまったので頭のなかが魚介一色になってしまい、昼飯はものすごく寿司が食べたくなっていたのですが、今食べてしまうとアジへのモチベーションが下がりそうだし、翌日のグルコバでは昼から調理しつつ飲むのが習慣なので、連日の昼酒を避けるためにも泣く泣く我慢したのでした。

IMG_2917

前回行った時(この時も鳥清で鶏肉を買ってました(笑))は何故かスープがしゃばくてガッカリしたものでしたが、今回は食後には唇にゼラチンの粘りを感じたのでまだマシかな・・・絶好調時にはスープが少し冷めるとあっという間に膜が出来たぐらいなので、それに比べるとまだ軽いですが。

それよりも驚いたのが、味や油をノーマルにしたのに、それぞれ濃い目・多めのレベルで出て来た事。確かに関東であればこれが普通なんでしょうけど、関西はそれが受け入れられなくてそらの星でもあえてライト方向にした経緯があったと思うのですが、今やローカスアジャストしなくても良くなったという事なんでしょうかねえ?

まさか自分が顔を覚えらているとは思えないので不思議です・・・いやラーメンの出来には不満無いのですが、これもやっぱりブレの範囲内なんでしょうか。どうもご馳走様!

関連ランキング:ラーメン | 千林大宮駅、森小路駅、関目高殿駅

スポンサードリンク

スポンサードリンク
巷で流行の創作系ラーメンにはついて行けませんが、相変わらず二郎系と家系ラーメンには目のない私・・・(笑)

最近はやたらとラーメン店が増殖しつつある近大前商店街に、家系のラーメン屋が出来たと聞いてから随分日にちが経ってしまいましたが、ようやくデータをアップする事が出来ました。

東京の中野にある「武蔵家」が手がけている店だそうで、関大前にも同じ系列の店があるそうですね。

kyoudouya

ほうれん草と海苔、肩ロースのチャーシュー、麺の硬さ、鶏脂の多さ、タレの量を指定できるシステム、ゴマ、酢、豆板醤のトッピングはまさしく家系王道です。

スープの味は本場の家系に比べると幾分ライトで、油の量も少なめ。チャーシューとほうれん草は柔らかくて美味しいですね。

値段は1杯600円と安いですが、その分麺の量はちょい少なめかな・・・ただし、学生街にあるので大中小サイズあるライスが無料で、きゅうりの漬物も完備してあるのが嬉しいです。

kyoudouya2

700円のつけ麺は、麺と具はそのまんまで、スープを濃い目にして酢を若干加えただけなのであんまりラーメンと代わり映えがしません。値段を考慮するとラーメンで十分ですね。

クーポンでトッピングが1つサービスだったりするので、海苔を増量してご飯にまぶして食べるのがオススメ。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

教道家ラーメン / 長瀬駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
昨日はグルコバで毎回お世話になっている「えて吉」さんのところに皆が集まり、各自が好きな料理を持ち寄ったり作ったりする昼飲み会をやっておりました。
私はシンガポール名物の「ペーパーチキン」を作る事に決めており、この料理はとにかく鶏肉の質が物を言う品なので、千林商店街にある「鳥清」で朝引きの大山どりを仕入れに行きました。
で、ランチは久々に家系ラーメンの「そらの星」をいただく事に。

家系自体も久しぶりなので堪能・・・と言いたいところだったのですが、何故かスープがシャバい・・・
以前はちょっと置いておくとスープの表面にゼラチンの膜が張っていたのに、今回はそんな様子は微塵も無し。ヘタすると魂心家のほうが濃厚なんじゃ・・・
たまたま今回が出来のブレだったと思いたいですが、この調子が続くようならちょっと今後は遠慮したいですなあ。
スポンサードリンク

スポンサードリンク
もともとラーメン好きの私なのですが、最近の大阪での新店ラッシュと、それらの店の限定メニューラッシュと価格高騰ぶりについて行けず、今は既存店ばかりに行ってしまってさっぱり新規開拓が出来ていません・・・

と言うわけで、並ラーメンなら600円で食べられる家系ラーメン、「そらの星」にやって来ました。
この日はご飯より麺好きの娘を連れて来ており、サービスのライス+並だと自分がご飯ばかり食べるハメになるので(笑)、ライスはお断りして中盛を頼みました。
以前から、スープが関東の家系に比べるとパンチが無いな、と感じていたのですが、今回はタレの辛さは依然としてマイルドなものの、スープのコクがアップしていて物足りなさは全く感じませんでしたよ。
豚は相変わらず家系にしては珍しく柔らかいですし、関東の店を合わせても間違いなく上位に来るレベルじゃないかと思いました!
いや~、ちょっと前までは食べることすらかなわなかった家系や二郎系が、大阪でもちゃんとしたものが食えるようになったのだから、時代は変化してますよね~。大変ごちそうさまでした!


関連ランキング:ラーメン | 千林大宮駅、森小路駅、関目高殿駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日は久々に東京への出張だったのですが、1日に訪問先が2軒入るというハードスケジュールだったので、乗換駅の近くで食べるしか選択肢がありませんでした。

しかも、仕事が終わって新幹線までにゆっくり酒を飲む事はもちろん、行列を待っている時間はとても無いので、ラーメンの人気店などはなから無理・・・
なので消去法で選んだのが、渋谷にある家系ラーメン店の「侍」。
本家二郎で食べられないのが残念ですが、こちらには野菜がてんこ盛りになった二郎風の「侍王」というメニューがあったので、興味を持ったというわけです。
その侍王は、うず高く積まれた野菜に、家系としては分厚いチャーシューで見た目は期待を抱かせたのですが・・・
一口食べてみると、なんか家系標準の酒井製麺製の麺と、野菜の歯ごたえがどうも合わない・・・麺が柔らかめに茹でられていたので、余計に違和感を強く感じましたね。
二郎のあの麺は、ゴワゴワだとかボキボキだとか言われて関西方面ではあまり好評ではない様子ですが、やっぱりあの野菜とスープ、豚には麺の自己主張が激しくないとバランスが取れないんだな、と再確認させられた一日でした(笑)。


関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅、代官山駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ