カテゴリ: 家系ラーメン

スポンサードリンク
千林商店街での買い物でラーメンと言えば、やはりこの店が第一候補になりますね。

いつものラーメン並、味濃い目、油大目で注文。
やはり関西向けにパンチよりも旨みを膨らませている方向性は前回の訪問時と変わりませんが、スープの濃度は上々でボディにしっかり重みがあるので物足りなさは感じず、満足度は高かったです。
あと、今回はチャーシューが柔らかくてホロホロと崩れる感じになっていて、家系標準のみっしりしたチャーシューより一段レベルがアップしたタイプになっているのが嬉しいです。
たまたまかもしれませんが、ほうれん草も柔らかめに茹でられていて、全体がはんなりとした印象でまとめられている一杯だな、という気がしました。
具とダシ、麺が渾然一体となるのが大阪うどんの特色ですが、そういう意味では良い意味での関西アレンジがさらに進化したと言えるかもしれません。
いや、大変満足しました。ご馳走様。また来ますね!

そらの星 (ラーメン / 千林大宮駅、森小路駅、関目高殿駅)

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
また飽きずに来てしまいましたよ、「そらの星」。

今回は前回の反省を踏まえて味濃い目・油多い目でお願いしましたが、やはりスープの存在感よりもタレの旨みが若干勝っている感じになってしまってますね~。
これはこれで十分おいしいとは思うのですが、一時閉店をする直前に食べた時の、濃度・タレの濃さともにパンチがあった、吉村家っぽいスープに戻って欲しいんですがねえ・・・やっぱり大阪じゃ難しいのかなあ。
でもまた食べに来ると思います。ご馳走様!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
今年の始めから、ずっと研究中で休業との張り紙がしてあって心配していた「そらの星」が、ようやく復活したとの情報を聞いて早速訪れてみました。

見た目は以前とは全く変わらない感じですが、食べてみたところでまず感じたのは、旨み成分が増えてまろやかになったなと。
実は休業する直前にも一度行ってまして、アップする前に休業が分かったので結局書かなかったのですが、その時の出来が、濃厚かつビシッと醤油が効いていて素晴らしく、これでこそ家系だ!と感嘆していたのですよ。
その感想とは逆に休業してしまって、かなりの肩透かしを食らってしまったのですが、やっぱり関東並の塩気だと嫌がるお客さんが多かったのでしょう。
開店当初のように薄味だと家系を知っている人からはクレームが来て、濃くしたらしたで文句を言う人が出たとしたら、旨みのボディを膨らませつつ塩気を抑える方向にしたのも頷けます。
個人的には今のバージョンは旨みがちと過剰な気がして、少し残念な方向にシフトしてしまいましたが、店が潰れては元も子もありませんからね。
今度は味濃い目で頼んでみます。ご馳走様でした!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
大阪市の旭区役所裏に、「道頓堀ラーメン大食堂」にあった六角家の撤退後、すっかり大阪から消えてしまっていた横浜家系の店が誕生したと聞いて、家系好きの私としては早速チェックしてみる事にしました。

店は長~いカウンター席のみで、オープン祝いの花とかも飾られていて、和風のテイストを生かした小ざっぱりとした内装です。
ラーメンは、もも肉チャーシュー、ほうれん草、海苔と見た目は完璧な家系ですね! 写真は海苔増しで頼んだもので、通常だと海苔は4枚になります。
ただ、スープを飲んでみると結構味が薄い・・・いや、コクはちゃんとあるのですが、あの家系をイメージするとタレの濃さや油分が足りない気がします。後日、味濃い目・油多めで頼んだらかなり本場の印象に近づいたので、現地仕様を望まれる方は注文時に指定したほうがいいかと思います。
それでも、今時600円という値段で、全営業時間でライスが1杯サービスで付くという店の心意気がいいですな!
場所的に、ラーメンオタクや観光客に期待できる立地ではないので、なかなか濃厚路線で行くのは難しいかもしれませんが、是非本場そのままの味で勝負していってもらいたいものです。
詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

そらの星 (ラーメン / 千林大宮、森小路、関目高殿)
★★★★ 4.0


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ