カテゴリ: 寝屋川市

スポンサードリンク
この日は、寝屋川市駅前のイズミヤでやっているガス展に行くためにチャリでお出かけ。

10年ほど昔、一時期萱島のあたりに住んでいた事があって、その時は買い物をしに寝屋川市駅まで週末は良く行ってました。

その時にいつも通りがかっていたのがこのラーメン店。当時は夜しかやってなかったのかは分かりませんが、昼に前を通っていても開いていない事ばかりで、見かけもボロくて何が何でも行ってみようという気にはならず、結局行かずじまいなままで別の場所に引っ越してしまいました。

でも今は黒を貴重にしたモダンな店構えにガラリと変わり、食べログを見てもランチタイムに営業している様子だったので、ようやく初訪問となった次第。

中はテーブルとカウンターがあって意外と広く、近所の勤め人で結構賑わっています。で、私の注文はランチタイムサービスであるラーメンとチャーハンのセット890円。

hisami

ここはとにかくラーメンのスープが独特で、茶褐色で背脂が浮いたスープにはかなり強めのトロミとほんのりした甘さと酸味がある独特のもので、どこか寝屋川の一作を思い出すような荒々しさを感じます。

麺は中太のストレート麺でこれといった個性は無し。メンマはかなり甘めですが、バラ肉のチャーシューはトロトロと柔らかいです。

hisami2

チャーハンはそのチャーシューがかなりたっぷり入っていて、パラッと炒められてなかなか美味しいです。

とにかくスープの個性がはっきりしているので好みは分かれそうですね。自分的にはこれでもう少し全体的に値段が安いと嬉しいのですが。どうもごちそうさま!

ひさみラーメンラーメン / 萱島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
そんなに量が食べられないにも関わらず、相変わらず二郎系ラーメンが好きな私。とある情報で、京阪萱島駅の近くに新しく二郎系ラーメンの店が出来たと聞いて、早速やって来ました。

IMG_3219

看板に色が黄色に黒文字で、完全に二郎を意識した配色になってますね。店内はカウンターのみで10席程度で、奥がキッチンになっているようです。

ラーメンは普通と大盛が同額で690円。味噌ラーメンや辛味噌、豚増量のオプションもありますが、ここは普通にノーマルで。

IMG_3218

麺量は普通で340gらしいですが、加水率高めな麺なので二郎換算で250g程度ですかね~。腰はそんなに無くて普通の太麺という感じです。

スープは茶色く濁ってますが、ゼラチンや油はそれほどでもなく、ダシ感は薄め。タレもそんなに効いてなくて日本橋の影郎に近いタイプですね。

豚はウデ肉で柔らかいところと堅いところが混在しています。サイズは10cmぐらいの大きさ、厚みは5mm程度でちと物足りないですかね。

残念ながらニンニクは業務用だし、見た目こそ二郎系ではありますが実質的には別のラーメンですなあ・・・京阪沿線でないとアクセスが厳しいし、ちょっと再訪は無さそうな感じでしょうか。ごちそうさん。

みずくラーメン / 萱島駅大和田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

昼総合点★★★☆☆ 3.0



 
スポンサードリンク

スポンサードリンク
この店は、日本酒好きの嫁さんが馴染みにしているお店で、私自身も最初に訪れたのは結構前だったのですが、自分が日本酒を飲むと酔っ払いやすいのと、距離的または精神的に自分から近い店はついつい訪問を後回しにしたがる悪い癖があって、サイトに載せられるほどの回数をこなすのに随分時間がかかってしまいました。
1年以上のスパンがあると、店の内容もいろいろ変わって来るのが世の常なのですが、この店については着実に進化、成長していっているようでとても嬉しいです。

日本酒のラインナップは、神亀、作、楯野川といったマニア垂涎の銘柄、しかも純米大吟醸や限定品まできっちり揃えてくる守備範囲の広さもさる事ながら、燗にする場合は湯煎器とセットになった錫徳利に入れて供されるなど、飲ませ方にもこだわっているところが見事です。
アテも、最初の頃はラインナップがちょっと弱いかなと思ったのですが、今は質量共に充実していて物足りなさは全く感じません。
名物の芳寿豚メニューはもちろんの事、一見すると何の変哲もないおでんのダシを飲んでも分かる通り、酒の場合と同様に誠実な姿勢が感じられて気持ちいいです。
今では、ここで紹介するまでも無いぐらいに常連さんで埋まる人気店になってしまったのも当然と言えますよね!
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

日本酒のめるとこ日本酒 / 萱島駅大和田駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週の土日は、グルコバとその準備のために時間が取れそうになかったので、金曜に有給を取ってふるさとの京都まで墓参りに行って来ました。
せっかくなので、京都までチャリで行こうかと一瞬考えたのですが、疲れてグルコバで働けなくなる可能性が高そうだったので、素直に電車で行きました。
でも、全部電車だと京橋回りになっちゃうので、電車賃節約のために萱島までは自転車で。で、久しぶりに駅前の「つうつう」で天ぷらうどんの朝ごはん。

ここのダシは、ちょっと甘めで自然な旨みが効いていて、何とも自分好みなんですよね~。ただ、今回はちょっと天ぷらの油が古かったみたいで、酸化した臭いがあったのが残念です・・・
萱島や古川橋のあたりも随分立ち飲み屋が増えていて、宿題店もいくつか出てきているので、そのうち攻めて見たいと思っています。どうもご馳走さん!


関連ランキング:うどん | 萱島駅大和田駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
土曜は、借りていた本を返しに寝屋川図書館へ行っておりました。で、ドライブのお出かけだったので昼飯は車でアクセスしやすい一作へと久々に。
メニューを見ると、普通のラーメンの他に「超こってり」というメニューが出来ており、三国店の廃止で天下一品では超こってりが食べられなくなってしまったというのもあって、反射的に頼んでみました。

出てきたラーメンは、普通のラーメンとは違う丼に入っており、何やら黒い液体がかけられていておどろおどろしい雰囲気です。
食べてみると、確かにスープのドロドロさ加減は通常よりも1.5倍増しぐらいになっており、麺を持ち上げるとスープが絡みすぎてて丼にほとんど液体が残りません(笑)。
味の方は、スープが濃くなった分、雑味や臭みというものまでパワーアップしており、そこに例の黒い液体「マー油」の臭いが合わさってクドさ倍増!ヽ(ToT)丿
いや、天下一品は一作よりもまだ洗練された味なので超コッテリでも耐えられましたが、一作のこれはかなりキツいっす・・・正直、普通のラーメンにしときゃよかった。
実は超コッテリにはレベル3まで存在しており、私が頼んだレベル1でも厳しいのに、いったいどんなシロモノが出てくるのやら・・・皆さん、一度罰ゲーム感覚でトライしてみてはどうでしょうか(笑)。


関連ランキング:ラーメン | 寝屋川市駅香里園駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ