カテゴリ: 尼崎市

スポンサードリンク
尼崎界隈には、立花や出屋敷などに「あさひ」と名がつく串カツ屋が何軒かありますが、その中の総本店らしきお店がこちら。一度、グルコバの打ち上げでも寄ったことがあったりします。

串カツと言えば今では新世界の二度漬け禁止なお店が有名ですが、こちらはソースが辛口と甘口の2種類あって、それぞれを皿に注いで使う方式になっています。

CA390703

カツ自体のサイズは少し小さめで、ふんわりした衣に荒目のパン粉を軽くまぶし、パン粉にはっきり色がつくぐらいに高温で揚げるのが特徴的。食感はバリバリとしていかにもビールに合う串かつです。

メニューは30円の豚玉ねぎ、イカ、キス、140円の牛から、180円の貝柱やホタテ、一番高いのが冬季に出る牡蠣の220円と海鮮が比較的豊富で、季節によってはホロ苦い稚鮎などもあったりします。

kushikatsuasahi2

あと、ランチメニューがなかなか充実しているのも子供連れには嬉しく、串6本とご飯、美味しい味噌汁がセットになった串かつ定食が710円と単品で頼むよりずっとリーズナブル。

kushikatsuasahi3

本当にとんかつ屋で出そうなそのまんまの定食もありますが、昼からビール率が異常に高いので、飲兵衛が勤務中にランチで来たりすると凄くつらい目に合ってしまうので注意(笑)。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

あさひ 尼崎本店串揚げ / 尼崎駅(阪神)出屋敷駅大物駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
グルコバの開催でお世話になっている阪神尼崎の商店街。
その中の三和本通商店街に、尼崎の地場物産を販売している「MiA(メイドイン尼崎)ショップ」というお店があり、そこで売っているワンダフルソースという地ソースが前から気になっていました。
このソースを作っているのは、尼崎市の北部、園田の方にある「ハリマ食品」というメーカーで、甲子園球場で売られている焼きそばもここのソースを使っているそうですね。
パッケージは、ツートーン地のラベルに「WANDAFURU」と何故かローマ字スペルになっている黒一色の文字、そして何ともゆるキャラな坊やのイラストが描かれてあってオシャレですね。ヘルメスソースのラベルがアール・ヌーヴォーだとすれば、さしずめこちらはアール・デコの趣があります。

ソースの封を開けてまずビックリしたのは、シュポッ!とシャンパンの栓を抜いた時のような音がした事。おそらく、瓶内で発酵が進んでいたせいなんでしょうが、当たり前ですが全く予測してなかっただけに腰を抜かしました(笑)。
早速スーパーで買ったメンチカツにかけて食べてみますと、まず驚いたのがフェンネルの香りを感じたこと。クミンやコリアンダー、シナモンはウスターソースでお馴染みの香りではあるのですが、ちょっと仁丹っぽいフェンネルをここまで効かせたソースは非常に珍しく、インドっぽい個性がありますね。
でも辛味成分はそれほど強くなく、スパイシーではありますが刺激性は少なくまろやかで、子供用にも十分いけますね。そして個人的には甘みが少なめなのが嬉しいです。関西のトンカツ地ソースはお好み焼き用がメインの用途なだけに、甘みが強くてそのままだとフライものには使いにくかったりするのですが、これなら十分他の用途に使えます。
買う前は、正直言ってあまり期待はしてなかったのですが、まさに万能型のとんかつソースと呼べる魅力の高い品で、これは思わぬ掘り出し物でした。メイドイン尼崎の通販サイトでも購入できるみたいなので、皆さんも是非お試しを!
スポンサードリンク

スポンサードリンク
ホルモンと言うと、全国的には大阪、大阪的には鶴橋というイメージがあるのですが、そっちはどちらかと言うと韓国系の牛ホルモンが主流であって、それとは別の大きな流れが関西にはあったりします。

それが、沖縄の流れをくむ豚ホルモン。主に、西成や大正、そして尼崎という工業地域に沖縄から職を求めて移住してきた人々が広めたもので、この店も「鹿児島屋」という屋号にそのルーツが感じられます。

豚の肺という、単価では最も安い部位を使った店というと、西成の「きらく」や「権兵衛」、新世界の「丸徳」といったところを思い出しますが、ここはその中でも最もワイルドなタイプだと言えるでしょう。
タレは味噌と醤油、ニンニクが入っており、見た目よりもあっさりしています。そしてホルモンからはガッツリの獣臭(笑)。
権兵衛や丸徳は泡盛なんかで煮込まれているので臭みを抑えた仕上がりになってたりしますが、ここのホルモンは焼いているせいか、さらに癖が強く感じられます。体調が悪い時には店の前を通るだけでもキツイかも(^_^;)。
しかも客層は「きらく」に匹敵するぐらいにディープ。メニューは焼き魚とか冷奴といった簡単なものも置いてあり、常連の人はそれらを頼んで長居している人が多いですね。その辺は、より生活色が濃い尼崎ならではという感じでしょうか。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

鹿児島屋ホルモン / 出屋敷駅尼崎駅(阪神)

夜総合点★★★☆☆ 3.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
実は、これからエントリーを書く2店については、先週のうちに本サイトで既にアップしていたんですよね。でも、グルコバと駅弁ネタが詰まっていたので、ブログは後回しにしていました。もう1週間経っちゃいましたが・・・
さて、ここは以前にもブログで紹介したことがあるお店ですが、グルコバやその予約で尼崎に行った時に何度か立ち寄ることが有り、だいたい店の実力がわかってきたので本サイトに掲載しました。

マスコミには、醤油味野菜あんかけが載ったチャンポン、いわゆる「尼崎チャンポン」で知られている店ですが、実はそれ以外のメニューも平均して美味しく、チャンポンだけを頼むにはもったいないお店です。
チャーシューが隠れた自慢なのか、普通のラーメンにも分厚いものが3枚ぐらい入っていますし、炒飯にも大きく刻んだ物がゴロゴロ入っていて、非常に豊かな気分にさせてくれます。
クリスピーで大きな唐揚げや、からりと揚がった豚天に甘酢あんをかけた酢豚などのメインに、さらにふっくら卵焼きまで載った定食が680円という嬉しいプライス。ビールを頼むと、おつまみが出てくる心遣いも嬉しい。
何を食べても安心、満足できるB級グルメの良店ですね!
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html


関連ランキング:中華料理 | 尼崎駅(阪神)出屋敷駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
老夫婦が営む古びた洋食兼中華料理店というのは、関西における典型的な「絶滅危惧種」なわけですが、その貴重な空気が芯から味わえる数少ない名店の1つです。
しかしその中華洋食の店も、味やCP自体は二の次という店は少なくなかったりするわけですが、こちらはその点でもハイレベルをキープしているのが素晴らしいです。
一番人気のとんかつランチは、650円という値段ながらこの素晴らしい内容! マヨネーズがかかったハムが嬉しいです。

オムライスは楕円形の皿の底が見えないぐらいに大ぶり、ラーメンも生麺が使用されていて食べ応えも十分。この2つで大の大人も腹がいっぱいになりますよ。

元祖コークボトルデザインの瓶で出て来るコカ・コーラがほぼ原価の110円というのがまた泣かせますよね~(笑)
アクセスが悪い場所にありながら、昼時は常に満席、諦めて帰るお客さんも続出の人気なのも頷けます。
ご高齢で腰が曲がってしまったお母さんを気遣って、食器はカウンターまで持って行く常連のマナーがまた微笑ましいですよね。
とにかく1日でも長く、お店を続けられることを願っております!
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html


関連ランキング:洋食 | 出屋敷駅立花駅尼崎駅(阪神)


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ