カテゴリ: 尼崎市

スポンサードリンク
来年1月に開催するグルコバの予約をしに、土曜日は尼崎の会場まで出向いておりました。
尼崎に来ればどっかでランチと酒と行くのが定番なのですが、最近ちょっと節制中なので昼酒は自粛。尼崎中央商店街店に三和店と、何故か同じアーケード内に2軒あるうどん店、「こんぴらさん」に行きました。
野田の店には何度か行って、本サイトにレビューを載せていますがこちらでは初めて。

天ぷらもんが食べたかったので海老天うどんにしましたが、後でテーブルの上に天カス入れがあったのに気づき、かやくご飯も食べるのだから天カスで良かったのにとちょっと後悔しました(笑)。
うどんは手打ちですが、ちょっと茹で置き時間があったのか柔らかめ。でも、関西風の天然出汁とソフトなうどんの食感があって美味しくいただけました。どうもご馳走様!


関連ランキング:うどん | 尼崎駅(阪神)出屋敷駅大物駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
グルコバの会場であるサンシビック尼崎の付近、尼崎中央商店街の少し脇にあるうどん屋さん。
以前から気にはなっていたのですが、どうもここ最近の大阪での讃岐うどんブームには食傷気味で、なかなか訪れるモチベーションが持てないでいました。
いや、讃岐うどん自体は大好きなんですが、大阪の店は今やどこも天ぷらぶっかけが780円とかの高級路線、うどんは熟成グミ麺、ダシは関西風鰹ダシの金太郎飴で、ラーメンファンの間では魚介豚骨つけ麺を「またおま系」と呼んでたりしますが、まさにまたお前か!という店ばっかり。
しかしネットで見てみると、ここは香川のセルフ店そのままのスタイルと値段だったので、安心して訪れてみることにしました。

うどんは今時珍しい純手打ちで、手切りと強いネジレの不揃い感が良い感じの無骨さを醸し出しています。食感は見た目通りの剛麺で、ダシも香川直球のいりこダシなのが嬉しいですね。

値段はかけが280円、たっぷりの肉トッピングや天ぷら、おにぎりが100円、肉ギッシリのカレーうどんが480円とこちらも現地レベルな安心価格。
讃岐一番が門真から堺に移転してしまったので、こういう店が頑張っているのは貴重で嬉しいことですね~。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

本格さぬきうどん 穂乃香うどん / 尼崎駅(阪神)出屋敷駅

夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0


スポンサードリンク

スポンサードリンク
グルコバ募集開始のタイミングは、ちょうど次々回の会場予約のタイミングでもあります。
なので、会場に行ったついでのお昼ごはん。今回は電車で行ったので、商店街付近にあるこの店にしてみました。
ちょっとコンサル系が入ったっぽいお店で、閉店時間は朝方4時だし場所柄的にも夜の飲み客用かなという気はするのですが、ランチタイムは大きめのおにぎりが2個サービスになっているので、昼も結構使えるお店ですよね。

スープは、豚骨と鶏がらを使ったとろみのある濃厚スープで、まあ営業時間と寸胴の綺麗さを見るとセントラルで作られたものかなとは思いますが、そこそこまとまっていておいしいです。
チャーシューは圧力鍋で柔らかく仕上げられ、味玉半玉もちゃんと半熟になっているし、某道頓堀近辺のラーメン屋よりはしっかりした仕上がりになってます。

ビールのお供には餃子という事でオーダーしましたが、冷凍なのかちょっと餡がジューシーさに欠けていまいちだったかな・・・

でもラーメンとおにぎり2個だけなら680円なので、これはなかなかお得ですよ。ご馳走様!


関連ランキング:ラーメン | 尼崎駅(阪神)、出屋敷駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
日曜は嫁さんの花見イベントで運転手・・・こういう良い天気には俺も昼から桜を見て飲みたいよ~。
とボヤきながらも途中でいろいろ買い物をこなしつつ、会場についた時にはもう1時前。なので、会場近くで昼飯を食べられるところを探してみたら、こんな素晴らしいお店を発見!
店の看板には「中華洋食」、外には古ぼけた食品サンプルと見た目もバッチリ。

で、メニューを見ると、トンカツ400円、中華そば300円、コーラ110円と全くもって昭和の値段と完璧ですな! でもビフカツが500円なのにチキンカツが600円ってのが解せませんが・・・(笑)
その中から一番人気らしい、トンカツランチ(650円)を注文。

大きな一枚皿の中には、トンカツと目玉焼き、ハム、ポテトサラダ、ケチャップスパと値段から考えられないほどの盛り沢山。トンカツにかかっているドミグラスソースは甘めの独特なタイプですね。
いや、今や大阪でもほとんど見られなくなったローカル中華洋食を堪能させてもらいました。マルヤという屋号の洋食店は阪神間にいくつかあるようですが、他の店も行ってみたくなりましたね。
ちょっと子連れでは歩いて行くのが難しい場所にあるのですが、老夫婦のご年齢を考えてもおそらくこの店を続けていられる時間はそれほど残されていないでしょうし、車で会場に来る事があればこれからも通ってみたいです。どうもご馳走様~!


関連ランキング:洋食 | 出屋敷駅、立花駅、尼崎駅(阪神)


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この日はグルコバの会場予約のために、阪神尼崎までお出かけ・・・なんだけど、どうも体調が悪くていつもの昼酒をキメる気分にはならず、前からちょっと気になっていた、現存する日本最古のラーメン店と謳っている「大貫」に行ってみることにしました。
ラーメン好きの私なのに、グルコバ関係で何度も前を通っているこの店に今まで訪れなかったのは、ひとえにその値段の高さ。
特に何か凄い食材が使われているわけでもないのに、ラーメンが800円、焼き飯が900円、ちゃんぽんが1000円ってのはB級グルメ好きの大阪人として有り得ないレベル。
でも今回は食欲的にラーメンだけで十分で、ビールも飲む気にならなかったので、800円だけ使うならいいかと思って入ることにしました。

で、その伝統のラーメンを食べたわけですが・・・まあ、太めの手打ちたまご麺はシコシコとしておいしかったですが、スープはとろみのある豚骨鶏がら醤油で、ちょっと酸味を感じる以外はそれほど驚きはありません。
もも肉と思われるチャーシューもぶ厚めなのはいいですが肉質が固いです。メンマやきくらげといった他のアイテムも含めて具のボリュームは多めですが、それでも800円は無いですね。
まあ、チャーハンとビールをいただきにもう1度ぐらいは来るかもしれませんが、ラーメンはこれで十分ですね。ご馳走様。


関連ランキング:ラーメン | 尼崎駅(阪神)、出屋敷駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ