カテゴリ: 尼崎市

スポンサードリンク
今はB-1グランプリと言えば、町おこしを図る全国の自治体が優勝を目指して死に物狂いになる日本有数の食イベントになってしまいましたが、何故かBグルの代名詞である大阪からの出場がほとんど無かったりするんですよね。
ネギ焼きやどて焼きはもはや全国的に当たり前過ぎるしょうが、イカ焼きやちりとり鍋、岸和田のかしみん焼き、大正のホルモン串、平野の串かつ、西成のあっさりしたホルモン煮込みなど、特徴のあるローカルグルメは多いと思うんですがねえ・・・
そしてここの「尼崎ちゃんぽん」も、そんないまいちメジャーになりきれないご当地Bグルの一つである事は確かでしょう。

尼崎ちゃんぽんの特徴としては、豚骨ではなく醤油味のあんかけスープとたっぷりの野菜が載っている事で、個人的にはこういうタイプは好きなんですが、横浜方面で有名なサンマーメンに似ていると言えばそうですし、やはりB-1に出るほどのインパクトがあるかと言われると微妙ですねえ・・・

この日はグルコバ前の腹ごしらえとして、炒飯と一緒のセット、そして餃子を注文しましたが、餃子は野菜たっぷりで200円とリーズナブル、炒飯は刻みチャーシューの味が効いていてとてもおいしかったですよ。
昼時だったのでどんどん後からお客が入って来て、Bグルうんぬん関係なしに街場で愛されている人気店なのだなと思いました。


関連ランキング:中華料理 | 尼崎駅(阪神)、出屋敷駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
前々回から、グルコバをサンシビック尼崎で開催している関係で、阪神尼崎駅界隈にお邪魔する機会が増えました。
となると、予約に出かけたりした時に、どうしても立ち飲み屋などに寄りたくなるのが人情でありまして(笑)。ここがすっかりご贔屓になってしまいました。

朝の8時半からオープンしているというだけでも凄いのに、昼間っから近所のご隠居さん、労働者の骨休め、何故か学生っぽい人などで非常に賑わっているのだから驚きます。つーか、これじゃほとんど西成・萩ノ茶屋のノリですがな。
アテや酒は滅茶苦茶激安ってわけじゃありませんが、どれもこれもしっかりしたボリュームがあり、刺身や焼き鳥なんかは酒屋の立ち飲みだとスーパーなどから買ってきておしまいのところが多いのですが、ここはちゃんと大きなサクから都度切り出したり、砂ずりもちゃんと厨房で掃除してから串に刺しておられ、極めて良心的ですよね。
グルコバが終わった時間まで営業されていないので二次会に使えないのが残念ですが、これからもちょくちょく寄らしてもらうと思います~。
詳しい感想・情報は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」で!
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

下山酒店 (立ち飲み居酒屋・バー / 尼崎駅(阪神)、出屋敷駅)

夜総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサードリンク

スポンサードリンク
先週の土曜はサンシビック尼崎まで、グルコバの会場予約に行っておりました。
この日は子供連れで、いつもであればラーメンマニアの次女が昼飯にラーメンを激しく主張するのがパターンなのですが、朝にたまたま家に余っていたインスタントラーメンにしたので、ハンバーグが良いと。
そこで、iphoneの食べログアプリを使って、近所で評判がよさそうな洋食店へと行くことにしました。
グリル一平と言えば、神戸にある同名の店が有名ですが、公式サイトを見ても尼崎の店は載っておらず、はっきりとした関係は無さそう感じですね。
店は外壁に蔦が絡まった洋館のような作りで非常に趣があります。1階はキッチンが大きなスペースを取ってますが、2階は落ち着いた雰囲気でデートにも良さそうですね。
ランチタイムは、ほとんどのお客さんが日替わりのサービスランチ(800円)か、1000円の一平ランチを頼まれており、我々のオーダーも一平ランチにしました。

ワンプレートの中には、ミンチカツとエビフライ、白身魚のピカタ、ロースハム、サラダ、ポテサラ、漬物と実に盛りだくさん。
各アイテムはちょっとサイズ小さめですが、1000円という値段を考えたら十分な内容。ミンチカツはそれほどジューシーじゃないですが、ムッチリと肉々しくて、オーソドックスで正統派のドミグラスソースと良く合ってます。
キッチンの規模の割に座席が多いせいか、ちょっと待たされる時間が長かったのが難ですが、そこはiPhoneのゲームで子供なだめられたので良かったです(笑)。
また尼崎に来たときは寄らせてもらいますね。どうもごちそうさま!


関連ランキング:洋食 | 尼崎駅(阪神)、出屋敷駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
住之江ボートグルメで味を締めた勢いで、今度は尼崎ボートグルメに挑戦してきましたよ!

で、結果から言うとちょっと残念な感じに終わってしまいました・・・
住之江だと、場内には洋食焼きや寿司、ホルモン、定食、焼きそばとB級グルメがオンパレードだったのですが、尼崎の売店でアテになりそうなものはたこ焼きとフランクフルトぐらいしかありませんでした。
もちろん食堂はあるのですが、特に値段が安いわけでもない普通の食堂で、寿司も巻きずしがパック詰めになっていたりで情緒がありません・・・
たこが入っていない名物のたこ焼きである「多幸焼」は、6個100円で非常にコストパフォーマンスが高かったのですが、私的に評価できるのはそれだけでしたね~。公式サイトでも食べ物に関する情報がほとんど無かったので、ちょっと期待しすぎましたかね。
まあ、次々回のグルコバで使う尼崎会場の下見ついでだから良かったんですが、別に舟券を買うわけではないので、ここ単独ではもう来ないでしょうなあ。
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ