タグ:明石

スポンサードリンク
「てんしん」で玉子焼きを堪能した後、東二見の寂れた商店街をぶらぶらしたり、下村焼き穴子の値段を見て尻尾巻いて逃げ出したりしつつ(笑)、明石まで戻って来ました。
そして向かったのは明石、そして瀬戸内を代表する台所、魚の棚商店街。
しかしその名声の割に商店街はこじんまりしていて、規模としては黒門市場の2/3、錦市場の半分ぐらいですかね~。鮮魚の店もありますが、明石焼きの店や天ぷら、練り物、塩干物といった店のほうが多いのもちょっと意外でした。
でも観光客の数はかなり多く、噂通り明石焼きの店には長蛇の列が出来ているところもあります。やはり、明石海峡大橋が出来たおかげで車で来る人も多いんでしょうね。
土産に良さそうなものをいろいろ品定めしつつブラブラしてましたが、ちょっと歩き疲れてきたので商店街にある「たなか酒店」という酒屋が営む立ち飲み店に寄ってみました。
にじり口風の狭い入口を入ってみると、意外にもパブを思わせる角打ちらしくないモダンな店内が広がっており、地元の人を中心に昼間っからお客さんでギッシリ。(@_@;)
人垣をかき分けつつカウンター奥のメニューを探しだし、マスに入った樽酒と、カンパチと鯛が載った刺身盛り合わせ、カウンター上の惣菜の中から若竹煮を頼みました。

さすがに瀬戸内の街明石だけあって刺身のクォリティは非常に高く、カンパチは色鮮やかでコリコリと活かっており、アメ色をした鯛はアミノ酸の塊じゃないかと思うぐらいに旨みが濃厚でどちらも素晴らしいクォリティ。ただ、醤油が播州のたまりを使っているみたいで私にはちょっと甘かったですけどね・・・

若竹煮は、大阪じゃ考えられないほどワカメの量が多くてシャキシャキ。ごく薄味に引かれたダシで春の息吹を堪能させていただきました。
以上で値段は1580円。だいたい酒もアテも5~600円といったところで、立ち飲みとしては決して安くないお値段ですが、料理のレベルを考えると納得ですな。
今回は玉子焼きを食べた直後だったので少し立ち飲んだだけですが、今度来る時はじっくりと楽しんでみたいお店です。どうもご馳走様!


関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 山陽明石駅、明石駅、人丸前駅


スポンサードリンク

スポンサードリンク
この週末は、嫁さんと子供が実家の旅行に誘われて居なかったので、久々に訪れた独身時代を満喫させていただきました~。
と言っても土曜日はあいにくの大雨で大した行動は出来ず・・・で、天気が回復した日曜は、思案の末に今まで訪れた事がない場所に行ってみようと思い立ち、当然ながら食い気メインでプランを考えたところ、明石で玉子焼きを食べて魚の棚商店街をブラブラするという事に決定。
で、玉子焼き、つまり明石焼きの店をネットで下調べしてみたところ、どうも明石駅周辺の有名店は昼時にかなりの行列が出来るという話。
何よりも行列が嫌いな大阪人としては、これはどうにかならないかとさらに検索してみると、別のエリアでも明石焼きのおいしい店がいろいろあるそうで、その中から選んでみたのが「てんしん」さん。
明石駅からさらに山陽電鉄で東二見駅まで行く必要があり、金と時間という面では全然効率的じゃないのですが(笑)、なんとなく心引かれるものを感じたので迷わずここに決めました。
店は駅からすぐ近くのところにあり、店名が示すそのままに店先で天津甘栗が売っていてちょっとビックリ。
開店時間を狙って訪れましたが、すぐに持ち帰りを中心に馴染みらしいお客さんがどんどんとやって来て、いかにも地元の人気店という感じですね。

私がオーダーしたのは、530円の「特上玉子焼き」。特上は普通の玉子焼きよりも卵がたくさん入っているそうで、ちょっと手前に傾いた上げ板に置かれた玉子焼きからは、卵が焼かれた良い香りが漂います。
フワフワの玉子焼きを食べてみると、卵の濃厚さとコリコリした大ぶりのタコの食感が何ともたまりません。ダシは昆布と鰹がガッツリ効いており、玉子焼きの濃厚さに負けてなくてバランスが良いですね。
テーブルの上にあったソースをつけて1個食べてみましたが、ソースだと玉子焼きの繊細な香りが消えてしまっていまいちでした。これならまだ醤油のほうが合うと思いますね。
玉子焼きのサイズは1つ1つがかなり大きく、15個も食べると相当お腹がいっぱいで、ノーマルの玉子焼きで500円という値段はコストパフォーマンスとしてはかなり優秀ですよね。おかげで連食は無理になっちゃいましたが・・・(笑)

あと、持ち帰りで「たこ焼きそば」を買って夕食に食べてみましたが、味は濃い目のソース味で大きなタコがゴロゴロと入っていて、ビールに良く合う味でした。
焼きそばで面白かったのが、丁寧に料理を紙箱に入れて包装紙で包んでいたこと。大阪の場合はだいたいスチロールの船に入れてビニールと紙をかぶせて輪ゴム、というのが常識なのでちょっとしたカルチャーショックでしたね。(^_^;)
いや~、明石焼きは大阪でも2~3度食べたことがあってその時はどうもピンと来なかったのですが、さすがに本場の明石焼きはおいしかったです。これならまた是非食べに来たいですよね。どうもご馳走様!


関連ランキング:明石焼き | 東二見駅


スポンサードリンク

↑このページのトップヘ